エッチ体験談が11,000話を突破しました。

アナルで喘いだ年下夫の思い出

PR

姉さん女房さんから投稿頂いた「アナルで喘いだ年下夫の思い出」。

10歳年下の夫と結婚したのは、私33歳、夫23歳だった。
高専を出たばかりの20歳の夫に真剣に告られ、童貞をもらい、結婚した。
義父母からの反対はなかった。

とにかく甘えん坊の夫は、若いから毎日求められて結婚半年で妊娠、男の子を産んだ。
妊娠出産で夫が禁欲生活を送るのが可哀相で、ペニスを弄って射精させてあげてた。

出産して退院し、暫くは実家にいてアパートに戻ったら、妙なものを見つけた。
太さ2㎝、長さ20㎝くらいのボコボコしたシリコン製の・・・これ、ディルド?・・・なんか匂うと思ったらウンチの匂い。
夫、アナルオナニーしていたと告白。
それ以来、夫のアナルを責めるようになった。

アナル責めも数年したら太さ2㎝では物足りなくなり太さ2.5㎝物へ、その数年後には太さ3㎝物になった。
3㎝のディルドでアナルを責められてヨガる夫を見て、私も濡れた。
私は何もされてないのに、アナルを責められて感じている夫を見ると快感だった。

アナルディルドだけじゃなく、アナルバイブも買った。
横に寝た夫の後ろからアナルにバイブを入れて、動かしながら、感じている夫に抱き付いてキスをする。
10歳年下の夫は喘ぎも可愛い。
愛しくて仕方がない。
夫の後ろから前に移動して、股の間から腕を通してバイブをコントロールすると、ペニスに私の腕が当たって夫はモジモジ。
もう片方の手で亀頭を撫でてあげると、夫は目を閉じてハアハアしながら私に抱き突いてきて、とても可愛い。
そのうち、ペニスを扱いてほしくて腰を動かして、私を抱きしめながら、
「ハァン・・・ハァン・・・アアン・・・アアン・・・」
と女の子みたいに喘ぎだす。
お尻のバイブを出し入れする手や休めずに亀頭を責めると、悶絶する夫・・・そんな可愛い夫を見つめながらキスするのが至福の時。

次第に激しくヨガリ狂って来る夫・・・
男のくせにみっともないとは思わない。
だって、可愛い夫がアナルとペニスを責められて、みっともないほどヨガリ狂う姿は、妻の私以外に誰も知らないから・・・

そんな夫の七回忌が間もなくやって来る。
まさか、10歳年下の夫が先に逝くとは思わなかった。
6年前、夫は43歳の生涯を閉じた。
息子は高校を出て社会人1年生だった。

結婚生活は20年、とても幸せだったし、当時私は53歳、再婚なんて考えなかった。
愛しい夫の思い出とともに、残りの人生を生きようと思った。
夫が好きだったアナルディルド、アナルバイブ、今でも大切に取ってある。
夫と過ごした淫らな時間は、私にとって宝物。
来年、還暦を迎える私は、可愛い夫の喘ぐ姿を思い出し、枯れかけた泉を潤わせている。

21+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR