エッチ体験談が11,000話を突破しました。

高校の時にイケメン先生と

PR

たけるさんから投稿頂いた「高校の時にイケメン先生と」。

これは、架空の話です。

高校の時の話です。
うちでは、実習という企業に行って働く体験の行事がありました。

当時担当だった長縄先生は、ウルフっぽい髪型の既婚の男性でした。学校では親しみやすく人気もあった。

「たける、今日の仕事はどうだった?」
「はい!上手くできたと思います」
コンビニの駐車場で、車内で報告しました。
クルマを駐車場から出し、近場の誰も通らなさそうなところへ停めた。

「・・・なあ、たける。オナニーはしたことある?」
「な、ないです。」
と、とっさに嘘をつきました。

「いいこと、教えてあげるよ。」
といい、長縄先生の手は次第に俺の膝の上に乗せてさすってきた。
「せっ、先生。ダメですよ」
「これは、いいことなんだよ。」
といい、俺のジッパーに手を伸ばしてきた。
初めてのことなんで、ビックリしたけど、興奮もしていたと思う。

「なんだ。勃ってるじゃないか。」
「ち、ちがいます。」
とっさに俺はペニスを両手で隠した。

「ざっと、13センチくらいか。かわいいな」
といい、長縄先生は俺の手をどけてペニスを触ってきた。

俺はいけないことと思いながら、湧き出る快感を味わった。
「たける、どうだ。気持ちいいだろ。目を瞑ってみろ。もっといいことしてやるからさ。」

長縄先生は、ニカッと笑いながら話してきた。
俺は、その言葉に従った。
快感のその先を知りたい気持ちが優先した。
目を瞑ったところから、少し開くと長縄先生の顔が俺の股間に近づいてきたのが分かった。その瞬間、生暖かい感触が身体全体に走り抜けた。
そう、長縄先生は俺のペニスを咥えだしたのだ。

あまりのことに呆然とするも、
あまりの気持ちよさに、身体を委ねた。

「たける、どうだ。感想は?」
「はい、、、。暖かいです。」
「じゃ、今度はオナニーの仕方を教えてやるよ。」

そういい、長縄先生はスラックスのファスナーを下げて膝まで下げた。
「こうやって、擦るんだよ。」
「はい、、、。」
俺は長縄先生の行為を見て興奮した。

「ちがう、こうやって擦るんだよ。」
といい、俺の手を長縄先生のペニスへと導いた。長縄先生のペニスは、俺のよりデカくて18センチくらい。反りがあり、太さがあった。俺の手の上に、長縄先生の手を乗せて握り方をレクチャーした。

「もっと、握って。」
そう言ったので、俺は長縄先生のペニスを少し強くしごいた。次第に、ハアハアと長縄先生の声が漏れ出した。

一度行為中断すると、長縄先生は、DVDを出して映像を流した。
「いいものを見せてあげるよ。」
その動画は、寝ている男をもう一人の男がそっと身体を触るという動画だった。最初は短パンの上から股間を触り出し、短パンをズラしてペニスを引きずりだした。その直後、男はパクッと咥えだしたのだ。
その行為にビックリして、俺は目をそらした。
「よく見てごらん。これは、男同士でするもんだよ。たけるもさっきしてやっただろう?」

俺は、ゴクンと唾を飲んだ。
異常であると分かっていても、
その先を知りたくて仕方ない。
高校生だから、仕方ないのかもしれないが、俺はもうおかしいのかもしれない。
俺はこの時、そう思った。他人のペニスを触ったときの生暖かい感触がまだ残っている。俺もしてみたい気持ちになったが、「してもいい?」と俺から言うことは出来なかった。

「・・・ペロッとしてみようか?」
長縄先生は、押し殺した声で言った。
「もし、大腸菌とかがあったら、病気になるし、、、。」
と、俺は咄嗟に言ってやんわりと拒否しようとした。
「大丈夫。今日は会う前に洗ってあるから、綺麗だし、みんなやっていることだから。」
と、長縄先生は早口で否定した。
そういうと、長縄先生は手を俺の後頭部にもってきて、股間に近づけようとしてきた。
俺は、覚悟を決めた!
長縄先生のペニスを握った。

「そうそう。ここを一周ペロッとしてみようか?」
と、長縄先生は亀頭を舐めるように指示してきた。俺は、心を決めて舐めようと思った。
さっき洗ったと言っただけあり、股間からはボディソープの香りがした。

舐めてみた。
無味無臭で、柔らかいゴムのようだった。

「感想は?」
「柔らかいです。」
と、俺は答えた。
長縄先生は、優しい感触で俺の後頭部に手を置いた。
「もう一度してごらん。」

俺は、その続きもしてみたかったが、自分からしたいと言ったら、変態だと思われるので黙っていた。俺は長縄先生の言葉に従った。
ものの30秒もしなかったが、興奮した。

「・・・上手だよ。たける。」
と、長縄先生は言った。
「ペロッはできたから、今度はパクッとしてみようか?」
この言葉を待っていた!!
俺は、長縄先生のペニスの根元を右手で握り、口を開いて近づけた。
「あ、、、。」
長縄先生は、声を漏らした。

これも、ものの30秒くらいだが、
俺にとっては1時間くらいの出来事だった。

「感想は?」
「暖かいです。」
長縄先生は、手を俺の頭の上に乗せて、わしゃわしゃと撫でた。

「もう一回して。」
長縄先生がそういうと、俺は待ってましたとばかりにペニスを頬張った。
学校で人気の長縄先生。それが、こんな事をする人で、しかも俺は大切なところを舐めている。
それだけで、俺は幸せだった。

それ以上、俺に求めることはせず、
長縄先生は、ペニスをしごきだした。

「たける、見てみろ。もうすぐ精子を出すぞ。」
といい、長縄先生の手はさらに激しく動かした。俺は他人のペニスを見ることなんてなかったから、イクところを見るのは興奮したし、初めてだった。

程なく、長縄先生は左手で、精液が飛ぶのを抑えるためにペニスを覆った。
「あ、、、イクっ」
といい、長縄先生は果てたのだった。
俺は、イクところを見たかったが、長縄先生が喘いでもいるところを見れただけでも幸せだった。

既婚者なだけありその後は素っ気なく、パンツを上げ、スラックスのファスナーをあげた。
そして、何も無かったかのように業務に戻った。

「明日は、仕事最終だから頑張れよ。」
「はい。ありがとうございました。」
「何がありがとうなの?」
と、長縄先生はニカっと笑いながらからかってきた。
俺は、長縄先生のクルマを見送った。
この続きもありますが、それはまた今度。

1+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR