エッチ体験談が11,000話を突破しました。

初性交から20年の愛妻を惚気てみた

PR

愛妻男さんから投稿頂いた「初性交から20年の愛妻を惚気てみた」。

紺色のセーラー服に白いスカーフが清純な乙女っぽい綾香の20年前の写真。
そのセーラー服のスカートをまくり上げるとノーパンで、足をM字に開いて指をV字にして秘穴を晒す綾香は当時16歳の高校2年生だった。
顔を真っ赤にして恥じらいながら、デジカメに向かって微笑む綾香。

スカートを脱ぎ去って上だけセーラー服になって、当時大学3年生だった俺の生のイチモツが綾香の秘穴を貫く連続写真は、綾香の処女喪失の一場面。
赤く染まるイチモツ、そして顔を歪める綾香。
破瓜の血にまみれる秘裂に振り撒かれた精液の雫。

その後、女の悦びを知り、イチモツの快感にセーラー服のスカーフを揺らすようになっていく過程が、デジカメで切り取られていた。
普段のスナップショットでは、どこからどう見ても清純な生娘にしか見えない綾香の痴態は、セーラー服ばかりではなく、素っ裸で発育途上の素肌を晒している物もある。
乳首と秘豆をクリップで挟まれ、M字開脚でロープを柔肌に食い込ませる清純女子高生にあるまじき写真もあった。

「また、そんなもの見て・・・恥ずかしいじゃない・・・」
妻の綾香が頬を染める。
「また、撮影に行こうよ。」
「もう・・・私の恥ずかしい写真、何枚になってるのよ・・・」
「いいものしか保存してないけど、一万枚くらいじゃないかな・・・処女だった16歳の綾香のオマンコと、36歳の二児の母になった綾香のオマンコ、どっちもいいオマンコだよ。」
「やだ・・・そんなこと言うと濡れてきちゃうじゃない・・・」
20年かけて淫らを仕込んだ綾香と結婚して15年になる。
25歳の俺と21歳の綾香の結婚は、周囲から猛反対されたが、既に男女の関係になって5年が経過し、離れられなくなっていたから駆け落ち同然の結婚だった。
若くして結婚したから、この年でも上の子は中学生だが、綾香は今でも普段は清楚な人妻だ。
しかし、裸になれば、乳首と秘豆にピアスを通した淫乱妻だ。
下の子を産んだ10年前以降の綾香の痴態写真では、そのピアスが光っている。
女子高生時代からマゾ遊びをして、18歳からは秘豆吸引を施してきたから、第一子出産した23歳の時には、既に秘豆は真っ赤に肥大して、秘裂から飛び出していた。
もう、子供は打ち止めにしようと決めた10年前、淫乱マゾの証を身体に刻んだ綾香は、その清楚な見た目と裏腹に極めて快楽に貪欲な女だ。
男は俺しか知らないし、俺と共に羞恥を育んできたから、俺の前ではタブーは無い。
妊娠した後は、尻の穴を使えるようにして、禁欲生活は一切なかった。

俺40歳、綾香36歳、交際歴20年の夫婦だが、まったく飽きが来ない。
綾香は、俺にとって最高の妻だ。
今夜は安全日、綾香の秘壷にタップリと注ごう。
間もなく来る生理の時は、綾香の直腸にあやかろう。
愛妻綾香とも歴史を認めてみた。

12+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR