エッチ体験談が11,000話を突破しました。

26回目の結婚記念日を迎えて思うこと

PR

五十路夫婦さんから投稿頂いた「26回目の結婚記念日を迎えて思うこと」。

俺53歳、嫁50歳。
結婚して26年も過ぎると、嫁の裸を見たくらいではそれ程興奮しないが、嫁にチンポを弄られると30秒でギンギンにさせられる。
俺のチンポを完全に知り尽くした嫁だから、それも片手で十分。
上手に亀頭とカリを指で撫でられて、あっという間に起たされる。

それは直接でなくて、パジャマのズボンの上からでも上手に起たされる。
生理前の安全日に中に出して欲しくて仕方ないときと、生理中に浮気防止のためなのか嫁が率先して手コキしてくれるとき、そして生理が終わったから抱いてほしい時、嫁はパジャマの上からチンポを弄ってくる。

嫁の生理が始まって2~3日過ぎると、パジャマの上からチンポを触ってきて、
「溜まってない?出してあげようか?」
と、その言葉が終わる頃にはギンギンにさせられる。
嬉しそうに俺のパジャマのズボンとパンツをズリ下げ、赤黒い五十路チンポを扱く嫁。
指で輪を作ってカリをサワサワ刺激され、そしてもう片方の指で亀頭を撫で撫でされると、腰がカクカク、チンポはピクピクしてしまう。
「ふふふ・・・チンチンがピクピクして可愛い・・・自分専用のチンチンがあっるって、素敵な事よね・・・」
嫁は、俺のチンポが大好きで、とても可愛い表情で弄る。
俺がハアハアしてくると、
「そろそろドピュドピュのお時間ね。」
と言ってサオを扱いて射精させ、尿道から溢れる精液をじっと見ている。
結婚以来26年間されている事だが、これは何度やられても恥ずかしい。
俺だけチンポを出してアヘって射精しているが、嫁はパジャマを着てるから尚更だ。

嫁を初めて抱いた時から28年、嫁のマンコは、マンビラは小振りだが色はドドメ色になった。
最も変わったのはクリで、28年前は包茎だったけど俺が吸い続けたせいで、真っ赤に腫れて皮から出てる。
そんな腫れクリを摘まんでやると、ヒイヒイとヨガってずぶ濡れになる。
お互いにチンポとクリを弄り合っているうち、ハメずにいられなくなる。
いい年して週3回、安全日になると生理が来るまで毎晩ハメてる。
俺も嫁もお互いの事が大好きなのは確かだが、それだけじゃなく、セックスそのものが好きなんだろうな。

14+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR