エッチ体験談が10000話を突破しました。

小、中といろんな女子の上履きを嗅いだこと

匂いフェチさんから投稿頂いた「小、中といろんな女子の上履きを嗅いだこと」。

俺は匂いフェチである。同時に足フェチでもあるので綺麗な足や艶々の足裏などを見るととても興奮してしまう。
そんな俺が匂いフェチとして覚醒したのが精通も知らない小2の頃であった。

小2でありながら恋愛感情は早い頃からあって、俺には当時好きな女子がいたので話してると照れてしまったり、その子の前で気軽なく話したりすることが難しかった。ある日、俺が自治会のスポーツクラブにいた頃にドッジボールという競技の試合があったのだ。俺は途中トイレに行きたくなったので、鉄の棒のように疲弊した足を動かしながら向かった。お花を咲かせたあとに、ふと目が止まった。下駄箱に上履きが置かれていたのだ。当然、好きな子の上履きも持って帰らずに置かれていた。俺は回りに人がいないのを確認して好きな子の上履きに鼻を持っていった。

すると、嗅いだことのないくらい芳醇な香りが漂ってきた。制汗剤とは違い、その子特有の香りがして俺はどっぷりはまってしまった。。。
何回も回りを確認し、何回も好きな子の上履きの匂いを嗅いだ。。そして、他にも気になっていた女子の上履きの匂いを嗅ぐと無臭だったり、ちと臭かったりとレベルの低い上履きだったのであまり興奮はしなかった。
今でもあの香りは忘れられない。

 俺が厨房の頃、人見知りだったので友達も少なく、人から好かれることはなかった。でも俺を唯一楽しませてくれるのは上履きだった。
残念ながら1,2年と上履きを嗅ぐ度胸はなかった。3年になると丁度下駄箱にある上履きが回りからは死角だったのでチャンスだと思った。
5月、部活の新人戦のある皆と違って団体戦メンバー(俺はレギュラーではなかった)はテスト週間の日も部活の練習に打ち込んでいた。

そして、部活の途中に上履きを拝借しようと俺は学校に行って当時好きな子(小学生の時とは別人)Yの上履きをビニール袋に入れて、そして鞄へと放り込んで素早く学校から帰った。帰る途中は達成感と興奮が混ざりあって心臓はバクバクしていた。幸運なことに家には誰も居ず一人きりであった。
すかさず俺は上履きを取り出してじっくり観察した。上履きは外面は少し汚れていて、中敷きの方は清潔な状態であった。「Yの上履きだ!Yの上履きだ!」と人生の中で一番に興奮した瞬間であった。俺は上履き二足を両手に掲げて匂いを嗅いだ。

無臭..かと、思いきや!小学生時代を思い出させる芳醇な香り!鼻が痛くなるほど思いっきり吸った。Yの匂いはこんな匂いなんだぁと思い、ふと頭を横切った。ちそこに入れたい…そんな衝動に刈られ俺はバキバキになったちそこを取り出して上履きの中に突っ込んだ。
放課後の蒸れた上履きと先走り汁が合わさりとてつもない興奮が生じてくる。
左手で匂いを嗅ぎ、右手でしこしこと上履きでおなにーをした。
「花!花!花ーーー!!」….. 俺は果てた。
県じゃタイムと同時にわざわざ家まで上履きを持ち帰ってしまった後悔が俺を襲う…上履きは翌日の早朝に返した。

俺はこの興奮が忘れられず興味のある女子の上履きを放課後や早朝に嗅いでもう射精をすることを覚えてたので嗅いだら射精、嗅いだら射精を続けていた。
俺にはもう一人気になっていた女子がいる。
それはNちゃんと言う子で小柄、童顔(童顔の中でもトップに可愛い)、頭はよく、勉強もよくできていた。まさしく容姿端麗だろう。

俺が一番に考えたのはその子と付き合うことではなく上履きを嗅ぐことだった。そして、俺は早朝に学校に着いてその子のクラスと出席番号を手当たりにして上履きを見つけた。Yと同じだった。だが、匂いが違った。Nちゃんの匂いは名状しがたいくらいに良い匂いで制汗剤とは比べ物にならないくらいだった。またしても俺を新たな興奮えと舞い上がらせる。興奮は押さえられず、すかさずトイレに持ち込んでNちゃんの匂いを「ハァハァ( ´Д`)スウスウ」嗅いでもう片方の上履きをちんこに突っ込んでおなにーをした。予想以上に気持ちよすぎて多量の精液をぶっかけた。

いろんな女子の上履きはすべて俺の手で汚してしまったが、ある日バレそうになった。
いつものように早朝に出かけ、Nちゃんの上履きに射精して返そうと思ったら生徒が登校していた。焦った….このままではいずれバレてしまう….そう思った俺は女子トイレに放り投げてその場を立ち去った。クラスでは大騒ぎになりNちゃんの上履きについて担任が
「女子生徒の上履きがなくなり、見つかりましたがトイレの水が上履きにかかっていました..」
(いやそれ俺の精液だわwww)

もちろん俺は知らん顔をしてひきつった演技をした。それにしてもNちゃんの泣いた顔にはぞくぞくした感情が出てきて自分でもそんな感情が出てきたことに自分自身恐怖を覚えました。
俺は匂いフェチが止められず同じことを繰り返していた。ある日上履きを拝借するつもりが前回と同様に生徒が早くに学校に登校してしまって仕方なく家に持ち帰り窃盗と言われてもおかしくない行為を働いてしまった。

もちろん、全校集会でその事は言われ(クソ担任がww)、またしても上履きの問題が発生したということで不穏な空気を流してしまった。
俺はその事から上履きのことは数週間自重したが、またすぐに活動に転じて今でも匂いフェチの性癖を持っているのだ。つまり、簡単に性癖を捨てることは出来ないのだ。そう、大人になっても…

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!