エッチ体験談が10000話を突破しました。

帰り道

なしこさんから投稿頂いた「帰り道」。

あれは去年の夏だった。
父親が公務員だったこともあり、私は短大を卒業して地元の市役所に就職した。

部署は税金の滞納者のところに行って滞納金を集めたりする部署で文句を言われることもしばしばだが、私は身長149センチの体重37キロ胸はAカップと小さいが華奢な見た目もあるためか、男性の滞納者は私にはあまり文句を言ってこない(笑)
そんなある日、先輩と50代男性の元に滞納金の徴収に行くはずだったが、先輩は他の滞納者の対応が伸びたため私1人で行くことになった。

私は男性の自宅で滞納金の話をするが男性は上の空。
男性は私の体を舐めまわすように見ている。
すると男性は私に近づき笑みを浮かべ
「タイプだから滞納金払うよ、いい匂い」
「彼氏いるの?ねぇかわいい」
私は正直引いたが仕事だと思い笑顔で
「彼氏とは別れました。領収書作りますので少しお待ちください」
と無難な対応をした。

「じゃこれで失礼します」
すると男性は
「夜道気をつけて」
と言って玄関を出る際に男性は笑みを浮かべながら私をずっと見ていた。
まだ4時だし夏だから明るいけどと思いながら市役所に戻った。
市役所に戻り、今日の徴収についての議事録など残業をしていたら夜8時を回っていたため帰ることにした。
市役所から徒歩で12~13分の実家に住んでいるため、通勤は毎日徒歩だ。
普段から田舎のため街灯も少なく人もまばらだが今日は遅くなったので早歩きで帰ることにした。

通勤コースの途中には、都会に出て行ったせいか数件の空き家がある。
ある空き家の前にさしかったとき、後ろからトントンと肩をたたかれたため振り向いた。
すると、男性滞納者が笑みを浮かべていた。
「えっっ」と驚いた瞬間、男は右手で私の顔におもいきり平手打ちをしてきた。

左頬の痛みと衝撃をウケ転んでしまった。
私はわけのわからずまま、片足をつかまれ空き家の玄関まで引きずられた。
男は腐りかけた空き家のドアを蹴っ飛ばすとドアの鍵が壊れたのか空いた。
このままではまずいと思い手を振り払い逃げたが男におもいきり背中を蹴られた。
ハイヒールを履いてたため私はまた倒れてしまった。

私は一瞬息ができずそのまま男に持ち上げられ空き家の玄関わきの和室の客間まで連れていかれ放り投げられた。
私が痛みと恐怖で横になっていると男は私をうつぶせにして、結束バンド後ろ手で縛った。
そのまま仰向けにされると男は私のお腹の上に馬乗りになった。
笑みを浮かべている男と目が合った。
私は
「やめて助けて」
というと、男は笑みを浮かべながら私の胸を鷲掴みにした。

「イヤー誰か助けて」
と叫ぶと男は私のお腹に体重をかけてきたため苦しくて声が出せなくなった。
男はポケットから靴下を出して苦しんでいる私の口につめた。
すると男は私のブラウスの胸元に手をかけ、引き裂いた。
私は必死に叫ぶが口につめられた靴下のせいで声にならない。
男は私に覆い被さり私の耳元に顔を埋めながら耳を舐めている。

私はただただ気持ち悪さを我慢した。
すると男の腕が私の胸に伸び乳首を触られた感覚がした。
触られていると嫌にもかかわらず乳首が少し硬くなったことになんとも言えない罪悪感を感じ目を閉じた。
すると乳首に温かさとくすぐったさを感じると男が私の胸を舐め回している。
次第に硬くなる自分の乳首に私はいつのまにか涙が流れていた。
すると男は立ち上がりズボンを脱ぐとギンギンになった息子が見えた。
私はそれだけは嫌なので必死に体を動かした。
男は私の抵抗を見て楽しんでいるように思えた。
パンツを脱がされそうになったため男を蹴飛ばすと、男は馬乗りになり私の顔を5回程平手打ちしてきた。

私は痛みで一瞬抵抗をやめると、パンツを脱がされ股を開かれた。
私は足をバタバタするが男は挿入体制にはいる。
すると股に痛みがはしる、私は思わず「ウゥツ」と声をあげのけ反った。
息子が挿入される感覚と痛みがはしったが男が何回かピストンすると湿ってきたのが自分でもわかった。

男がピストンするたびに私の足は動きにあわせて揺れている。
私は天井を見ながら泣いていた。
気持ちよくはないが男がピストンするたびに「ウゥツ」と声が漏れてしまう。
しばらくすると男の腰の動きが早くなる。
抵抗したが私の中で波打つ男の息子を感じた。
あれから2年・・私は結婚した。
私を犯した滞納者の男性は・・
旦那の親戚だった。

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!