エッチ体験談が11,000話を突破しました。

愛妻にアナル掘られてトコロテン

PR

アナル夫さんから投稿頂いた「愛妻にアナル掘られてトコロテン」。

妻は昔、あるバーに勤めていて、その美貌で男たちを虜にしていました。
私もその一人でしたが、誰も妻の性癖についていけない中、私のみが妻にチンポ凌辱を許し、妻のペットとなり、妻を射止めたのです。
私は、5歳年上の美人サド妻にチンポ凌辱をされ続けてきました。

亀頭責め、尿道プレイ、チンポ緊縛、睾丸緊縛、寸止め焦らし、射精後手コキなど、ありとあらゆるチンポ責めを受けてきました。

結婚して8年の一昨年まで、専らチンポ凌辱でしたが、一昨年、38歳になった妻が突然ネットでレズ用の双頭ペニバンを見つけて、
「チンポ苛めも飽きてきたわね。これで、あなたのアナルを犯すってのもいいかも。だって、アナルには前立腺があるでしょ?ホモはアナルにチンポ入れられてトコロテンするんでしょ?あなたもトコロテンしてみない?」
38歳になっても美貌を保つ妻に言われてゾクッとしました。

そして発注した双頭ペニバンが届くまでの間、妻はコンドームに指を入れて私のアナル解しを始めました。
亀頭責めをするときに使うローションだらけの指をアナルに指を抜き差しされ、アナル内部で関節を曲げられて悶えます。
アナルで悶える私を見て、ケラケラ笑う妻は、届いた双頭ペニバンの内側を自分のオマンコに挿入してバンドを装着、外側のディルドを私のアナルに挿入して私を犯しました。
「自分のより大きいチンポにアナルを犯される気分はどう?」
「ああ、ああ、ああん・・・」
「変態ねー。アナルを犯されて感じてんの。」
と言いながら私のアナルをペニバンで犯しつつ、妻もオマンコの中でヂィルドが暴れるから感じているのですが、それでも、
「あなたの粗チンより気持ちいいわあ・・・」
と言われて蔑まれながら、アナルを犯されて興奮しまくっていました。

妻にアナルを犯されるようになって2年、先週末、妻に双頭ペニバンでアナルを犯されていると、感じた妻が腰をガンガン振るものだから前立腺がツーンとしてきて、内股がザワザワ、すると突然チンポがビクン!精液がドクドクドクと流れ出たのです。
「え?ええっ!本当にトコロテンしちゃったの?マジで変態じゃん。」
と言いながら、妻はニヤリと笑いました。
妻は、次はどんな責めを考えているのでしょう・・・

9+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR