エッチ体験談が11,000話を突破しました。

ロリ妻に下半身を囚われて

PR

マゾ夫さんから投稿頂いた「ロリ妻に下半身を囚われて」。

モテない素人童貞の私でしたが、去年、5歳年下の23歳のとっても可愛い女性と結婚しました。
彼女、元S系の風俗嬢で、私は妻目当てに通ってた常連でした。
妻に恋焦がれていた私と、主婦になって夫の下半身を苛めて支配したい妻の利害が一致して、交際3か月で結婚しました。

夫婦の営みは、童顔の妻にセーラー服を着てもらってのロリロリセックスですが、週末になると妻が私を責めたくてウズウズしだします。
セーラー服を着た可愛い妻に、全裸の私が責めを受けます。
私だけ裸っていう羞恥もまた、M心を芽生えさせます。

妻は元プロだけに、男の爆破装置である前立腺の扱いに長けていて、私は女みたいにヨガらせられます。
結婚してから、前立腺用の医療器具であるエネマグラで徹底的に調教されました。
今は、コンドームを被せた指をアナルに突っ込まれて、お腹側の直腸壁を押されます。
それが前立腺で、まるでGスポットです。
指でクイクイと手前に撫でるように刺激されるとフル勃起です。
それと同時に亀頭責め、発狂して暴れますから、この行為では私は肘掛けのある椅子に開脚緊縛され手から施されます。

これは凄すぎて耐えるのは無理、思わず恥ずかしい声が出ちゃいます。
亀頭責めでは射精しませんが、前立腺を責められているのでビクビクしてきますが、そこは元プロで、絶妙な指加減で前立腺をコントロールし、焦らしに焦らされます。
そして、亀頭責めを中断して前立腺に集中すると、ドクン!ドクドクドク~~っと精液が噴き出てきます。

ここで前立腺が解放され、射精後の亀頭責めをされて、萎えかけから再勃起させられますが、これは強烈で、緊縛されていながらも七転八倒します。
再勃起したら手コキに移行して、男の潮噴きで即死です。

これは週末だけでなく、妻が生理になったときは毎晩されます。
可愛い顔した元風俗嬢のロリ妻に、毎晩男潮を噴かされて涙目アクメに酔い痴れるマゾ夫なのです。

13+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR