エッチ体験談が11,000話を突破しました。

目にしたくなかった美しい妻の過去

PR

鰥夫さんから投稿頂いた「目にしたくなかった美しい妻の過去」。

大失恋して数年間女性不振に陥っていた30歳の私に、知人が紹介してくれた女性が25歳の美しい妻だった。
茶道華道をたしなむ清楚な大和撫子がなぜ私なんかと・・・

妻の処女喪失は20歳の時で、その様子は撮影されて残っていた。
妻が初々しい身体を初めて晒した男・・・それは当時50代の茶道師範だった。
初めて男に素肌を晒して恥じらう妻、乳を揉まれ、乳首を吸われ、股間を割られ、女陰を覗かれ、触られ、舐められ、ズブズブと処女膜を破られた20歳の妻・・・
中年男に愛撫され、男根で蜜壷を掻き回され、そして精液を注ぎ込まれる快楽を知っていくる妻の様子がVHSテープに収められていた。

その後何度も50代の師範に抱かれ、セックスの快楽を仕込まれていく妻の動画・・・
いつしか画面には、同じ50代の河道の師範も現れ、着物を着た妻を縄で縛っていく。
荒縄を打たれた半裸の妻は、M字開脚で仰向けにされ、膣と肛門に生花を挿される羞恥に震えた。
まだ、デジカメなどない時代、粗い画像だが、美しいうら若き娘の痴態映像はどれだけの男が鑑賞したのだろう。
鼻が抜かれた膣と肛門には、茶道と華道の師範の陰茎が挿し込まれ、二穴責めでイキ狂う若くて美しい妻の姿が映されていた。

30年前に撮影されたVHSテープは、茶道師範の遺品として発見された。
そのテープには妻の名前が記されていたため、亡き妻の夫である私の元にやってきたのだ。
妻は20代前半、50代の中年男達に性を拓かれ、若い身体を玩具にされ、25歳で用済みとされて私にあてがわれたのだ。
どういう経緯でそのような憂き目に遭ったのかはわからないが、私との生活では慎ましく清楚な妻だった。
夫婦の営みは私の求めを拒むことなく受け入れ、その美しい身体を私に委ねてくれた。
私の妻として24年間連れ添い、2年前に50歳で亡くなった美しい愛妻の目にしたくない過去・・・
しかし、その映像は57歳の私の男根を勃たせている・・・

21+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR