エッチ体験談が11,000話を突破しました。

主人の…

PR

まなかさんから投稿頂いた「主人の」。

主人の性癖が変わってる事を知りました。
主人とは私が20歳から付き合ってたのですが付き合い始めた頃からいつも私の裸だったりHの時に撮影をしたがったのです。
私は恥ずかしいけど愛してたし断れなくて顔以外ならと写されてました。

その撮影は結婚3年にもなるのに続いてました。
ここ1~2年前ぐらいからは私も慣れたのもあって顔を撮られても平気になってました。
その慣れが失敗でした。

去年のGWに久しぶりの高校の同窓会があったので主人と私の田舎に帰省しました。
同窓会の日の前日に母に車を借り主人と地元付近をドライブして有名な海岸に行ったのでした。
まだ明るいのに主人に求められました。
車なのに主人は強引に迫ってきて明るいから少しは抵抗はあったけど断りきれませんでした。
初めてした車での行為は見られないか心配なのに見られる。見られる。恥ずかしい。嫌なのに。

心の中で思ってたのにいつもより感じてました。
主人も撮影しながら心なしかいつもより興奮してるように感じました。
主人は行為が終わると周りに誰も見当たらないと分かると嫌がる私を車の外へと連れ出したのです。
生まれたままの姿で外に連れ出され肌寒いのもあったけど見られる恐怖で体の震えが止まりませんでした。
でも主人にとっては私が震えてるのが興奮するようで楽しんでるのが伝わりました。

5分間ほど撮影されてましたが他の車が来たので終了しました。
車に戻ってもしばらくは震えは止まらなくて体は寒いのに大事な部分は熱くなっていて主人には恥ずかしくて言えませんでした。
主人は外での撮影ができ満足して帰りました。

次の日、私は同窓会に出席して主人はパチンコなどで暇をつぶすと言ってました。
お昼過ぎから始まった同窓会も1次会、2次会、3次会へとなってくると人数も減ってきていて夜になってました。
私はお酒は弱いので少ししか飲んでませんが周りの同級生は結構酔っぱらってました。
私は仲の良かった男女数人と会話を楽しんでる時でした。

他のクラスだったY君が私達のグループの中に入って来たのですが突然ある写真が私に似てると言ってスマホをテーブルの上に置いたのです。
私も友達も気になってスマホを見て驚きました。
主人との行為で正常位での写真なのです。
顔には薄くモザイクがされているのですがなんとなく私だと分かるし私の家の寝室なので間違いありませんでした。

どうしてY君が写真を持ってるのか疑問でした。でもY君に聞けませんでした。
私は内心焦ったけど平静を装って似てるけど違うと否定しました。
でも友達達は似てると言って私と写真を見比べたりしてお尻にあるホクロを確認しよう!とまで言い出す始末でした。
私は作り笑いで誤魔化して否定し続けるとY君はスマホの画面を変え友達に再び見せてました。

今度は主人のを口に咥えてる写真なので顔がアップで目線だけのモザイクでほとんど言い逃れできないほどなのです。
私が否定しても友達全員が私だと思い始めてました。
みんなが食い入る様にスマホを見て私を見てくるとまるで透視されて見られてる気がして恥ずかしく思いました。
Y君は何枚もある写真を次から次にと見せてました。

胸。大事な部分はモザイクしてるといっても形が分かるほど薄くお尻の穴に関してはモザイクもないのです。
私は友達全員に淫らな姿を見られ続けて恥ずかしいからその場から逃げたいけど私ではないと言い続けないと益々怪しまれるので地獄でした。
私が否定したのでグレーの状態のまま写真の話題がやっと終わってくれました。

ホッとしたのですがその時に気づきました。
私の下着が濡れてたのです。
濡れてた事に気付くと1段と恥ずかしくなってきて恥ずかしいと思うと大事な部分がむず痒くなってました。
今まで彼氏や主人といちゃつきたい。と思うことはあっても露骨にHがしたいなんて思うようになるなんて。

こんな状態になるのは初めてでした。
たぶん普段飲まないお酒のせいと同級生に全身くまなく見られた強烈な出来事のせいだと思いました。
Y君は別のグループの所でまたスマホを見せてるのが見えまた、私見られてるんだ。嫌だな。そう思いながらも彼らの視線を感じると勝手に私の体が反応してました。もう途中からお喋りもカラオケも上の空で早く主人に会いたい。したい。と思ってました。

私は酔っぱらったふりをして帰る事にしたのです。
主人に迎えに来てとLINEして友達に挨拶して1人で店を出て主人を待ってました。
するとY君が店から私を追って出てきました。
Y君は写真が私なんだろ?と聞いてきました。
もちろん否定したのですが次に見せられた写真を見て愕然としました。
昨日の車での写真なのです。

ほとんどモザイクがされてないうえに有名な地元の海岸なのでもう言い訳ができないのです。仕方がなく認めました。
私が認めたので喜んでいて店に残ってる同級生にも報告すると言い始めたのです。
それだけは止めて欲しいとお願いすると俺だけの秘密にするからヤラせろ!と言われたのです。
私は主人が迎えに来るから無理だと言ったけど許してもらえません。

それでも断りました。
主人は10分もすれば来るはずなので主人が来るまで断ろうと思ってました。
拒む私にスマホを見せてきました。
画面には私の顔写真があってもちろんモザイクはしてましたが私の職場の場所や身長など書いてあって主人のコメント欄に妻が犯されるのが見たい。と書いて会ったのです。

あまりに予想してなかった主人の性癖に戸惑っているとY君は早く!と急かしてきてすぐ済ますからと強引に手を引き店の横の小道に連れて行かれました。小さな小屋の陰に隠れました。このままでは危ないと思いながらも主人のコメントに動揺してたのと同級生に知られるのが不安でもうY君を受け入れるほかないと覚悟しました。

ちょうど主人からもうすぐ着くとLINEがありました。私は主人が来るまでに終わらせたくてもうすぐ来るから終らせて!と言いました。
私の一言に驚いてたけど慌ててファスナーを下げてY君のを出すと舐めるように命令してきました。私は座りました。洗ってないY君のアレは臭かったので迷ったけど舐めてあげるとすぐに大きくなりました。

Y君は私を立たせて小屋に手をつかせスカートを捲り下着を脱がせました。
私は後ろからY君に入れられたのです。同級生に見られ感じてた私は簡単にY君を受け入れました。
私はY君に突かれると気持ちよく声を出さないようにするのが大変で感じてるのをY君に後ろから撮影されました。
主人から着信があって小道の向こうに母の車が見えました。
Y君は急いで逝こうと激しく突いてきたので思わず声を出してしまってY君に中にだされながらも同時に逝ってしまったのです。

私は主人が気になって慌てて衣服を整えるとY君には同級生に言わないでと口止めして主人への元へ行きました。
主人は車で待ってましたがついさっきY君に逝かされたばかりなので顔は火照っているしY君の精子が出てくる感触があるので怪しまれないか心配でした。

元はといえば主人の性癖のせいなのですがY君としてしまったので主人を責められませんでした。
GWが終わってすぐにクラス名簿で調べたらしくY君から電話がありました。
同級生には秘密にしてくれてるとは言ってたけど私との撮影した画像を主人が私を載せてたサイトにアップしたと言うのです。

もしかしたら主人にも見られてるかもと思うと不安でしかありませんでした。
お尻のホクロに主人も気付くのかな。

15+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR