エッチ体験談が11,000話を突破しました。

裏本モデルだった母の面影に見たものは

PR

天涯孤独さんから投稿頂いた「裏本モデルだった母の面影に見たものは」。

スレンダー美人の色っぽいお姉さんがモデルの28年前の裏本があります。
これは、昨年亡くなった父の部屋から見つけたものです。
ソバージュがお似合いの美人モデルさんは当時25歳、バブルの名残でややケバイ化粧ですが、綺麗なモデルさんです。

裸になると、やや小さめでちょっと垂れ気味の乳房です。
恥ずかしそうに股を開くと、陰唇は小振りですが既にドドメ色です。
男優に愛撫された後、身体をたたまれるようにされて生挿入、それから正乗位になります。
その後フェラで陰茎を舐め回した後、後背位でドロドロに濡らされます。
その時にツンとつきだしたお尻がとてもセクシーで魅力的です。

結合部のアングルがちょっと遠くて、アップで見たい人には不満課と思いますが、何せ人妻並のドドメ色の陰唇ですから、アップにしなかったのかもしれませんね。
それでも生の陰茎がズッポリ入っているところなんか、抜きどころです。
25歳と決して若くないモデルさんですが、色っぽい美人なのでセックスシーンはかなり見応えがあります。

さて、この美人モデルさんがなぜ、28年前に25歳だったと分かるのかと言いますと、父が23年前に離婚した私の母の写真を見ると、母は色っぽいソバージュ美人で、間違いなくこのモデルさんなのです。
想像ですが、父は美しいスレンダー美女と結婚して私が生まれ、母が裏本モデルをしていたことを知って離婚したのかもしれません。
両親の離婚は私が2歳の時ですから、私は、母の顔は写真でしか知りません。
父はその後、二度再婚し二度離婚、三人目妻だった女性、つまり私にとって二人目の継母との離婚原因は、継母が私と関係を持ったからでした。
私が中一の時に三人目の母(当時父43歳、継母28歳)と再々婚し、私が中二の夏休みに継母と初体験、その後、私が高三になるまで関係が続いていました。
私が高三の9月、父の出張が一日早まって帰ってきてしまったとき、私と継母が真っ最中で、継母は、再婚の目的は可愛い男の子を性的に誑かしたかったからだと白状し、離婚になったのです。

現在私は25歳、実の母が存命なのか知りませんが、産みの母の裏本を持っているという変わった男です。
中学で女を知ったために、いや、父の遺伝なのでしょう、私は女癖が悪いと自分でも思っています。
大学時代の4年間で、数えていませんが50人くらいの女性と関係しました。
相手は、言い寄られた都合上一人だけ○6歳の女子高生と付き合いましたが、それ以外は20代後半のOLさんから40代の人妻で、女子大生との交際は一人もありませんでした。
そして就職して3年目、社会人になって不倫は控えていますが、お色気のある女性はみんな既婚者なので、止むを得ずバイトの女子大生と付き合っています。
そしてこの頃、やっと性に未熟な若い女性を自分好みに仕込んでいく楽しさを知りました。

そして4歳年下の女性と知り合って1か月後に、告白されて付き合いだしました。
彼女は若いけれど色気があってスレンダーな美人で、ソバージュではないですが、あの裏本の母にとても似ているのです。
処女ではありませんでしたが、まだ経験は浅そうな綺麗な陰唇で、私の生の陰茎で喘ぐ姿はまるであの裏本の母でした。
そしてとうとう私は、初めて母の裏本でオナニーをしてしまったのです。
タイムスリップした25歳の私が、25歳の時の母と交わる・・・それは、彼女とセックスしている時ととてもよく似た興奮でした。
私は、彼女に自分が覚えていない母の面影を見ていました。

そのことがきっかけで、ある疑惑が浮上し、そして先日、私は彼女と別れました。
彼女の生い立ちを聞くと、彼女の両親に合わずにいられませんでした。
その結果、彼女と私は異父兄妹でした・・・
私は、初めて母と会いました。
もう、髪はショートでソバージュではありませんでしたし、あの裏本の面影もほとんどわかりませんでした。
でも、その娘である彼女、いや、妹はあの裏本の母によく似ていました。
「ごめんね、ごめんね・・・」
母は、私を抱きしめて泣きました。
「お兄ちゃん・・・だったんだ。だから初めて会ったときから、凄く恋しい気分になったんだ・・・私、お兄ちゃんと・・・」
私は、母と妹に一礼して、
「二度と訪ねるつもりはありませんから、私の事は忘れてください。」
と言って、母の家を立ち去りました。
私は、母をオカズにしたこと、妹と関係したこと、一生忘れないだろうと思いながら、込み上げる涙を抑えつつ、一度も振り返らずに駅へ向かって歩きました。

7+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR