エッチ体験談が10000話を突破しました。

僕の妻はご主人様の所有物

まさきさんから投稿頂いた「僕の妻はご主人様の所有物」。

僕と妻は妻のご主人様のご厚意で夫婦関係を送っております。
ご主人様に貞操帯を着けられた僕は妻とは一度も性交をしたことはありません。
口での奉仕は許されているので毎日行っているのですが・・・。

僕と妻は学区が一緒で幼稚園からの幼馴染でした。
僕に性の躾をしてくれたのも妻でした。
妻は容姿抜群で地域のアイドル的な存在でした。
でも勉強はあまり得意ではなく高校から別高校となり、18歳で僕は大学に妻は就職で社会人となりました。
それでも不思議と妻は僕と付き合ってくれました。
但し、その関係は主従関係であり僕はオナホとしての存在で妻とのセックスは許されませんでした。
社会人となって妻の容姿は学生時代よりさらに派手になりました。
学生の僕が物足りないのか毎日は会ってくれなくなりました。

20歳の時です。妻からご主人様を紹介して頂きました。
「まさき、私のご主人様よ。租ちんのお前とは比べ物にならないデカまらなの。舌技もお前とは比べ物にならないのよ。どうする?これでお別れにする。それともお前もご主人様の性奴隷になる?」
衝撃的な言葉でした。妻は見せつけるようにご主人様と舌を絡めて見せました。
「どうするの?まさきちゃん。」
僕は意を決して「僕も性奴隷にして下さい。優子お姉ちゃんと一緒にいたいです。」と答えました。
ご主人様はにやりと笑い、妻の股間に指を這わせ妻はいってしまいました。
僕はこの後ご主人様と妻のホテルでの性交に常に同席させられ二人の性交の後処理をさせられるようになりました。
「まさき君がいるとちんこもまんこも拭く必要がないから便利だな。優子の為にも励めよ。そうだ、俺の尻穴も舐めてくれや。今度糞したら呼ぶから舌で拭いてくれや。ウォシュレットより尻穴に優しいだろ。」
「はい、ご主人様の尻穴舐めさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。」
「いい返事が出来るようになったな。」

僕は大学を卒業して社会人1年生となりました。
その初日にご主人様と妻から連絡がありホテルに呼び出されました。
「まさき君、新社会人おねでとうよ。でだ、5月から給料が入るだろ。そしたら俺と優子のホテル代はお前が払いな。性奴隷としての月謝だ。異論は無いよな。」
「はい、異論はありません。2人の為に一生懸命働きますので、僕にも2人の性交の後処理をされて下さい。2人の性交後の溢れ汁が僕大好きです。」
「まさきは真正の性奴隷ね。」妻が言いました。

そして僕が25歳になった時です。
ご主人様から衝撃的な言葉を頂きました。
「まさき君、お前と優子を結婚させてやるよ。」
僕は想像していなかった言葉に有頂天になってしまいました。
「但し条件がある。関係は今まで通りとする。優子は俺の所有物でお前は一生優子と性交は出来ない。俺と優子のホテル代も今まで通りお前が払う。性交後の漏れ汁がお前の報酬だ。戸籍上だけの結婚だが一緒に暮らすことを許してやる。孕ませるのも当然俺だからお前は自分の子供として育てるんだ。優子は納得済みだ。後で誓約書を作るから捺印するんだぜ。それとお前の租ちんに貞操帯を着けて一生性交出来なくするから覚悟しておけよ。いいな。」
僕は唖然としてしまいましたがご主人様に反論は出来ずに「はい」と答えました。

入籍の日、婚姻届はご主人様と妻で提出にいきました。
僕は外でビデオカメラを構えて2人を待ちました。
2人は手をつないで出てきて僕を見つけると舌を絡めて「まさき、私ご主人様の所有物になりました。嬉しい。」と言ってVサインをしました。
僕はとても寂しかったですが妻が喜んでいるので我慢しました。
その後、そのまま3人でホテルへと向かいました。
「嬉しい。私ご主人様の所有物になったのね。」
「ああそうだよ。今後は俺だけの穴だよ。で、まさき君はなんなんだっけ。」
「僕は優子の形だけの夫で2人の性交の援助をする為に一生懸命働きます。だから、2人の性交の後処理だけ続けさせて下さい。お願いします。」
「まあ、しょうが無いね。結婚おめでとう。まさき君。」
「ありがとうございます。ご主人様。」

僕は今28歳になりました。
3年間貞操帯は外して貰っていません。
自宅では常に全裸を義務ずけられています。
下着も白のLLパンティを3年間洗わずに履き続けられています。
今日もご主人様と妻との性交のホテル代の為に残業をしています。
でも帰ってから妻のおまんこから漏れ出すご主人様の精液を頂けるかと思うと貞操帯の中で租ちんが勃起しているのです。
この3年間で貞操帯オナニーを覚えました。
男は射精をしていないと精子の生成が抑えられて生成しなくなるそうです。
僕はこの年齢で精子が出来なくなりました。
貞操帯オナニーで出てくるのは前立腺液というらしく粘り気のない液体です。
でも妻の留守中に妻の下着を嗅いで貞操帯オナニーをしていたことがばれたらもう後処理もさせて頂けなくなるので内緒です。
妻のピンヒールもパンストも僕のおかずです。
優子お姉ちゃん、僕と結婚してくれてありがとうございます。

1+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!