エッチ体験談が11,000話を突破しました。

露出旅行1

PR

さーこさんから投稿頂いた「露出旅行1」。

私の主人には、私の裸を他人に見られると興奮するという性癖があります。

昨年、夫婦で沖縄の離島を旅行したときの話です。

フェリーで小さな島に到着すると、すぐに宿で着替えました。

主人から「ロングのタンクトップだけで下着はつけないように」と言われています。

タンクトップの丈は膝上くらいで、脇が大きく開いているため横から胸のふくらみが少し見えていて、白色なので乳首やあそこの毛が透けて見えています。

レンタルバイク屋さんで二人乗りのバイクを借りました。
バイク屋のおじさんは、私の格好を見るなり、胸元と下半身と交互に見てニヤニヤしていました。

バイクの後ろにまたがるときに思いきり脚を広げたら、タンクトップの裾がお尻のところまでずり上がってしまい、おじさんにノーパンがバレてしまいました。

私はおじさんの視線に気づかないふりをしながら、身体が熱くなるのを感じてきました。

バイクで走っているとき、前は主人の背中で見えませんが、タンクトップの裾が風でヒラヒラめくれあがってお尻がまる見えになります。

信号待ちで止まると、散歩しているおじいさんがいたので、お尻を出したままにしていました。

身体がだんだん感じてくるのがわかります。

誰もいない砂浜を見つけて、裸になって海で泳ぐよう言われました。

タンクトップを脱いで海に入ると、なんとも言えない開放感があり、海水が直接素肌に触れて気持ちがいいです。

波打ち際でいろんなポーズをとって、主人に写真を撮ってもらいます。

手に何も持っていないので、もし人が来たらどうしようとドキドキしながら泳いでいました。

海からあがって岩の陰にシートを敷いて横になるよう言われ、また主人にいろんなポーズの写真を撮ってもらいます。

太陽がまぶしかったので、顔の上にタオルをおいて仰向けになっていたら、主人が近くにいるという安心感からついウトウトして少しの間寝ちゃったみたいです。

しばらくして主人から起こされ、知らない男の人が近くまできて、裸を見られたことを聞かされました。

人が来たことは足跡でわかりました。
ここに来たときは誰の足跡もなく、主人と私だけでした。

主人に言われて周りを見たら、誰かが私の足元近くまできて立ち止まり、帰って行ったような足跡が残っていたのです。

私は仰向けで、少し足を広げて片膝を立てていました。

アンダーヘアは上のほうだけ少し残してIラインまで綺麗に主人に剃られてしまったので、足元から見られたらまる見えです。

その様子を主人は岩陰に隠れて見ながら喜んでいたそうです。

私は見られた恥ずかしさで体が熱くなり、あそこを触ってみたら少し濡れていました。

9+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR