エッチ体験談が10000話を突破しました。

年下へのロリコン的な恋から

188ばんさんから投稿頂いた「年下へのロリコン的な恋から」。

K校時代、友達とC学女子(あゆみ)の家に遊びに行くことがあった。
男2,3人に年下の女1人という歪なバランスだけど、のんびりゲームする程度。
もうちょっと前からの付き合いで、幼馴染と言えなくもないかも。

そんな関係だったけど、あゆみが紅一点なことを意識しだしたのか性的な行動が出てくるように。
漫画のエッチなシーンを見せて「ホラホラ好きなんでしょ~?」とか、パンツ見えるとかまぁその程度なんだけど。
俺ら男は子供扱いしてあしらった…… けど俺は内心ドキッとしている。
基本的におとなしいから、実際にエッチなことしたら慌てるか固まるだろうに…… そんな可愛いあゆみの姿が見えた。
パンツも今までは重ねで絶対生を見せる気がしなかっただけに印象に残っている。
純白とか白い水玉とかロリな下着だけどしっかり勃起した。

そんなあゆみに惹かれたようで、少なくとも俺だけはゲームで遊ぶことより彼女といたい気持ちが大きかったと思う。
思いや視線が向こうにも伝わったのか、俺にたいしてからかうことが増えた気がする。
それが楽しくて自然と2人きりになることも。
こっちからエッチな話題を振ったり、体をそっと抱く。
そうするとやっぱりというか慌てて逃げ気味になるあゆみだったけど。
微妙に距離が詰められないことに悶々とすることもあって、干してる下着なんかをこっそりチェックしてさわっておいた。

あまり進展しないまま、あゆみはKに進級。
短くなったスカートを見ると、クラスの男に可愛いパンツを見せてしまわないか心配になる。
また、俺のことは好きじゃなくて他の男が好きだから踏み込ませてくれない、そういう焦りもあった。
そんなわけでいつかの日、2人になったときはいつになく攻め攻めだった俺。
白いパンツがちらっと見えたし興奮していたのかも。
ぴったりくっつくといい匂いもしてきて…… そのまま髪をなでる。
内心スケベそうなあゆみもドキドキしているようなので体をまさぐった。
胸も揉むとイヤだイヤだと言いだすし、あゆみのことが好きだと伝えながらやさしく愛撫する。
そんな調子でいまいち乗り切らないあゆみを愛で説き伏せていく。
ブラも純白で興奮を高めてくれて、適度に手に収まる胸が柔らかくてずっと揉んでいたい。
下もちょっと攻めるとシミができたし、やっぱりあゆみもエッチな気分だったようでからかいつつ、脱がしていく。
挿入はさすがに今までより嫌がっていた、あるいは怖がっていた。
まぁ元々道具もない。けど本当に先っちょだけ挿れさせてもらった。
あゆみと繋がれたことで愛しくなって突きたくなったけど我慢。
それでもニュっとしつつも押し返してくるあゆみの中で気持ちよくなってぶっかける。
出されたことにこれといったリアクションをする前に、あゆみも気持ちよくさせてあげた。

事後もそれほど怒っているわけでもなかったし、数日後になんだかんだ俺を受け入れてくれた。
まぁめんどくさいというか自分からアピールしたがらないというかドMというか、されたがるのがお好みなようなので、やや心配になりつつも次の機会にはしっかり卒業させた。
あゆみなりに素直になってきたので、今度は外で手を出す。それも登校中に。
おとなしいドMなJKなんだし痴漢してやりたかった。
さすがに怒られて不機嫌になったけど、またしばらく経ったころには待ち伏せして学校帰りに襲いかかったこともあった。
半ばレイプみたいな感じでとても楽しかった。

7+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!