エッチ体験談が11,000話を突破しました。

妻の元彼に嫉妬する理由

PR

愛妻家さんから投稿頂いた「妻の元彼に嫉妬する理由」。

男女が恋愛して交際すれば、性交する流れになるのは当然です。
動物の本能として、このメスに子供を産ませたいと思うオスと、このオスの遺伝子が欲しいと願うメスが寄り添うわけですから、生殖行為をしたくなるのは当たり前です。

この生殖行為というのは、非常に無防備で、男女の究極の個人的な秘め事だと思います。
決して誰にも見せることのない、極めて恥ずかしい姿をお互い見せあい、秘め事を共有するわけです。

女は、男に裸身を晒し、乳を揉まれ、乳首をしゃぶられ、股間を覗かれ、舐められ、猛り狂った男の陰茎を咥えさせられるのです。
男に両足をガバッと開かれ、パックリと開いた膣穴に陰茎をねじ込まれようとしている極めて無防備な姿を晒し、そしてズブズブズブッと膣内に陰茎が突き刺さって、愛液を溢れさせるのです。
愛する男の陰茎で恥ずかしい膣穴をかき回され、精液を注ぎ込まれればとてつもない快楽を得られるのです。
動物の中では、唯一人間だけが生殖目的ではなく、愛情表現の一つとして、女が愛する男の性欲に身体を委ね、その陰茎で膣内を膣穴に受け入れて女自らの性欲も満たすのです。
愛情と快楽を求めて生殖行為をするのは人間だけです。

私たち夫婦が知り合ったのは7年前、私30歳、妻27歳でした。
とても清らかな妻ですが、もちろん処女膜などあるはずもなく、私の陰茎を受け入れて快楽に喘ぎました。
2年交際の後に結婚して5年が過ぎ、今も夫婦の営みが続いています。
これから先、妻と何十年と連れ添いますが、妻が私以前に抱かれた何人かの元彼との生殖行為、そこだけは、私が決して入り込めない元彼と妻との間に共有されている秘め事だという事実に、心から嫉妬しています。

7+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR