エッチ体験談が11,000話を突破しました。

知識がなかった頃

PR

Nさんから投稿頂いた「知識がなかった頃」。

私が4年生の誕生日の時Mにぃが土曜日私をデパートに連れてってくれてプレゼントを買ってくれるので午前中から行きました。
が、メインはあくまでも勝負でした。
そしてそのせいで私は更に奥を体験する事になります。

プレゼントが決まると買ってコインロッカーに入れました。
そして3階のトイレに行きました。
3階のトイレは男女のトイレの他に車椅子用のトイレがあります。
私はある程度大人になってから気付いたのですが3階のフロアは車椅子で来る人がほとんど来ません。
実際その日も、というか今まで車椅子を見たのは1、2回くらいです。
Mにぃは多分知ってたんだと思います。
その車椅子用のトイレに入って勝負をしました。

私は白のTシャツにピンクのスカート。
Mにぃは白のTシャツにジーパンでした。
扉にはすりガラスみたいなのがあり、ガラス越しに見たらなんとなく人がいる程度は見えるガラスがありました。
なのでピンクのスカートは扉のガラスから色がわかるので脱いで鞄にしまいました。
手を洗う所が少し見えなさそうだったのでMにぃが私を逆さまに持って壁際まで移動しました。
Mにぃはあんまり長くいたら怪しまれるから素早く勝負ねと言っていたのでわかったと言い素早くチャックを下ろしてちんちんを出しました。
触る前に口でしました。

Mにぃもいきなりパンツをずらして中に舌を入れて来ました。
結構急いでしてましたので頭を振りすぎて後ろの壁にぶつかったり喉まで思いっきり入ったりしました。
たっぷり濡れたらMにぃが便器に座り、私が跨がりました。
でもMにぃに跨がると爪先しか付かず、Mにぃと勝負が出来なかったのでMにぃが私を持ち上げて入れました。
私がMにぃに抱き付き、Mにぃが私のお尻を持って揺らしました。
声も我慢していました。
中間の太い部分はもう大丈夫だったのでそこまでを私の中に入れました。
その後私が便器に座りMにぃが上になりました。
入りきらない部分は両手でしっかり握りました。
途中人が来た時もありました。

上は私達は白いTシャツだったのとMにぃが覆い被されば私が見えなくなるので外からは人がいるくらいにしか見えてないと思います。
それでもあまり長くいれないので手を洗う所に移動して私が手を付き、Mにぃが私を持ちあげて後ろからしました。
声を我慢するのが辛いくらいMにぃは素早く動きました。
Nちゃん出るよと言われ、私もいくと言って引き分けになりました。
Mにぃはいつも出した時中でびくびくとなってずっと出してます。
でも急いでしたせいか最初に出てその後少しびくびくして終わりました。
抜いたら中から出てくるはずなのに出ても来ませんでした。
逆にお互い中途半端です。
全然勝負し足りない状態でした。
私もまだまだしたくてMにぃのちんちんにすぐ目が行ってしまいます。
Mにぃもいつも大きくなったちんちんを隠す時ベルトで押さえるので私はまだ小さくなってないのがわかりました。
次に服を見に行きました。
と言うか見に行く事にしました。

Mにぃが店員に私を妹と言って一緒に試着室に入り、Mにぃのチャックを下ろしてちんちんを出し、私はパンツだけ脱いで抱っこしてもらって入れました。
ですが、そんなにいてられません。
Mにぃは少しですが激しく腰を振って、私は服の袖を噛んで声を我慢していました。
またいきそうになった瞬間Mにぃが私を下ろして試着室から出てしまいました。
私はうぅぅと思いながらパンツを履いてるとまたMにぃが来てまた抱っこされて。
それを5回程繰り返しました。
結局服を買う予定ではないので服は戻しました。
結局Mにぃは出せず、私もいきそうになったくらいで終わりました。
次にプリクラを撮りに行きました。
これは私の提案です。
プリクラなら二人になれるよと言って行きました。

お金を入れてMにぃが私を後ろから抱っこして私がパンツをずらして入れました。
画面操作から撮り終わるまでMにぃは素早く動きました。
プリクラには私の顔がアップで映ってるだけですがこの顔は普通の顔じゃないのがすぐわかって恥ずかしかったです。
ですが結局私は1回しかいけず、Mにぃは出せずに終わりました。
お昼ご飯、デパートのパスタ屋さんに連れてってくれました。
個室になってて入り口はカーテンみたいになっています。
何食べようか迷ってるとMにぃが私のスカートに足を入れてあそこを触ってきました。
ここでも勝負と言われて私はやる気満々です。
二人でメニューを見ながら足で触り合いました。

食べ終わるまで触り合いました。
もう我慢出来ません。
Mにぃもそうだったんだと思います。
もう帰るかと言われて私はMにぃの家に行くと言いました。
コインロッカーから荷物を持って1階から4階の駐車場にエレベーターで行くとき角側にMにぃが立って私がその前に立って流れ込んでくる人を見ていました。
すると腰にMにぃの硬いちんちんが当たったので私は手を後ろに回してズボンの上から触っていたずらしました。
車に乗って運転中Mにぃのチャックを下ろしてズボンに手を入れてちんちんを握りました。
こらって言われましたが私は手を激しく動かしました。
帰ったら覚えとけよーと言われました。
私もこの頃には勝負をしたがりになっていました。
2時くらいに家に着き、私は6時に家に帰れば大丈夫だったので5時半までは十分時間がありました。
玄関に入るなり私はMにぃのチャックを下ろしました。
Mにぃも私もパンツを脱がして抱っこで入れました。
リビングまで私は揺らされてそのままソファーに座り私が上になりました。
腰を自分で動かしてる最中Mにぃは自分の服を脱ぎ、私の服も脱がしました。

お尻をぎゅっと捕まれ私の動きをスピードアップさせました。
私が汗をかくまでずっと動きました。
したくてしょうがなかったのか私は簡単にいきました。
それでもMにぃが動かすのですぐに何度もいきました。
Mにぃは後ろからするよと言って一度抜いてズボンを脱ぎました。
私もスカートを脱いで四つん這いになりました。
あそことお尻を開かれてどんどん入ってきました。
Mにぃも私も夢中になりすぎていました。
いつも入れてる場所に到達したらそこで素早く動きます。
ですが、夢中になりすぎてそれ以上入れようとしてしまいました。
奥を私のお腹に押し上げて来るといつも痛い?とか大丈夫?と聞いてくるし、私も入りすぎと言って逃げていました。
なのになぜかもっとと思うようになっていたのです。
Mにぃがゆっくり私の奥をお腹の方に押し上げて来て、私はそれを迎えるようにお尻を突き出しました。
ソファーをぎゅーっと掴んで必死に耐えました。
Mにぃも苦しそうにうぅぅっと声を出していました。
もう苦しい、だめと思った時Mにぃがかなり入ったよ、大丈夫?と声をかけてきました。

私はもう無理とMにぃはその場で小刻みに動きました。
全身が痺れる感覚に陥りました。
苦しいけど気持ちいいがいつもより気持ちいい。
私は声が自然と出ました。
5時半まで一度も抜かずに3回出されました。
Mにぃも私も汗だらだらで急いでシャワーに入って帰りました。
帰りにMにぃが明日も来る?と聞いてきたので9時くらいに行くと言って別れました。
そして次の日、前日の気持ち良さが残っていたので早くまた入れたいと思っていました。
それはまた書きます。

1+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR