エッチ体験談が11,000話を突破しました。

PR

松本さんから投稿頂いた「妹」。

妹の旦那が55才の若さでガンで亡くなった。そのとき妹は48才だった。
今年7回忌法要が営まれて行って泊まった。
妹は54才になっていて、子供達もみんな独立して一人暮らしだった。

久し振りに兄妹二人きりの夜、亡くなった旦那の思い出話から、その後の話。そして僕ら兄妹の幼い頃からの話に花が咲いて時間が過ぎた。
お酒の空瓶も増えて二人ともずいぶん酔っ払った。薄いパジャマ姿の54才の妹の小太りの身体がなまめかしく見えてきて、話が下の方に落ちてきた。
「〇〇子、旦那が亡くなってからまさか浮気なんかしてないんだろうね」
「ばかな、そんなことあるわけ亡いでしょう」
「でも、君は兄の俺から言うのも何だけど美人だし男好きのするいい体をしてるからな」「いやよ、そんな」
「ほんとだよ、俺だって妹でなけりゃ口説くよ」
「ばか」
しばらくして妹が言った。

「実はね、」以下概略はこうだ。
亡くなった旦那の兄さん(義兄)がときどき来ていろいろ世話をして下さっていた。泊まっていかれることもあった。一昨年から子供が結婚して独立したので一人暮らしになった。義兄が来て泊まるとき多少の不安はあったが亡くなった夫の兄さんだし心配ないと安心して居た。
ところが夜中に妹の寝室に入ってきて寝ている妹に襲いかかった。必死で抵抗して暴れまくって、それでも着ているものをだんだん脱がされてあわやのとき、電話のベルが鳴り、間違い電話だったのだが、とっさの機転で電話口で無言で驚いて・・・・実家からで兄(つまり僕)が倒れて救急車で入院したとうそをついて難を免れたと・・・いうことがあったと・・・・・話した。

聞いて僕は逆上した。
妹に襲いかかった。抱き締めてキスをした。妹は驚いて抵抗したが離さなかった。もう気が狂った。妹の胸をはだけて乳房をつかんで揉んだ。乳首を吸った。逃げようとする妹を組しいてパジャマをはぎ取った。パンツも脱がせた。、自分も裸になって妹にのしかかった。ぎんぎんに勃起したものを妹の割れ目に突き入れた。妹が悲鳴を上げた。

そのまま腰を動かした。妹の乳房を揉んだり口にキスをしたり、乳首を吸ったり、妹のお尻や太腿や腰や下腹をなで回したりしながら腰をぐいぐい動かした。妹の豊満な乳房が前後に揺れた。
鮭に酔っているせいか中々射精せず、いつまでも動いていた。そのうちに妹が喘いできた。胸を反らせて腹を波打たせた。

「あ、あー、ひー、ひーーー、あふ、あうー、うひー、ひ、ひーー、あ、あーあ、あーーーー、いくいくーーーー」
僕を抱き締めて両足を突っ張って腰をガクガクとさせて、そのあとぐったりとなった。

11+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR