エッチ体験談が11,000話を突破しました。

同級生の着替えを覗いてばれたけど…

PR

ゆうまさんから投稿頂いた「同級生の着替えを覗いてばれたけど…」。

僕(仮称ゆうま)が中学三年生の頃の話

体育はニクラス合同で行っていてプールの授業の時は校舎とプールが近いと言うこともあって、例えば一組が男子、二組が女子みたいに教室で着替えていました。

そんなある日、体育の授業の前に、僕は係の仕事で国語のワークを隣のクラスの友達{以後あかね(仮称)}と職員室に運んでいました。しかし、先生が職員室におらず、探していると十分ある休み時間が残り二分になってしまい、それに気づいた僕たちは他の先生に任せ急いで着替えに行きました。当然教室には誰もいませんでした。僕の学校は二分前着席が徹底されているので廊下にも誰もいませんでした。男子であり僕はすぐに着替え終わりました(誰もいないから隠さなくても大丈夫)。そしてプールに行こうとしたときふと思いました。

「隠さなくても大丈夫なのはあかねも同じなはず」と。そして四組を覗きに行きました。するとあかねは素っ裸!推定Dカップあるとは噂で聞いていましたが想像以上に大きくてすぐにアソコが固くなりました。毛も少し生えています。しかし、あまりにも夢中で警戒心が緩み、あかねが水着を着終わる頃にばれてしまいました。「やめて!変態!」と顔を真っ赤にして言われてしまいました。

その日の放課後。一人で家に帰っていると帰り道であかねと会いました。するとあかねが「私の裸そんなにみたい?」と聞かれもちろん即答で「うん」と答えました。すると「今日親出張でいないからウチ来ない?」と言われ少し悩みました。何故ならそんなことしてたら遅くなって母親に叱られます。そこでいい案を思い付きました。

家に帰り母親に「塾に自習しに行ってくる」と言い家を出ました。近くであかねが待っていました。あかねの案内で家に行くと。自分の部屋らしきところに案内され、「ちょっと待ってて」と言われ少し待つとあかねが制服姿で戻って来ました。普通ならなんともないのですが、なんと下にはピンクのブラが透けており(普段は上にジャージのTシャツを着ている)、スカートの下は少しパンツが見えます(普段はジャージの短パンを上からはいている)。その姿を見ただけで大興奮。そして言われました。「ゆうま君私の裸見たんだから私に裸見せてよ」と言われました。

僕「じゃあその前に僕の言う通りにしてくれたらいいよ」あかね「何すればいいの?」僕「まず裸見せて」するとあかねはYシャツを脱ぎピンクのブラジャーが。近くで見るとその大きさがよくわかります。あかね「はい」僕「はいじゃないよちゃんとブラも取ってよ」あかねは恥ずかしそうにゆっくりとブラのホックをとりついに乳首まで丸出しに。僕はガン見するとあかねは恥ずかしそうに顔を真っ赤にして「早くゆうま君も裸になってよ」と言うと僕「まだ下脱いでないでしょ」あかね「下も?」僕「もちろんだよ」あかねはスカートを脱ぎパンツも脱ぎました。少し手でアソコを隠すあかね。僕「見えないよ~ ちゃんと見せて~」そして僕の手で足を開かせてじっくり見ました。

すでに少し濡れています。それを触りあかねに「なにこれ?ちょっと濡れてるよ」あかね「知らない」僕「本当?本当はオナニーしてきたでしょ?」図星みたいです。僕は指で指でアソコを触り始めますやめてと言われますが気にせず続けます。すると「あんっ あっ」「あー あん!」「やめて!」あかねが声を上げ始めます。それでも続け、「あんっ あんっ あっっ! あぁぁー」あかねのアソコはどんどん濡れていきます。そして、手で足を開いてクンニしてみると「あっっ!あぁん あっ あん あっっ あぁぁん!!」アソコはびしょ濡れです。そして僕は「はい」とチンコを出しました。「何がしたいの?」と顔に近づけるとフェラをしてくれました。そして次はパイずり。推定Dカップだと思われていましたが、後から本人から聞くとEカップだったそうです。

僕はもう最高でした。するとあかねが「私をもっと攻めて」というので僕は更に興奮しおっぱいを攻めました片方の手で揉み、反対側の乳首を舐め、舐め転がして、吸って、もうやりたい放題。「ああぁんっ あっ あん!」声はどんどん大きくて可愛くなってきて興奮がもうヤバかったです。そして、次は指をアソコに入れて上下させると「あんっ あんっ あん」グチョグチョ鳴っています。更にどんどん激しくさせると「あぁぁんっ あんっっ あんっ ぁあんっっ」「イク!イク!イクぅぅ」と叫んでいましたが気にせず続けついにあかねはイキました。

そして、「挿れていい?」と聞くと「うん」と言ってくれたので挿れようとしますがはじめてでなかなかうまく入りません。何回かチンコでツンツンしていると「あんっ やめてっ あぁんっ 気持ちいー」と言っていました。そしてやっと上手く挿れることに成功。挿れるだけであかねは声を出していましたが少しずつピストンさせると「あんっ!ぁぁあぁんっっ あぁんっ!あん ぁぁあんっ」と声が荒くなっていき激しくすると「ぁぁぁぁあんんっ ぁあんっ あんっ あっ ぁあああぁっ ぁぁあぁんっっ!」もう僕はイキそうだったので抜いてあかねの顔に射精しました。

そして、精子を拭いてあかね「めっちゃ気持ちよかった。呼んで正解だったわ」僕「このことは絶対秘密だよ」あかね「わかってる」

その後Hはほとんどしませんでしたがあかねと付き合うことになり、高校くらいまで続きました。また高校の時にヤったのはまた別の話。

11+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR