エッチ体験談が11,000話を突破しました。

私の変な性癖、妄想 5

PR

ちほこさんから投稿頂いた「私の変な性癖、妄想 5」。

こんにちは。
変な性癖、願望』を投稿したちほこです。
最近、アソコの毛を自分で剃って、子どもの様にツルツルにしました。剃ってる時にお婆ちゃんにもし見つかったら、と考えるとドキドキして、わざと部屋のドアを大きく開いいたままにしました。

そして、床に鏡を置いて脚を大きく開きアソコを剃り続けました。結局お婆ちゃんには見つかりませんでしたが、剃っている時とツルツルになったアソコに物凄く興奮しました。そしてかわいい幼児用パンツをはいて、その上からオナニーしました。
このツルツルなオマンコを、お婆ちゃんに見てほしい・・・。オムツを取り替えてもらう赤ちゃんみたいに、大きく脚を開き、アソコを撫でられる自分を想像して、オナニーしました。
女の人に、しかも自分のお婆ちゃんに私の淫らで恥ずかしい姿を見られたり、アソコやお尻の穴に指を入れられたいなんて、本当に変な性癖だけど、その異常さに興奮してしまうんです。

他の人には絶対こんな姿は見せられないけど、お婆ちゃんは優しくて全然怒らないから安心して見せる事が出来ると思うんです。
オナニーで興奮する妄想は、自分のお婆ちゃん相手にしっかりした言葉遣いでエッチなおねだりをする事です。毎日一緒に暮らしているお婆ちゃん相手に、敬語を使うところが興奮するんです。

「お婆ちゃん、私のオナニー見てください」
「私の臭くて汚いお尻の穴にお婆ちゃんの指を入れてください。お願いします。私のお尻をキレイにしてください」
「あぁ、おばあちゃん、凄く気持ち良いです!私は自分のお婆ちゃん相手にいやらしく腰を振るドスケベ変態クソレズ孫娘です。どうかこんな私をお仕置きしてください。毎日私を犯してほしいです。お婆ちゃんに恥ずかしい姿を見られたいんです」

そして優しいお婆ちゃんにこんな淫らな私を軽蔑し、罵倒する言葉を浴びせられる事も想像します。
「はしたない」
「変態」
「淫乱孫娘」
お婆ちゃんの性奴隷孫娘になる事さえ考える様になりました。休みの日は全裸で首輪で繋がれ、オシッコも洗面器にさせられ、身体も洗ってもらう。そして一日の終わりに思いっきり犯されるんです。

これから寒くなってコタツを出したら、その時にこっそりオナニーしようなんて考えています。お婆ちゃんと2人でコタツに入っている時、私はミニスカートで、はじめはパンツの上からアソコを触り、やがてパンツを全部ヌイでしまうんです。そしてお婆ちゃんと2人きりの空間でオナニーをし続け、イッてしまうんです。
「バレないかな・・・でも見てほしい・・・」
そう思いながらすると、きっと興奮すると思います。
もうすぐ夕飯の時間ですが、ミニスカートの下はノーパンで、お婆ちゃんと一緒にご飯を食べようと思います。
まだコタツは出していないけど、お婆ちゃんのすぐ側でこっそりオマンコを触ってしまうかもしれません。

3+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR