エッチ体験談が10000話を突破しました。

変な性癖、願望3

ちほこさんから投稿頂いた「変な性癖、願望3」。

エッチな女医さんからおばあちゃんの眼の前で恥ずかしい診察をされた私は、お仕置きとして家でもおばあちゃんからエッチなお仕置きをうける様に女医さんから指示されました。
学校が休みの土日は、家では全裸で凄さなくてはならず、自分のおばあちゃんの眼の前からとはいえとても恥ずかしい気持ちになりました。

そして、トイレの度におばあちゃんに排出する姿を見てもらわなければならず、アソコやお尻を拭いてもらうのもお願いしなければなりません。
「おばあちゃん、私のオシッコする姿を見てください」
「おばあちゃん、私の臭くて汚いお尻をキレイにしてください」
「私の排出する姿と、汚いところをキレイにしてくださり、ありがとうございました」

平日も制服から着替える時や、お風呂に入る際に服を脱ぐ時など、おばあちゃんに見てもらわなければいけません。
生活の全てをおばあちゃんに観察してもらう事が女医さんからの指示でした。
そしてオナニーする時も「おばあちゃん、ちほこのオナニー見て下さい」とお願いするのです。
おばあちゃんの部屋に行って、正座してお願いするんです。
そして最初はパンツの上から指でさわり、やがてパンツを脱いでアソコやお尻の穴を弄る姿をおばあちゃんに見られるのです。

着用する下着も全て指示され、中学生なのに全て子どもの用の可愛い絵柄がプリントされた綿のパンツをはくようになりました。

夜、寝る前は「おばあちゃん、私のお尻を気持ちよくしてください」とお願いし、お尻の穴に指を入れてもらうんです。それも毎晩。
日によって学校の制服姿だったり、体操服だったり、下着姿だったりと、興奮する様な格好ばかりでした。
15分から20分くらい、ずっとおばあちゃんにお尻の穴に指を入れてもらうのですが、私にとってはこの時間が永遠に続いて欲しいと思うくらい、心地よい時間でした。

「あぁ、おばあちゃん、エッチな娘に育ってごめんなさい。自分のおばあちゃんに恥ずかしい姿を見せて興奮する変態クソレズ孫娘の私にもっとエッチなお仕置きをしてください。そして私の事をめちゃくちゃに犯してイカせて下さい」

今日も私は自分のおばあちゃんにオナニーするところを想像したり、オマンコやお尻の穴に指を入れられて犯される事を望んでいます。

1+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!