エッチ体験談が11,000話を突破しました。

連休明け

PR

百均が好きさんから投稿頂いた「連休明け」。

俺は30代の、接客業の男。
このごろ、連休が続いて疲れる。普通のひとの休みが、俺らの忙しい時だから。

だから平日に休むんだが、その日は連休明けの火曜日だと言うのに、百均の店はs学生とおぼしき子どもがウロウロしていた。

どうやら学校行事の代休だったらしい。俺は店の中に足を止めて品定めするフリをしながら、時々至近距離で通りすぎる、女の子の髪の香りを感じていた。
正直、俺はロリコン気味だから。

そんな俺だから、一人の女の子が目についた。
s学五年生くらいだろうか。美少女ではないけれど、ツインテールにメガネっていうのが深夜アニメのキャラみたいでそそる。

彼女は店の中をウロウロしてるが、必ずあるコーナーの前に止まって、一つの品物を見つめては、ウロウロを再開する。そしてまたそこへ戻ってくる。
それが数回繰り返されているものだから、俺は気になって仕方ない。

そのコーナーで待ちかまえていると、女の子は戻って来て、またその品物を手にとった。
「それ、欲しいの?」
女の子は俺を見て言った。
「買ってくれるの?」
……向こうから交渉持ちかけて来たよ。

    φ

俺は女の子を先に店から出して、女の子が持っていたカゴの中の品物と一緒に、例のモノを加えて会計を済ませて出た。

女の子は商店街のワキの、目立たない路地で待っていた。
二人で路地の奥まったところに入った。腰を下ろす余地もない狭いところで、他のひとは入って来そうにない。
女の子は俺の見立て通りs五年生で、かおりと言う名前だった。

二人で品物をチェックした。
「かおりチャン、これが欲しかったの?」
「うん、でも私 s学生だから売ってくれなくて。」
かおりがずっと見てたのは、百均なのに三百円で売られてる、USBで充電する「電気ライター」だった。

「ライターなんか、どうするの?」
「私が使うの。」
「何に?」
「……タバコに、火をつけるのに。」
「ふーん……」

俺は内心戦慄が走ったけど、冷静にうなずいた。
「かおりチャン、タバコ吸うの……?」
「うん。」かおりは事もなげに答えた。「ウチはパパもママもタバコ吸うし、お兄チャンもk校生なのに隠れて吸ってるから、私だけ吸わないのつまらないもん。」
(そんな環境に この子あり、か……)と思いながらも、俺はかおりがごまかさずに秘密を話してくれた事が嬉しかった。

「あ……」ライターの説明を読んでたかおりが声をあげた。
「どうしたの?」
「これ、新品は充電してないんだって。使えるかどうか、確かめようと思ったのに。」

俺はかおりの前でカバンからタバコを出した。そして、ライターを出して火をつけた。かおりは目を見開いて言った。
「あ、おじさん 同じライター持ってたんだ!」
「うん。ライターもタバコも、知り合いの忘れモノだけどね。」
そう言って俺は かおりに新しいタバコとライターを手渡した。
「同じライターで、一度火のつき具合を試してごらん。」

かおりはタバコをくわえると、ライターのスイッチを押さえた。オレンジ色に灯る穴の中にタバコの先を入れると、間もなく煙がたちのぼった。
「わ、すごい。ついた、ついたよ!」
少女らしいあどけない笑顔で、少女に似合わないタバコの煙を吸いこむかおり。
俺はふだん吸わないタバコをくわえて、かおりを見つめていた。

かおりはタバコの煙を吹きながら言う。
「違う。全然違う……」
「何が違うの?」
「いつも、パパやママの吸い殻に火をつけて吸ってたんだけど、やっぱり新しいタバコだと、味が全然違う……」
「ふーん……」
かおりはすっかり、愛煙家の顔立ちだった。

「ふふふっ……」
かおりがタバコの煙まじりに笑った。
「どうしたの?」
「おじさんこそ、どうしたの?」かおりは手を伸ばして、俺のズボンの前をつついた。
「あっ!」
俺も驚いた。知らないうちにチンポが硬くなって、ズボンをふくらませてたんだ。

「いやぁ……、かおりチャンみたいな可愛い子がタバコ吸ってるの見て、コーフンしちゃったかな。」
「ふふふっ……可愛い子、だって。嬉しいな。」かおりは また煙まじりに笑うと、ズボンをグイッとずり降ろした。俺が見た事もない勢いで、チンポが頭をあげた。
「うわぁ、ホントだ。すごい!」かおりはタバコをくわえたまま、チンポを間近で見つめた。

「エッチ。チンポがエッチなカタチになってる。」
かおりは指先でチンポをつつきはじめた。
「かおりチャン……チンポ触ったことあるの?」
「ないよ。ないけど、お兄チャンがチンポ触って硬くしてるの、よく見てるから。」
(タバコ慣れしてるし、チンポ慣れもしてるのか……)

と、いきなりかおりがチンポを握った。握っただけだった。
(わ、ヤバい……!)だけど、危うくイキそうになった。
違う。いつもなら、俺のチンポは これくらいで感じない。
(かおりの小さな手で触られてるからかな……それとも、タバコの煙で快感が強まってるのかな。)

かおりがチンポを握る手を動かしはじめた。
「もう……」俺はチカラが抜けて、壁にもたれてしまった。「かおりチャン、そんなコトしちゃダメだって。」

でも、かおりは手を止めない。
「お兄チャン、いつもこんなコトしてるの。お兄チャンがやってるコト、私もやってみたいの。」
「お兄ちゃん、どんな事してるの……」
「こうやってね、エッチなオシッコ出すんだよ。」

かおりの手の動きが変わった。チンポを握る手を動かしながら、親指でチンポの先っぽをグリグリと押さえて来たんだ。
(うっ、うっ、ううっ……)俺の喉の中を、タバコの煙が行き来する。
俺はタバコの初体験を、こんな快感の中で迎えられるとは思わなかった。そして、その快感が長続きするように耐えた。耐えた。耐えた……。

ダメだった。
「うわ、出た。エッチなオシッコ、出た!」

かおりの言う、エッチなオシッコ……俺の精液は、ダラダラと流れ落ちた。
しかし、いつもと違う。
射精が終わったのに、チンポは硬いままなんだ。

かおりは短くなったタバコを、地面に流れた精液の上に落として靴で踏むと、チンポを軽く握った。

「まだ硬いから、もう一回やったげる。だから、新しいタバコちょうだい。」

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR