エッチ体験談が11,000話を突破しました。

未練が残り続ける元カノ

PR

元カレさんから投稿頂いた「未練が残り続ける元カノ」。

23歳の頃から2年間付き合った3歳年下の元カノは、過去最高の元カノでした。
長い黒髪でお淑やかなお嬢さんで、私が初めての男性でした。
元カノが恥ずかしそうに裸になって、足を開いた時、まだ、男を知らないオマンコを見て震えました。

処女のオマンコを見たのは初めてで、思い切り広げてギザギザの処女膜を観察しました。
感じて濡れたオマンコに生挿入、亀頭で処女膜を切り裂くあの瞬間は忘れられません。
黒髪のお淑やかなお嬢さんが顔を歪めて痛みに耐える姿・・・瞼に焼き付いています。

セックスをまだ知らない元カノが、初めて身体を許す程愛してくれていることに心から感動し女性の処女をもらうという行為が、あれほど神聖な気持ちになるとは思いませんでした。
私は、その時の一部始終を今も忘れていません。
その時の元カノの身体を今も忘れていません。
元カノの処女膜を貫いたあの感覚を今も忘れていません。

セックスの良さを知っていった元カノと、週末、朝から晩までヤリまくった事もしばしばありました。
今では信じられませんでしたが、あの頃、2~3時間おきにやりまくっていました。
やり過ぎで元カノのオマンコから血が滲んでしまい、ヤバいと思って止めようとしたら、
「いやっ!止めないで、もっと、もっと~~」
と言いながら抱き付かれ、足も絡められたとき、最高な気分でした。
あんな興奮したセックスはあれ以来経験していません。

彼女とは、本当に些細なケンカで別れてしまいました。
売り言葉に買い言葉、
「もう知らねえやっ!」
と言い残して、背を向けて振り返ることも無く元カノの元を去った私は、その時、本心では呼び止めて欲しいと願っていました。
でも、元カノは黙って私を見送りました。
ああ、それが答えなんだと、諦めたあの時を後悔しています。

なぜあのとき、振り向いて、
「呼び止めてくれよ。このまま行かせる気かよ。」
みたいなことが言えなかったのか、結婚も考えてたのに別れを選んだのか、今更悔やんでも悔やみきれません。

先日、婚約者とレンタルウェディングドレスの採寸に行ってきました。
そこで、あの元カノに再会しました。
優しそうな男性とドレスを選んでいました。
目が合って、軽く会釈しただけでしたが、胸が軋んで切なくて、婚約者がいるというのに元カノに対する愛しさが溢れてたまりませんでした。

その後、婚約者とホテルで愛し合いましたが、そう言えば彼女は処女じゃなかったなと、彼女は私以外の男性にあの神聖な儀式をさせたんだなと、そう思ったら、ますます元カノに対する思いが溢れてしまいました。
お淑やかな清楚系美人の元カノ、婚約者は清純系で、知り合いからロリコン呼ばわりされるほど可愛いのですが、やっぱり心はまだ元カノに残っています。
早く、可愛く喘ぐ婚約者に全ての愛を注げるようになりたいと思っています。

12+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR