エッチ体験談が11,000話を突破しました。

痴漢さん

PR

里美さんから投稿頂いた「痴漢さん」。

30歳会社員です。
1年ほど前、朝の通勤の際、電車で痴漢に遭いました。

最初は服の上からお尻を軽く触られるくらいでした。

普段ならそこで相手の手を払いのけるなり、振り返って睨み付けるなりするのですが、その時の車内は本当に満員で、全く見動きがとれません。しかも途中の駅で、他の乗客が降りる際に、ドア付近の隅の方に追いやられてしまい、痴漢するには絶好のポジションになってしまいました。

そこから大胆になった痴漢さんは、パンツの中にまで手を入れてきました。恥ずかしくて私も周りに知られないよう耐えるしかありません。

そしてそのまま指を入れられ、いいように掻き回され続けました。
最後にはとうとうイってしまい、その場に崩れ落ちそうになるのを痴漢さんに支えてもらってました。

そこで、初めて痴漢さんの顔をはっきり見ましたが、何処にでもいる普通のハゲたおじさんでした。でもすごく男らしく見えたんです。
実は当時、私は婚約中でしたが、彼氏にも指だけでイカされた事はありませんでした。
私はこのおじさんのテクニックにすっかり魅了されてしまったんです。
会社に休みの連絡を入れた私は、痴漢さんを駅のすぐ近くの公衆トイレに誘いました。

もはや婚約者を裏切る事に、何の躊躇もありませんでした。というか余裕がなくなっていたのでしょう。
トイレのボックスに入るなり、彼のおチンチンにむしゃぶりついてました。
比べてはいけないのかもしれませんが、おじさんのおチンチンはエラが張ってて大きくて、彼氏のよりずっと立派でした。
おじさんがイきそうになってたみたいなので、奉仕を止め、お尻をつき出して挿入をお願いしました。

ガンガン激しく突かれ、最後は中にたっぷり出されたわけですが、不思議と嫌ではありませんでした。

おじさんが場所をラブホテルに移して、もう少し楽しみたいと言ってくれたので、喜んで快諾しました。
その日から私はおじさんの性処理係になりました。
程なく、私が自宅でおじさんと楽しんでる所を彼氏に見られて浮気がバレてしまい、婚約は破棄。でも後悔はしてません。
今はおじさんやおじさんのお友達を自宅に呼び、無料でソープ嬢みたいなことをする日々を送っています。

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR