エッチ体験談が11,000話を突破しました。

性欲が抑えきれずに、思わず、ブスな女友達の身体を触りまくった還暦オヤジ

PR

エッチなblogの管理人さんから投稿頂いた「性欲が抑えきれずに、思わず、ブスな女友達の身体を触りまくった還暦オヤジ」。

ここ3か月は挿入しておらず、毎日オナニーで紛らわす60歳のオヤジです。
僕には数名の女友達が居り、エッチまではさせて貰えないが、エロな話しをして盛り上がれる関係だ。ホントはエッチをしたいけれど、真面目な主婦は、そう簡単にはさせてくれない。

そんな女友の中で2人の女性と昨日は居酒屋で飲んだ。
1人は1次会で帰り、二次会は僕ともう一人の女性と2人で向かった。54歳2人の子持ち
地下鉄降りて、地下通路をしばらく酔っ払いで並んで歩いてた。
その女性ははっきり言うが、物凄いブスで、一見男にさえも見えるくらいの顔レベル。身長は150センチ、体重は多分70kはあるようなデブ。

エロ会話は付き合ってくれるが、自分からはそんなに言うタイプではない。
そんな彼女と歩いててなんのきっかけか酔ってて忘れたが、エロネタになった。
彼女の旦那は62歳で、頻繁にツタヤからエロDVDを借りて観てるらしい。
でも、もうかなり前からセックスレスなんだって。その理由を聞きもしてないので話してきた。
彼女は子供が2人居るが、ホントは3人欲しかったらしい。でも旦那は2人で打ち止めにしたかったらしく、3人目を妊娠したが、旦那の命令で堕胎したらしい。それがきっかけで、旦那とは交わることに抵抗が出来て、セックスはしてないらしい。

そんな女性54歳のデブ、ブスだったが、ふざけて、歩きながら体をくっつけてたら、全然きにしないから、と嫌ではないアピールをしてきた。
僕は、おっぱい触りたい、といい、ついオッパイを服の上からだが揉んでしまった。
結構な大きさで揉み応えがあった。
それでも彼女は「全然平気だから」と明らかに無理しているが、僕の行為を決して怒ってはいないアピールをしてくる。

僕は今度はお尻に手を回し、尻をナデナデした。しながらも後ろに人が歩いてこないか警戒していた。
彼女は「お!、こっちにきたか!」とちょっとビックリはしたものの、平然と歩いていた。
僕は「嫌だったら言ってね」と言い訳しながらも、またオッパイを揉みだした。
だんだん下半身に血液が充満してきて、半勃起状態し。
僕は、彼女の耳元で「ねーおちんぽ半立ちになったよ」と卑猥な言葉を浴びせた。
彼女がどんな反応するのか、観てみたいのもあった。
「え~~、そうなの?」と少しびっくりしたがハハハと照れ笑いしながら歩き続けた。
僕が尚も、「嫌でないの?嫌なら言ってね」と言うと「ん~~~。少し嫌かな」とかなり遠慮した言い方をした。
全面的に否定してこない。この心理はなんだろう?僕のことは嫌いではないハズ。でも浮気経験のない(絶対に相手は居ないハズ)だから、一線を超えてはいけない!という心理もあるんだろうな~ムフフ
さらに歩きながら、手をオマンコの部分に触ってみた。
彼女は黙って、前を観てただひたすら歩いていた。
やがて、誰も居ない地下通路から地上に出た。
ここでゲームは終わった。
常連の店に行った我々は、何事もなかったようにビールを飲んでいた。
次にもしも2人きりになったら、生のおっぱいと、オマンコに触れるだろうな。
それでも彼女は逃げない確信がある。

9+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR