エッチ体験談が11,000話を突破しました。

残念兄妹(合体編)

PR

おバカお兄ィさんさんから投稿頂いた「残念兄妹(合体編)」。

愛撫(剃毛)編の続きです。

最初は軽く唇を合わせてるだったが、ウブな妹の口内をこじあけるのは簡単だった。
唾液を飲ませるように、舌を絡めると最初はぎこちなかった妹の舌がオレの口内へ入ってきた。

パジャマの胸元へ手を入れ、中1にしてはえらくでかいパイを揉む。
オレが知ってる女でこれほどでかいのは母ぐらい。やはり血は争えないなと・・・ハリのある乳房に指を食い込ませていた。
「あうぅ、、、痛いって、ちょっと・・・力入れないで」
あまりの揉み心地につい力が入ってしまった。パジャマの前ボタンを全部外して、おっぱいからふくよかなお腹をあたりを円を描くように撫ぜる。
下の方に手が近づくと、ピクンと反応して身が硬くなる妹。

こいつ、こんなに可愛かったっけ?

もう我慢したくなくて、お腹を撫ぜている手をゆっくり下へずらした。
深剃りしたつもりだが、剃り残しで手のひらがチクチクしたが、指先がぷにぷにの割れ目に届くと既にヌルヌルになっていた。
妹はオレの指がそこへ届くと、自分から股を開いた。
割れ目の中に指先が入り、周辺をなぞった。
前は痛くて指入れを嫌がっていたが、ここまでは5年生のときにたどり着いた。
「なぁ、入れるよ」
妹はオレの袖をギュっと握って、うつむき、自分のパイパンをいじられている様子をじっと見つめていた。

オレはわざと見やすいように妹ので濡れた指先を目の前に見せて、妹の前で舐めたりした。
妹は袖を掴む手に力を入れると困った顔で
「ありえんって・・・兄ちゃんとなんて・・・どうしよう・・・どうしたらいい?」
と今の状態に戸惑いながらも抗えない感じだった。

「バカなんだから、難しい事考えんな・・・オレに任せとけ」
腰に回していた手でギュっと頭を抱きしめると、
「うん・・・うん・・・」とオレの胸の中で妹はただ頷き、抱きついてきた。

ビクビクっと妹の身体が震えた。
十分に濡れていたが、初めての侵入者を追いだそうと肉襞が圧力をかけてくる。
処女膜破れたかな?・・・感触ではどうなのかわからなかったが、ゆっくりと穴を広げるように指を動かすと、
抱きついた妹が「兄ちゃん・・・痛い、すごく痛いの」と訴えてきた。
オレは長い時間、ゆっくりを穴を拡げていった。
妹の身体は痛みに順応させるためか、記憶にないぐらい濡れて、受け入れ準備を整えているようだった。

オレはファスナーを下ろすと、勃起を握らせた。
妹がそっと上下する。
「これ、お前の中、入りたいって・・・・どうする?」
欲望をちんぽのせいにして、妹を口説いた。
「怖い・・・兄妹なのに・・・」妹はまだ受け入れがたいようだった。
「暁子の処女、他の男にあげるか?」
妹は首を振ると
「兄ちゃんのせいで・・・処女じゃないし・・・」
冷える浴室で、妹の膣内は熱くて、指を抜くと湯気が出そうなぐらいホクホクだった・・・そして血の筋が少し残っていた。

「まだ処女だって・・・けど、おまえ、デブだし可愛くないし・・・誰とSEXすんだ?ずっと処女か?」
妹が黙り込んだ。怒ってるのかしごいていた手にギュっと力を込める。
「痛っ!?・・・バカ、怒るな・・・デブでもブサイクでも・・・おまえが好きなんだって・・・兄ちゃんに処女くれよ。な?」
妹を再び唇を重ねると、正面に回って妹の足の間に腰を入れた。
ピチャピチャと舌を絡めながら、亀頭がぷっくりした割れ目の中に浅く入って、徐々に互いの性器が妹の蜜でヌルヌルになった。
「あっ!?・・・入ってくる」
妹がオレの首に手を回し、一緒に兄妹の性器が結合するところを見ていた。

オレは痛くないようゆっくりと出し入れを繰り返しながら、繋がりを深め、最後は妹の尻を引き寄せて根元まで膣穴を満たした。
成熟してるようにみえてもやっぱりロリまんこで、すごく窮屈で一瞬奥まで突き上げたものの、圧力で押し戻された。
「痛い・・・深いの苦しい・・・」妹が枯れた泣き声で訴えた。
「これぐらいなら大丈夫か?」なるべく浅く腰を動かすと
「う、うん・・・これぐらいなら・・・」とグチュグチュと妹の片脚を持ち上げて横向きに浅く送出した。
一緒にクリをいじると浴室に響くような声であー!っと喘ぐヌルヌルでハリのある肉襞が、強く押し出して兄妹間の性交を避難するようだった。
オレが妹を思う気持ちに負けたのか次第にオイルが馴染むように柔らかくなって包み込まれる感じがした。

「痛くないか?」破瓜の痛みがないか尋ねた。
「大丈夫・・・セックスしてる・・・兄妹で・・・どうしよう?怖いよ、兄ちゃん」
妹がポロポロ泣いた。
「兄ちゃんとセックスするって言ったら、皆すごい怒って・・・そんなの変態だって。最悪だって」
「そんなこと言ったんか?バカだな・・・兄ちゃんとのセックス嫌か?」
「ううん・・・すごい嬉しい。兄ちゃん優しくしてくれるの、ずっと待ってた」

そばかすが残る顔で泣き笑いした妹。

「ごめん、オレはもういきそう・・・一回逝っていいか?」
妹は強く抱きついてきて、
「いっぱいして・・・もっともっとギューってして」
「バカ、それだと痛いんだろ?・・・おっ・・・逝く」
ピストンを早めて、妹が苦しくない位置でジっとした。
中で出すか、外で出すか迷ってた・・・しかし、妹の膣穴は考える猶予はくれなかった。
ヌメヌメと柔らかく、しかしかなりきつく締め付けるとオレの理性を奪った。
ドク・・ドク・・・ドク・・・・何度もしゃくって、処女だった妹の胎内に精を流し続けた。

少し膜が残っていたのか、割れ目に薄く血のあとが残っていて、ぽっかり開いた穴から妹が腹に力を入れるとドロっと出てきた。
オレはその様子を興奮して見続け、受け入れてくれた妹の頬に何度もキスした。

一回膣出しししたんだから、あとはおんなじ・・・そういって、夜に母が帰ってくるまで妹のベッドで何度も膣出しセックスし、完全に妹はオレの女になった。

そんなありさまだったので、近所や親にバレるまでそう時間はかからなかった。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR