エッチ体験談が11,000話を突破しました。

再婚した元妻に今の旦那を紹介された日

PR

英二さんから投稿頂いた「再婚した元妻に今の旦那を紹介された日」。

女に初めて挿入されたチンポは特別だと思っている。
その女にとって、初体験は忘れられない大切な思い出だと思う。
俺の元妻は、俺に19歳の処女をくれた。

元妻が初めて俺のチンポを知った初セックス記念日は、俺も覚えてるし、忘れられない。
その時の元妻の初々しい恥じらぅ仕草は俺しか知らない。

その後、俺に何度も抱かれて、性の快楽を知り、21歳の若さで25歳の俺の妻になり、2年間、毎晩のようにセックスし続けた。
愛する夫のチンポでオマンコを掻き回され、精液を注ぎ込まれる快楽に溺れていた。
結婚3年目の俺の転勤で全てが変わった。
俺の通勤距離が50kmになり、電車を乗り継いで片道2時間を通勤に要した。
職場の飲み会があると、ホテルに泊った。
いつしか、転勤先で女ができて、不倫するようになった。
帰宅は毎晩8時過ぎ、不倫した日は10時を過ぎ、妻を見る良心が痛んだ。
正直に妻に話して詫びた。
不倫も清算して、結婚3年で離婚した。

俺は、通勤に便利なところへ引っ越して、通勤時間が20分に短縮された。
そこで出会ったのが現在の妻で、
「バツイチさんですってね。」
と妻から積極的に言い寄ってきた。
初めて抱いた時の妻は24歳、凛々しい美形なだけに当然処女ではなく、男を知っていた。
非処女の妻にとって、セックスとは愛情表現の一環であり、好きになった俺に、自ら唇を求めて舌を絡ませ、誘ってきた。
俺は肉欲を刺激されて、妻を求めた。
妻は、俺に身体を委ね、俺のチンポで自らの性欲をも満たしてヨガリ狂った。
普段の凛々しい美形とのギャップが凄かった。
どんな男に仕込まれたのだろうと妄想した。
「バツイチのオチンチン最高~~毎日抱いてほしい~~」
と逆プロポーズとも取れるヨガリに、俺からプロポーズして、俺31歳、妻26歳で再婚した。

再婚して12年が過ぎたが、凛々しい美形の妻は、今は妖艶な美形になっている。
結局俺はあの転勤以来、内部異動が続きずっとこの街にいる。
先週、元の職場に出張があって、50km先の懐かしい街に行ってきた。
仕事を済ませたら直帰だったけど、少し時間があったから、元妻と過ごしたアパート近辺をうろついて感傷に耽った。

昔よく行ったコンビニの前で、あいつ、どうしてっかな~~・・・と思って歩いてたら、
「英ちゃん・・・」
と声をかけてきたのは元妻だった。
「どうしたの?英ちゃん久しぶりだね。」
「いや、出張で来てて、懐かしくなって・・・」
「そう・・・あ、今の旦那・・・それから昔の元旦那。」
コンビニから出てきた男を紹介され、俺も紹介された。
「どうも・・・」
「あ、よろしく面倒見てやってください。」
そうとでも言うしかなかった。

元妻は昔の面影を色濃く残していて、胸がキュンとなった。
遠い昔の事なのに、元妻を裏切った贖罪の念が再び俺を襲っていた。
俺はあいつのことを悲しませた・・・元妻の涙を思い出した。
「私が仕事を辞めて、あなたと医書に向こうに住めばよかった・・・」
15年前の別れが鮮やかに蘇った。

俺が処女膜を破った元妻は、今はあいつに抱かれてるのか・・・
でも、最初に処女を破った俺のことはいつまでも忘れないだろうな・・・
その後、どんな男に抱かれようが、俺のチンポが元妻の処女膜をブチ破って、セックスを仕込んだのは変わらない事実だからな・・・
俺のチンポ快楽の烙印が元妻の心と身体に刻まれているのだと、精神勝利していたら、ふと、今の妻の処女膜を破ったのが俺のチンポじゃないことに気付いた。
いくら妻と夫婦の絆を深めても、最初に妻の処女膜を破った男には俺は勝てないんだな・・・
そう思ったら、帰宅してから勃起が治まらず、妻をガン突きした。

12+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR