エッチ体験談が10000話を突破しました。

入院中に看護師さんと楽しんだ話し

庄司さんから投稿いただいた「入院中に看護師さんと楽しんだ話し」

25歳の会社員です。
通勤と途中で階段で捻挫して、救急車で運ばれて入院しました。
足首の骨にひびが入り、車椅子でした。

有印して4日目に看護師さんにシャワーをしましょうと言われ、車椅子でシャワールームに入ると看護師さんは、私に裸になるように言われ、自分も白衣を脱い襟元が開いているTシャツ姿になり、裸になった私の背中にシャワーのお湯をかけ、胸の方から腰掛けている膝にもお湯の掛けるとシャボンを付けた布で背中を擦り、脇に寄って胸を擦り前に廻ってしゃがんで足やすねを洗い腿を洗ってくれてると白い胸が半分見え隠れしていて私はつい勃起してしまい困ってると看護師さんは石鹸のついた手でペニスを優しく握り扱いたり睾丸を軽く揉んだりしながら「大きいのね、立派よ、女の子泣かせね」と囁き「溜ってのね、出して欲しい」と聞くので「して欲しいです」と言うと「誰にも内緒よ」と言ってブラジャーの後ろのホックを外し、Tシャツの裾を捲って「おっぱい、見てもいいし、触ってもいいのよ」と言って、pニスを扱いてくれるので彼女のオッパイを触り、扱かれて射精すると「いっぱい出たわね」と言って口づけをするので舌を絡みあい、シャボンを流してもらい車椅子でベットに運んで貰いました。

退院して、1週間過ぎてから診察してもらいに病院に行き、彼女に出会い、携帯の電話を聞いて、電話をかけ、デートを申し込むと彼女は休みの日を指定して約束の喫茶店で逢い、食事を済ませ、ラブホテルに入り、部屋に入ると彼女は浴槽にお湯を張り、ベットに並んで腰を掛け抱き合って口づけをしながら彼女のふくよかな胸をまさぐると彼女は私の股間を撫ぜていました。

二人で浴室に入りお湯で体を流して浴槽に入り、あの徐を後ろから抱きしめて豊かなオッパイを揉んでると彼女はペニスを握って扱いていて、浴槽から出て、シャボンを付けてお互いに洗い合い、彼女が浴槽の縁に手を突いて腰を突きだしてるので私は後ろから割れ目にペニスを宛がい挿入して浅く出しれして奥深く突きたてるとブチュブチュと音を当てておつゆが飛び散り私は彼女の腰を抱えてたっぷり突き立てながらオッパイを揉んだりクリトリスを撫でたりしてると彼女は「もう駄目「イクウウー」と叫んで果てました。

浴室から出て、体のバスタオルを巻いた彼女が来てベットの縁に腰を掛けたので口づけをしながら陰部を触るとおつゆが溢れてるので彼女を倒して床にしゃがん彼女の股間に顔を埋めて溢れ出るおつゆを啜り、クリトリを下の先で突いたり水津足りしながら指で中をこねるようにしてると彼女は「私にもさせて」と言ってフェラをしてくれて、たっぷりと愛撫をし合い、世情いで彼女と結合し、体位を変えてセックスををエンジョイしました。

11+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!