エッチ体験談が11,000話を突破しました。

美也子の現在

PR

真白さんから投稿頂いた「美也子の現在」。
美也子の過去」の続き

何事もなく、普通の恋人みたいな感じで過ごしてました。。
変わった事と言えば一ヶ月ぐらい前に2人で買い物してた時に、美也子の学生時代の友達2人と会った事ぐらい。
それに伴って友達と食事に行くと言って数回出かけた。

ちょっと気になったが、9時には帰ったと連絡がくるので、放置してた。

何日後か、いつものように美也子の勤めてるクリニックに行くと、唯一バカ話しが出来る看護師(男)が近づいて来た。
そいつは「Jさん、久しぶり!」といつものように話しかけて来た。
この看護師はKと言って、もうすぐ結婚する。
それに伴って両親が二世帯住宅を用意してくれてるので、かなり遠くに引っ越す事になる。
だからあと少しで退職だ。
俺「こうやって話すのもあと少しだなぁ」
K「Jさんと話す時だけが息抜きでしたよ」
Kも職場では俺以外にはバカ話し出来ないので、良く話すようになってた。
そのKが「Jさんにだけ話しておきます。」とニヤニヤしながら言ってきた。
俺「またエロ話しだろ」
K「あたりです。やっちゃいました。」
俺「誰と?ここの看護師?」
K「そうです。二階の美也子さんです。」
俺は一瞬動きが止まったが、すぐに我に戻った。
俺「マジで?詳しく話してよ」
と平然を装って無理してエロい顔をしてみせた。
K「もうすぐ退職するので、強引に食事に誘いました。美也子さんも最後だから仕方ないかって感じで付き合ってくれました。」
俺「それでやっちゃったの?」
K「はい。結婚するけど本当は美也子さんが好きでした。最後だから気持ちだけ伝えます。」と言ったらしい。
俺「それでどうやってエッチに持ち込めたの?」
K「食事の後、車の中で一度だけお願いしますと言ったら、誰にも言わないって約束でOKしてくれました。」
俺「いいなぁ、あのエロボディ堪能したのかぁ。」
K「エロはボディだけじゃなくて、セックスもでした。」
俺「どうエロかったの?嬢王様とか?」
と、動揺してるのをかくすようにふざけてみました。
K「そんなのじゃないんですけど、一つ一つがエロい感じでした。最初ホテルに入ってキスして服の上から身体を触ったのですが、ここではまだ恥ずかしがってました。」
「それでお互いにシャワーを交代で浴びてベッドに行ったんです。」
「俺が上になってキスしたり触ったりしてたんです。ここまで普通でした。」
俺「普通じゃなくなるの?」
K「そこで上下入れ替わって美也子さんに上になって貰いました。」
「そこからはキスもエロかったです。」
「唾液いっぱいのキスで、顔から首筋まで唾液まみれにされました。」
「フェラもヌルヌルで気持ちよすぎてすぐにいきました。」
俺「口に出したの?飲んでくれた?」
k「はい、尿道に残ってるのも絞り出して吸い取ってくれました」
おれの時と同じだ…、
間違いなく作り話しではない。
少し凹みました。
Kはまだ続けます。
「入れてからも凄かったです。正常位でもバックでも俺の動きより激しく腰を振るんです。」
1回のセックスで3回搾り取られました。
俺「凄いなあ、あの清楚な感じの美也子さんがなぁ」
「何回か会ったの?」
K「4回会いました」
もう時間が無くて会えないんだけど、もっと楽しみたかったです。」
「あとはJさんも試してみてください」
「口説いたら出来ますよ。あの女絶対ヤリマンですよ。」

その日はフラフラになって帰りました。
美也子と会う事になってたので、美也子のマンションへ行きました。
元気のない俺をみて、「どうしたの?体調が悪いの?」と言う。
俺「仕事で嫌な事があって。」
「美也子、忘れさせて。」

久しぶりにエロいセックスをしてくれました。
もしかしてKと話してるのを見て、自分の事を聞いて、罪悪感を感じてるのか…

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR