エッチ体験談が11,000話を突破しました。

中学でオナニー奴隷になりました

PR

あずささんから投稿頂いた「中学でオナニー奴隷になりました」。

私は中学3年生の時、バスケットボール部の副キャプテンとして5番を背負っていました。
2年生からレギュラーであったのは私とキャプテンだけでした。
2人とも170cmありましたから有利ではあったと思います。

私と一緒に副キャプテンとなった朋子はちょっと性格に難があり、自分のことを「りんりん」と呼ぶように強制していました。
「りんりん」とは名前にはまったく関係なく当時はやっていたアニメの主人公でした。
新3年生になって部室が自由になって直ぐにりんりんが提案しました。

「くじで当たりを当てた人がみんなの前でオナニーするゲームしようよ。最初の人は恥ずかしいかもしれないけど、いづれみんな当たるからさ。みんな他の子のおまんこやオナニー気になるでしょ。」
りんりんの父親はPTA会長でなにかとりんりんが有利になるのです。
反対するといじめがあったなどと難癖をつけて結局こちらが加害者になるのでした。
私達はりんりんが準備したくじを引きました。

「公平をきする為にみんな目をつむってよ。」
私は間に受けて目をつむってくじを引きました。
「はい、目を開けて。当たりを引いたのは誰れ。あずさ、当りね。」
私は頭が真っ白になりました。
「ちょっと待って。心の準備もあるし。」

「何いってるのよ。公平にくじ引きしたでしょ。早く裸になりなさいよ。自分で出来ないなら手伝ってあげるわ。みんなあずさを裸にして頂戴。」
「待って、自分で脱ぐから。あー待ってよ。」
私は部活仲間に全裸にされました。
「あずさのおまんこ毛まんじゅうね。いずれ綺麗にしてあげるわ。恥ずかしいだろうから今日はアイマスクとイヤホンつけてあげるから楽しんでね。」
私はアイマスクで視界をふさがれ、イヤホンからはAVの音声を聞かされました。

それだけでも興奮が隠せない中、りんりんは私の足を握って折り返し、広げておまんこを広げました。
電マがあてがられて私は夢の中へと落ちました。
みんなが笑って私の痴態を見ているのも知らず、私は電マとAV音声に酔いしれて絶頂を迎えました。
「あーいいのーいいーいっちゃうー」
私は果てました。
「あずさのオナニーは激しすぎね。明日は誰かしらね。」りんりんが笑っていました。

次の日、練習が終わってまたくじ引きが始まりました。
私が目を開けると当たりはまた私でした。
「嘘、何か仕掛けあるんじゃないの。」
「ただのくじよ。何の仕掛けもないわよ。あずさ引きが強いわね。」
私は2日目のオナニーショーをしました。
唯、昨日以上に興奮しいるのを感じていました。
そして3日目の当選も私で、否定する言葉とは裏腹におまんこは濡れ喜んでいました。

4日目のくじ引きの前に「今日もあずさが引くんだろうからくじは要らないわね。あずさ自分から手を上げなさいよ。」
あまりの露骨な言葉に一瞬躊躇しましたが「私でお願いします。」と答えました。
「本当にあずさはエッチね。何をして欲しいのか自分の口で説明してよ。そしたらやってあげるわ。」
私は下を向いて「あずさのおまんこ活かせて下さい。お願いします。」と嘆願しました。

「くじも無しにそんな都合がいい話ないでしょ。もっと自分の恥を晒しなさいよ。」
私は考えて口を開きました。「りんりんの言う事は何でもします。だからあずさのおまんこ活かせて下さい。」
「ふーん、何でもね。まあいいわ、みんな聞いてるから言ってませんは通用しないわよ。みんなの指でいっちゃいなさいあずさ。」
号令の後、沢山の指が私のおまんこをまさぐり私は悶えまくりました。

「あーあーいっちゃいますーあー」
「誰がいっていいって言ったかしら。我慢出来ないと次はなしよ。」
「あーあーごめんなさい。我慢しますから許して下さい。あー。」
「お前は私の奴隷よ。判っているの。」
「はい。判っています。あーいきそうです。」
「駄目だって言ってるだろ。お前バカ?私の言うとおりに答えなさい。いいわね。」
私は狂いそうな頭の中、りんりんの言葉を復唱しました。

「私はりんりんの奴隷です。オナニーを見せて興奮する変態です。何でも言う事聞きます。りんりんが指定した男の子とSEXします。だから今いかせて下さい。お願いします。」
「お前がお願いしたんだからね。じゃあいかせてやるよ。」
電マが激しく私のクリを刺激して私は果てました。
後で知ったのですがくじはみんな最初から外れを持っていて当りだけのくじをを私が引いていたそうです。
この続きは次回とさせて頂きます。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR