エッチ体験談が11,000話を突破しました。

SEXの締めくくりはやっぱしオナニーかな

PR

玲子さんから投稿頂いた「SEXの締めくくりはやっぱしオナニーかな」。

20数年前のお話しです。

同じ 穴のムジナちゃん (近親相姦で幼い頃から快楽を仕込まれた女同士)だから ツレになって 大体がSEXの話しをしていた

(M美が特にSEXが好きなので)してる。
彼女はいろいろなヴァージョンでいろんな場所でSEXをやりくりまくっているから 退屈しなかった。

私は 順Y(M美のお兄ちゃん)と不定期だったけど SEXが続いている。私はお父さんが 帰って来ない時、 順Yはセフレが何人かいるし
本命ののメンズが居てたから (順Yはバイセクシャル)
お互いの空いた夜8時頃までだったのが 結構都合良かったのかも
順Yから連絡して来た「明日 空いてる?」「んー?何時ごろ?」(お父さ
んあと2日で帰って来ると言っていたし・・・・)「玲子に合わすよ」

11時前に約束の場所に付いた もう順Yが待っていた。 通りすがる女達が皆順Yを見て意識してる 私も立ち止まって順Yを観察した、
(早く鳴かせたい オマ〇コが疼くー)
私に気ずいて おいでのジエスチャアを送っている 私は従う女じゃない 首を振って(来来 ライライ)して待った「おはよー 何処に行く?」
順Yムっとしている(男前は女が何でも聞思っているみたい

(お仕置きせな! 今日は私が順Yを虐めてあげるからね)
歩いて5分もしない所のマンションに付いて 「どーぞ」エレベータに
乗せられた 順Yの鍵で部屋に入っった
「まだ 家具揃ってないけど」
「順Yの部屋?」「そ、爺さんに金を出させた で、玲子が初めてのお客さま 」
今の所 ダブルベッドとムードライトと最初限の家具しかない 「パパの所 出て来の?」
「あそにいるとペットにされる 特にM美が煩わしい」 (M美 お兄ちゃんが大好きなに・・・・)

「ここが順YのSEXハウスかぁ?」「ここには 女を連れて来ないつもりだよ」「玲子も女ですけど?」「そーだっけ?」笑ってる
順Y光を遮断するカーテンを引き 奥に行って スパークワインを持っ
て来て 有線を掛けた(キザな事をして・・・)順Yベッドに座り ポンポンとベッドを叩いて 「おいで」
私 順Yを見ながら真っ裸になった。順Yの喉仏が上下に動いた。
順Yも立って裸になった 見惚れる体、それに長い太いチンポに頬擦りしたくなる

順Yが抱き締めてキスをしてくる (お父さん ごめんね)順Yから口を放し 順Yの乳首で遊んで甘咬みをした 吐息をはいて喘ぐ、順Y(かわ
いい~ もっと鳴かせてあげるからね) 乳首を強く赤ちゃんみたいに吸って チンポを扱いた「アアーンッフーウ」 順Yの乳首から舌先で脇を
撫ぜて時にはスッポーっと吸って「ハツウツ」と言う順Y。
チンポを扱きながら金〇を口に含んだ唾液を沢山出しながらレロレロしてまたチンポを
くわえた先走りが少しょっぱい フェラをしながら金〇に付けた私の唾液を金〇〇撫ぜながら中指に付け、順Yのアヌルに入れた「ウッワ!」激しくピストンフェラをしながら
前立腺を撫ぜ回した「あああー 逝きそーだハー アアww でるンンンー」
口に順Yの精液が広がる 初めて飲む精液 私が飲んだの見て順Yがキス
をして来た。口に残っている精液を脱ぐうように めちゃディプなキス
(そんなことをされたら 惚れちゃうじゃない)
ぎゅーっと 抱き締めてる来る 「順Y ベッドに入ろ 寒い」横になって脚をからませ BJMを聞きながら 順Yが片肘を付いて頭を手にのせ
私を覗き込むように 「玲子 何処でSEXを覚えた?」
「なぜ?順Yが二人目やで」「仕込まれた?」「・・・・・」
「お父さんとの事知って要るから言えよ」投げやりな言い方
「〇4?SEXが上手すぎる」「もぅちょっとで〇5!」言いたく無かったら いいよ」

「女を征服したいから いたぶって、縋るまで 啼くまで 焦らされる
から受け身の切ない気持ちわかるだけ、でも私もいたぶって 焦らして 鳴かせたら オマ〇コが疼くの」順Yの手を取って中指と人差し指を挑発するように舐めた 順Yチンポが反り上がって来た 私脚を開いて
順Yの濡らした指を入れた」(あああ~気持ちいい~)順Yを見たら
鋭い目をして指で入り口を廻したり浅く出し入れをして私の反応を楽しんでいる。
「いじわる!」「玲子 もっと鳴けよ」と言った後で 激しく 手マンコをしてオマ〇コをクチュクチュならす 「あああー!」
腰が反り返える 足でベッドを踏ん張った 手マンコしている 腕を思わず掴んだ「順Y-ああ~ 入れて チンポ いれてーー!」指を抜いて
チンポを浅く出し入れをして、ほくそ笑んで「焦らされたい?」(もぅ もぅ焦らさなで !)
「お願い 奥まで おくまで入れて!」したり顔でズーンとチンポを深く入れ「ハーッ アアア 気持ちいいンン順Y~突いて 突いてください」(もぅ泣きそー)だんだん速度をあげてピストンしてきた私も膣を閉めたら脚が震えて来た(まだ逝かないで!私が逝っても まだ逝かないで)と思っても「アアアー逝きそー ンンーーあー出る んんww-」子宮に射精がかかるああああ~気持ち良かったけど (あともう1回逝きたかったなー)ハーハー言ってる順Yに「ね、タオル1枚貸して」順Yからタオルを貰いオマ〇コに当てて うつ伏せになり押さえ込みオナニーを始めた(Ⅲさいの頃からお父さんの前でもやっていたから 順Yに見られても平気)順Y私の傍に来て 半立ちのチンポを左右に振りチンポを立たせ 扱き始めた
順Yのオナニーを観てると私も興奮してくる オナニーの時は声を殺してるから ・・・・
大きく息を吸いグーッとクリ辺りを押さえ息を止めて 腰を上下に振る 時々左右にも振るけど 抑え込んだ時が一番気持ちいいーーー!
押さえ込む時に ン、ン。ハーを繰り返して 顔が切ないようになってきた 順Yを見たら 高速ピストンでチンポを扱いて鼻息が荒い
(あ~堪らない!好きこの光景!)オマ〇コの奥が脈うってきた 腰を上下に振りベッドに強くオマ〇コを打ち付けた(逝きそー!)
脚をピーっと伸ばし 激しくオマ〇コに両手を押し込み脚をグッパして気持ち良すぎアア~
おしっこが漏れそうな位 逝けた 途端に順Yが唸りながら 私の背中に精液を掛けて来た。
オナニーが一番気持ちよかった」タオルがベチャベチャ「タオル洗って来ようか?捨てる?」
「オカズにするから置いといて」「順Y H!」「玲子には負けるよ」
二人でシャワーを浴びて 洗いっこをした。次のの約束もしないまま
「今度 時間作とっけよ」こんな関係が 続いたらいいなー

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR