エッチ体験談が11,000話を突破しました。

高校時代に結婚した女教師と再会して彼女家で

PR

さだおさんから投稿いただいた「高校時代に結婚した女教師と再会して彼女家で」

19歳の大学生です。
郊外の家庭教師の授業済ませ、帰る途中コンビニ入ると、高校生の時、淑やかで、憧れていた女教師とバッタリ逢い、喫茶店に入り話しをしてると、ご主人は海外に単身赴任で行って一人なのでうちで夕食を食べてと言われ、母に電話してついて来ました。

2LDKノマンションで、子供はいなくて彼女は人暮らしをしてました。
彼女は専業主婦で、「お夕食の準備をしている間、シャワーで汗を流してと言われ、私はシャワーをしてるとドアの外から取り敢えず主人のを着て下さい」と声をかけら浴室から出るとTシャツとパンツが置いてありました。

私が出ると、彼女は「私も汗を流してきます」とって浴室に入ったので私はテレビを見てがらチャンネルを切り替え、CDに切り替えると洋物のアダルルトが映し出され見ているといつの間にか彼女が傍に来ていて「見られちゃったので、恥ずかしいわ」と居ながら私の横に座り、私は勃起してたので隠そうとすると彼女は私に寄りかかり触りながら「凄い硬いわ」と呟き「こうゆうの見ると興奮する」と聞くので「もう、ビンビンダよ」と言うと「まあー、はっきり言うのね」と言いながら撫ぜてるので、私も彼女を抱くようにしてTシャツの上からふくよかな胸を触り、揉むようにして、Tシャツの裾から手を入れてブラジャーを付けてない乳房を手のひらでつt見こむようにしつ日先で乳首を挟んで揉む出ると彼女は「あああ、感じる、いい岩」と言いながら私のパンツを下げていきり立っているペニスを取り出して華奢な指で優しく掴んで扱かれ、私は彼女の横座りをしている腿を撫ぜ、奥の方に手を移すと彼女は下着を付けてなく陰部に指を入れようとすると脚を開き気味になり、陰毛は少なく指先で割れ目をなぞるとおつゆが溢れていて、おつゆを指先で掬うようにしてクリタリスを撫ぜ撫ぜし、指先にがさんで揉むようにしたりしてると彼女は「私って、Hな女と思う」と呟くので「結婚して旦那さんと散々Hをしてんでしょ」と言うと「よくわかるわね」と言いながら口づけをされお互いにデープキスをしながら愛撫してると彼女は後ろ向きに横になり背中を見せて「来て」と囁くので私は後ろから彼女の割れ目にペニスを宛がい濡らしてから入れて行くと彼女は腰を突きだして「アアアー、アアアー」と声をあげ私はオッパイヲモンダリ、クリトリスを撫ぜたりしながら出し入れを繰り返してると逝きそうになったので「逝きそうだ」と言うと彼女は「あたしもよ、中に出してもいいわよ」と言うのでぐいぐいとつきたてると彼女は「アウン、アウン」と声をあげ私は「逝く」と言いながらドクドク中出しをしました。

私はそのまま彼女を後ろから抱いて入れたままになっていると入れてるペニスを締め付けられ硬くなたので体の位置を変えて正常位になり、抜き先をしながら彼女の揺れる胸を眺めたり一人の接点を見ながらペニスでつきたてるのを眺め、彼女が口を半開きにして喘ぐ顔を眺め突きまくってると彼女は逝き続け「もう駄目、はずして、変になる」と言い、私が「また逝きそうだ」と言うと彼女は「あたしも、あたしも」を叫び一緒に逝きました。

9+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR