エッチ体験談が11,000話を突破しました。

液晶画面で花開く元妻の痴態

PR

昔の夫さんから投稿頂いた「液晶画面で花開く元妻の痴態」。

先日、20年前に離婚した元妻を見ました。
離婚理由は、痴態を他人に見られたいという元妻の性癖で、私に黙ってこっそりAVに出演していました。
当時、私30歳、妻27歳で、結婚3年で子供はまだいませんでした。

元妻は、大人っぽくて落ち着いた清楚な美人若奥様でしたが、元妻の身体の奥には被虐的な性の欲望が秘められていたのです。

妻が出演した作品は、離婚前のは不倫妻ものでした。
ホテルの一室で見せた男優との絡みは、私のセックスが稚戯と思えるほど濃厚で、感じて仰け反る姿が演技とは思えませんでした。

しかし、離婚後に出演した作品はもっと過激で、元妻の中に、あんなに激しい被虐マゾの欲望があったのかと驚きました。
元妻は、巨乳を縛り上げられ、M字開脚にされて股間を蹂躙されていました。
設定は不倫マゾ妻で、背徳的で異常な被虐快楽に酔い痴れる緊縛マゾ女でした。
股間から淫らな液体を噴いて、全身を痙攣させながら逝きまくるのです。
更に、膣だけでなく肛門にも極太バイブを挿され、口から涎が滴り虚ろに悶えていました。
そして最後は生陰茎を二穴に挿され、二穴から精液を逆流させて白目を剥いていました。

現在、元妻は47歳、相変わらず美人で清楚でした。
私が元妻を見たのは液晶画面、ネットで見た新作AVの紹介でした。
元妻は熟女AV女優としてカムバックしていました。
「私は、恥ずかしいセックスをしたい、そして、その恥ずかしい姿を見られたいんです。そう言う性癖のために、元夫に内緒でAVに出て、20年前に離婚したんです。20年前に別れた元夫には悪いことしたと思ってます。彼が幸せになってることを祈ってます。」
インタビューから始まり、20年前の作品のオムニバス、そして今回の作品のオムニバスが流れました。
今回も緊縛されて、惨めな痴態を晒していました。

「あいつ・・・まだあんなことやってるのか・・・でも、綺麗な顔してるな・・・」
私は7歳年下の妻と再婚して17年ですが、やっぱり、元妻を見ると美しいと思ってしまいます。
愛情はもうありませんが、ムッチリボディと清楚顔は私の好みなのです。
今の妻はロリ顔で可愛いのですが、元妻のように溢れ出る艶めかしさがありません。
47歳の元妻のAV作品オムニバスを見ると、ああ、元妻はマゾ系AV女優になるために生まれてきたのかもしれないな、と思いました。

7+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR