エッチ体験談が11,000話を突破しました。

恥ずかし嬉し 初夜新婚の性生活

PR

ぼくさんから投稿頂いた「恥ずかし嬉し  初夜新婚の性生活」。

今や春三月、結婚シーズンたけなわ、いまの結婚の生態は!?。
卒業旅行とかで体験ずみなのだろうか?・・
今や、大学、高校生はもちろん中学生同志でセックスする。昭和も半ば頃まで、オマンコというカタカナ四文字ができるのは、夫婦という特殊な人間関係を結んだものに限られていた。・・

もうこんな言葉、死語になってるかもしれません。

世間話をするのが友達、手を握り合うのが恋人、そして体を交えるのが結婚。

もう手を握り合うだけではだめ、そして結婚したその夜、新婚旅行先の宿で、そのことを誰とでもできないかたちで、互いに体を交えてひしと抱き合い肌と肌を重ね合い、互いに一心同体であることを、「性生活」を続けることを確認しあう儀式、それが初夜。

いくらかの迷いがあっても、互いに許し許され、結び合うことによって後に戻れない夫婦となる重要な儀式。

そんな中、ある夕方、横〇駅南西口から押し寄せるたくさんの人たち、商店街だが、若者が多くラブホがたくさんのラブホ街でもある。

その中に仕事帰りと思われる圭さん似の若い清純な二人のカップル。ラブホに入るのかなと思った直後、思った通りそばのラブホに入ったふたり、これからセックス・・おまんこする二人。どんなことをするのだろか。

以前、コンドームといえば0.03ミリが普通だったが、今や、どこのコンビニにも0.03、0.02,0.01ミリが並んでいるのだ。0.01ミリだともう互いの温かみが伝わってくるとうのだ。こういうのをつけてするんだろうか。

昔はおまんこというカタカナ四文字ができるのは、【夫婦】という特殊な人間関係に在るものに限られていたのだった。

その秘密の行為を公認して義務にする儀式、それが「初夜」・・「恥ずかし嬉し」で行うという今では死語になっていることだった。

昔、あのカタカナ四文字という秘め事は、ケッコンという儀式をすませた一組の男女だけに与えられる特権だった。

晴れてケッコンという儀式をすませた男女が、その夜、初めて肉体を結び合うのが初夜といった、

特権を得た二人の義務は、初めて性器が本来の目的として、互いの異なる性器の結びあいによる異性間肉体結合という激しい行為を体験することに。

互いが、お互いに全てを捧げ会い、捧げられ会い、抱き合い、素肌を重ね合い、肉体を共有し合い、悦びを享有しあい、長く共有し合うことを誓い合い、文字通り動物となって一つに結びあう初夜の儀式。

花嫁は初夜の床では夫に全てを捧げる、

オ××コ・・今では死後になった言葉だが、当時は人前では口にすることも憚られる恥ずかしいこと。セックスはあっけらかんだが、オマンコそれはなにか秘め事。すまし顔のお嬢さんでも、深窓のお嬢様でもしている。

それをできるのは夫婦という特殊な人間関係を結んだものの特権で、それを晴れて初めて、「恥ずかし嬉し」でするのが「初夜」だった。

昭和も30年代まで、農村では、花婿の自宅で夜に祝言(しゅうげん)を行なうのが一般だった。よく見に言って、障子のガラスからみたもの。終るのが夜も更けた10時位・・終るとすぐ床入りに直結したのだろう。

終って、着替えると一緒に寝たことも無いふたりは初夜の寝室に、そこにはすでに布団が敷かれてあって、枕も二つ、そこで初めて床入りし脱いで脱がされて素肌を重ねて・・、それをオ〇〇〇と称した夫婦と言う特殊な人間関係を結んだ者だけに許された特権だった。それを公認する儀式が祝言という初夜の儀式だった。

昭和20年代くらいまでの農村の祝言は,若いまだ男を知らない,男の人と一緒の布団に寝たことのないうぶな花嫁にとっては,口にすることも憚られる恥かしい初めての行為を、コンベア式に親心でさせ、明日からの一人前の性生活の出きる花嫁とする儀式ともいえる・・・。

昭和も30年代まで、農村では、花婿の自宅で夜に祝言(祝言)を行なうのが一般だった。よく見に行って障子のガラスからみたもの。終るのが10時位・・終るとすぐ床入りに直結したのだろう。

終って着替えるとたぶん一緒に寝たことも無いふたりは寝室に、そこにはすでに布団が敷かれてあって、初めて床入りし脱いで脱がされて素肌を重ねて・・、それを〇〇〇〇と称した夫婦と言う特殊な人間関係を結んだ者の特権だった。それを公認する儀式が祝言だった。

祝言を終わった花嫁はいつでも初夜の儀式を行う。実際、祝言が終わってすぐの場合と、祝言の途中、中座して別の離れに用意された立ち合い者が見守る初夜の床で初夜の儀式を行い、結果、確かにめでたく結ばれたことを祝言の宴に報告される地方もある。そんな映画もあった。

昭和20年代くらいまでの農村の祝言は,若いまだ男を知らない、男の人と一緒の布団に寝るなど考えることもできないはずかしいことだった初心な花嫁が,口にすることも憚られる恥かしい初めての行為、それをコンベア式に執り行い、初夜から一人前の性生活の出きる花嫁とする儀式ともいえる。

会社とかで、結婚シーズンともなると、同僚が結婚式で、招待されたり、お祝いに出費がかさんだりするもの。

結婚式に招かれると、かわいい花嫁を見せ付けられます。夕方、式が終わり、今はホテルで式を挙げそこで泊まって、初夜を済ませ、翌日二人だけで新婚旅行に出発するが、二人は見送られて新婚旅行に出発したものです。昭和後半、式が終わって新郎新婦の友達を見送り、一人で下宿に帰るときは、ああ自分は・・と思ってしまいます。

昭和40年代「百万人の夜」とか「夫婦生活」という夫婦雑誌、「初夜新婚の性生活」「図解・性生活の技巧と体位―初夜新婚の医学」とかというようなたくさんのハウツウ本が、多数本屋の棚に並んでいた頃です。

友達の結婚式に招かれ、かわいい花嫁を見せつけられ、「初夜新婚の医学」「図解初夜・新婚の性生活」・・。これらをいくつか買って下宿に帰る。

真っ暗な4畳半の一人だけのさびしい下宿の電気をつけると、まず、いつもしてるようにズボンのチャックに手をかけてしまいます。

そして買ってきた本を袋から取り出して広げそれをみながら、いいな今頃・・何をしてるんだろう?とか思いながら、こんなことをしてるんだろうか、・・あんなことをしてるんだろうか?とか思いながら、一人さびしく世がふけるまで人には言えないような淫らなことを何度も何度もしてしまうものでした。

当時まで、一般にはあのカタカナ四文字とは、夫婦と言う特殊な人間関係を結んだ物の特権だった。結婚によって「夫婦」となって、初めて夫婦生活(性生活)として、一転義務となす物だった。

結婚式によって、社会的に夫婦となることが認められ、衣生活・食生活・住生活に加え、結婚によって晴れて公認されるのが「性生活」という桃源郷。

そして性生活の初めが初夜というもの。

初夜の儀式それは、二人が夫婦になった事、「性生活」を続けることを二人だけで確認しあう儀式。

二人一緒になったら性生活が義務となる。月3回は、独身ならいいなと思うが、結婚した以上それでは「セックスレス」だそうだ。

男なら誰でも少年時代からの好奇の的、一人こっそり孤独の慰めで精を出し続けてきたことが、初夜新婚の性生活が、新婚旅行先の宿の一室で今叶えられようとしているのです。

そして、それは後数時間後なのです。はじめて体験する事への期待と不安・・恥ずかし嬉しとはこのことです。式を終え、刻々と近ずく新婚旅行に向かう列車の中でどんな気分でそれを待ったのあろうか。

式が終わるとみんなに見送られて「新婚旅行」に旅立つ。そして、その旅先の宿ではじめて初夜を迎える、素肌でひしと抱き合い、互いの肌のぬくもりを直接感じあう。

初めて同志が、初夜の床の中で始めて結び合い、サイズも合わず喘ぎ悶えして互いの「律動」を直接感じ合いながら・・、男はついに結び合ったまま耐えられず、でそうなると動きをセーブして、またセーブして・・・そしてついに耐えられず結び合ったまま・・それが結婚初夜というもの。

戦後出版された「婦人生活」とか「主婦の友」とかが床屋の待合室に置いてあったもの。それらの婦人雑誌には結婚特集とか相談欄があって中学生でも待つ間見れる。
 「新婚旅行では、風呂に一緒に入らなければならないんでしょうか?‥」という質問など。

新婚旅行では裸で抱き合うのに‥、もっと恥ずかしいことが待っているというのに。一糸纏わずの素っ裸で抱き合い、それ以上のコトをスルと言うのに、一緒に風呂に入って裸体を見せるのを恥ずかしがるなんて?‥、

『性生活の知恵』によると、新婚旅行に持参するものは三つあって、ネグリジェと、バスタオル、それにコンドームとある。

ネグリジェは床入りのためで、前開きで脱がせやすいもの、バスタオルは布団に敷いて性行為で敷布を汚さぬため、コンドームは初夜でも性行為が行われるので避妊のため。

バスタオルは宿について、仲居さんが布団を敷きに来たら、自ら左側に敷くとある。

花嫁自ら敷くことで、これから確実に行われることに最後の心の準備をさせ、性行為をスムーズに行わせるという親心。

そのバスタオルの上で、ただ一緒に寝たり、手をつなぐだけでなく、素肌を合わせて結び合うことの心の準備である。

これから汚れることを気にせず、すべてを捧げ一つになるのだから。
左とは夫の愛撫を受けるため。

そして、夫が右側に寝て待っている。
花嫁は襖の陰で最後の寝化粧して着替えるとある。

着ているものはすべて脱ぎ、パンティだけつけてネグリジェをつける。
ブラジャーは取る。

パンティとネグリジェは脱がせるためのもので、パンティはつけておくとある。

でも寝化粧が長く、なかなか床に入ってこなく、先に布団で寝て待つ夫はじらされるのだ・・

新婚旅行で一番大切なのは初夜の儀式。儀式は済んでもまだ互いに他人同士の二人に、肉体的にも、二人が夫婦になるための大切な儀式。
祝言の夜、監視されて交わるのでなく、二人だけ互いの違う肉体を交える。

『初夜新婚の医学』には、そのときの若い花嫁の心構えについて、愛する夫の体が自分の体に入ってきて一つになる素晴らしい瞬間です。恥ずかしがらず、迎え入れるようにしましょう。・・とある。

だが、まだそんなこと初めての花嫁にとっては、たぶん異物でしかないだろう。

いつまでも寝化粧をしてもいられず、夫の休む床に、自分の敷いたバスタオルの上に入っていくことに・・・
男女は初夜といって、初めての夜に、一緒になった証にコンドーム一枚の生まれたままの姿で固く肉体を交える。

今も若い花嫁さんの中には、そんな初心な人もいるとは思うが、昔の22,3の花嫁さんはモット無知で、それは綺麗な、器量良しの、膚も匂い立つ、周囲も処女性を認める‥初々しい可愛い花嫁だったのでしょう。

そんな白紙の花嫁を与えられる‥25、6の性欲盛りの、まだオマンコをしたことも無く、一人で欲望を発散するしか無かった若者は、どんなにか期待に燃えて‥その日を待ったことでしょう。

その夜食事がすむと、仲居さんが床を取りにくる。そうするといよいよ・・となる。そこで初めて結び合うことに、初めて同士でも、もういつでもしてもよい、と言うかもうどんなに恥ずかしくとも、結び合いをしなければならないのだ。そして夫がそれをリードするものとされた。

すでに先に床に入って花嫁の床入りを今か今かと待つまだ未経験の夫、最後の時を前に襖の陰で寝化粧をして焦らす既に初々しいネグリジェ姿の初心な花嫁…そして、いよいよ花嫁が床入り、しばらく、これからのこととか言葉を交わす二人、そして脚を絡め、抱き寄せられる花嫁の唇は奪われ夫のものはすでに固く初夜モードになっている。

同時に夫の指はネグリジェのボタンをはずしにかかる。。そして肩から外し、柔肌に唇を這わせだんだん下に・・、愛撫の手がパンティにかかっても、花嫁は受け容れるのが嗜み。

互いに生まれも性器も互いに違う二人が、すべてを剥き出しにして、互いに素肌と素肌を重ね合わせ、性器までも捧げ合い結び合いして、互いの素肌のぬくもり、そこに互いの律動を感じながら・・。

つがい会い、悶え合いして、私とあなたは身も心も一心同体ということを互いに確認しあうなかで、耐えられないほどに最高潮に怒張した男の器官から愛液を受け結ばれる二人を象徴すること。

未だ、互いにサイズも合わないもの同士結び合い一つになる・・最初は初心な花嫁にとっては、ぐいぐい入るそれはまだ異物でしかなかったろう。

そして,そのときの男の屹立したものをまだ見たことが無い花嫁のため,「太さは、ピースの箱を広げた位 、長さは葉書の長さ(注:14,8cm)くらいです。」とある。

ピースの箱を広げた位とは、丸めて径が4センチ弱である。

そしてすべてが終わりもとの二人にもどったとき、花嫁は未だ何か挟まってるような感じが続くことに。朝二人で一緒に朝食を食べるとき昨夜の初夜の儀式の激しい男と女の最終行為の結果、花嫁は未だ何か挟まってるような感じがしたそうだ。

新婚旅行から帰ると、夜具も新しい二人だけの新居、そこでもう誰にも邪魔されず、ヒミツに思う存分繰り返される「性生活」という、もう二人さえ良ければどんな体位でも、何回でもいつでも許される甘い~甘い・・桃源郷がまっている・・。

そこで、初夜で恥じらいと痛みに喘いだ新妻も3ケ月もしたら、サイズもすり合い性の悦びにも目覚めて、自分からおねだりするようになり、この頃一番妊娠しやすいと言う。

ただ交わるだけでなく「三浅一深」、「のの字」など性の技巧もいろいろ覚え、繰り返す性生活によって互いのサイズも合うようになり、濃厚で濃密な性生活が毎日毎日繰り返される。

そして直に中出しするようになり妊娠。こうして1年もすればどこの若い新婚家庭の新居でもめでたく愛の結晶が誕生、オムツが干される。

初めて同士が体を交える、究極の最終行為を行うのが初夜の儀式。たとえ一緒にお風呂に入るのも恥ずかしい花嫁でも、初めての激しい行為に、翌朝は、またの間にまだ何か挟まってる感じだという。当時のうぶな花嫁にとっては、かなり残酷だっただろう。

男と女が一つの布団に寝るなど考えられない淫らだった時代。

花嫁は初夜の床では夫に全てを捧げる、たとえネグリジェのボタンに手がかかっても、愛撫の手が降りてきても、パンティに手が掛っても拒んだりしては成らない、これを花嫁の嗜みという。

愛撫の手がビーナスの丘に伸びてきても、恥ずかしがらず受け容れ、さらに降りてきていよいよとなっても・・恥ずかしがらず快感に湿っていいと。

夫は性交に先立ち花嫁のパンティを体から取ってしまう、その間も愛撫は止めずに、自分の足で取り去るとある・・

自分も、性交に入る前に硬く怒長し、脈打つものにコンドームを付ける。

花嫁の器官が愛撫によって湿ってきて自分の固くなった性器を受け容れられるようになった頃、いよいよ結合体位で組み敷くことに。

花嫁は夫の怒長した物が入口に押し付けられても、これから愛する夫の体が自分の体に入って一つになるすばらしい緊張の瞬間、逃げたりしてはいけない。・・・・・
新婚旅行で一番大切なのは初夜の儀式。儀式は済んでもまだ互いに他人同士の二人に、肉体的にも、二人が完全な夫婦になるための大切な儀式。

祝言の夜、監視されて交わるのでなく、二人だけで互いのそこだけ違う肉体を隙間もないくらい固く交える。

『初夜新婚の医学』には、そのときの若い花嫁の心構えについて、愛する夫の体が自分の体に入ってきて一つになる素晴らしい瞬間です。恥ずかしがらず、身を突き出すようにして迎え入れるようにしましょう。・・とある。

だが、まだそんなこと初めての花嫁にとっては、たぶん異物でしかないだろう。行為は強姦も変わりなく初心な花嫁にとっては残酷物語ではある。

花嫁は最後の時を迎え、いつまでも寝化粧をしてもいられず、夫の休む床に、自分の敷いたバスタオルの上に入っていくことに・・・
初めての花嫁は、すべてが終わった後、生まれて初めての激しい最終行為の結果、結び合ったそこにまだ何か挟まってる、そんなんだったようだ。

朝があけて、隣に夫がいて、確かにすべてを捧げたんだ、裸になって体を結び合ったんだ、夫婦になったんだと言うことを実感し反芻する。
そして再び抱きしめられる・・

祝言で三々九度の儀式が済んだら、床入りとなる。
夫婦となるため花嫁と花婿は一つ床に入ることが社会的に公認され義務となる。

よく映画にもなっている。地域、時代によっては、その状況が宴会の席に報告された地方もあるようだ。

昔から、祝言の日の花嫁ほど劇的に変化するものも無い。三々九度、花嫁衣装に包まれた花嫁は、その夜のうちに、それをすべて脱ぎ捨て、脱がされ生まれたままの素裸さらして初夜の床に臨む。

昔から沢山の映画も作られている。「忍ぶ川」では、祝言の途中、雪の降る中、うら若い二人は初夜の儀式を行うため傘を差して「離れ」に移る。

一週間程度の付き合いで、手も握ってもいず、異性のなんたるか知らないで、いきなり床入りとなり男女の最終行為。

性行為が赦され義務となり、すぐ動物となって初夜の儀式を執り行うというのだから考えてみれば昔からあるといっても花嫁になるって残酷な話ではあるだろう。

そして、夫が寝て待っている間、床入りのため花嫁は着ているものはすべて脱ぎ、パンティだけつけてネグリジェをつける。ブラジャーは取る。

パンティとネグリジェは夫が脱がせるためのもので、パンティはつけておくとある。

でも寝化粧が長く、なかなか床に入ってこなく、先に布団で寝て待つ夫はじらされるのだ・・

新婚旅行で一番大切なのは二人だけの初夜の儀式。
式は済んでもまだ互いに他人同士の二人に、二人が肉体的にも夫婦になるための大切な儀式。

祝言の夜、監視されて交わるのでなくとも、二人だけで互いのそこだけ異なる肉体を交える。

何しろ,50年近く前、当時は男女とも身長も低く子ども子どもしていて、1週間位 付き合ったくらいで、お嫁入りするのが一般的だったのだろうからむりもない。

『初夜新婚の医学』には、そのときの若い花嫁の心構えについて、愛する夫の体が自分の体に入ってきて一つになる素晴らしい瞬間です。恥ずかしがらず、迎え入れるようにしましょう。・・とある。

だが、まだそんなこと初めての花嫁にとっては、たぶん異物でしかないだろう。

いつまでも寝化粧をしてもいられず、夫の休む床に、自分の敷いたバスタオルの上に入っていくことに・・・
高度成長下の新婚旅行黄金時代、新婚旅行のメッカには毎日新婚列車が到着。
テレビでも式を済ませ初夜を迎えるカップルが。

そうしたさまざまな新婚カップルの押し寄せる旅館・ホテルの夜、カメラを入れてレポする番組も。
どこもやることは同じ。

めでたくいよいよ初夜の床に収まった花嫁、しばらく手を?いだり、将来のことを話し合ったあとは、これから夫にすべてを捧げるための心と体の準備に入る。

引き寄せられ、硬く抱きしめられキスされ,背中から尻にかけ軽い愛撫を受ける。
そして、夫の手がネグリジェのホックに手を掛ける…

花嫁は初夜の床では夫に全てを捧げる、たとえネグリジェのボタンに手がかかっても、愛撫の手が降りてきても、パンティに手が掛っても拒んだりしては成らない、これを花嫁の嗜みという。

愛撫の手がビーナスの丘に伸びてきても、恥ずかしがらず受け容れ、さらに降りてきていよいよ・・恥ずかしがらず快感に湿っていい。

夫は性交に先立ち花嫁のパンティを体から取ってしまう、その間も愛撫は止めずに、自分の足で取り去るとある・・

自分も、性交に入る前に硬く怒長し、脈打つものにコンドームを付ける。
花嫁の器官が愛撫によって性器を受け容れられるようになった頃、いよいよ結合体位で組み敷かれる、花嫁は夫の怒長した物が入口に押し付けられても、これから愛する夫の体が自分の体に入って一つになるすばらしい緊張の瞬間、逃げたりしてはいけない。・・・・・

もう手をつなぐだけではだめ、初夜は、むかしからオマンコという硬い契りをいきなり行う。

性行為の沢山の結合体位についても詳細に説明があり、結合解剖図が載っている。
男性器が近ずくところ、接触するところ、半分位結合したところ,隙間なく完全に結合したところと、体位ごとの解剖図でしめされていた。

写真じゃないけど、隙間も無い密着、いまどきの写真だけのよりずっと生々しい。
初めて同士がぎこちなく交える初夜、やり方がわからず入り口で漏らしてしまったり、三こすり半で爆発してしまう夫、でも朝を迎えた花嫁はもう処女ではない。

初夜は、どのような想いがあったとしても、若い男女が晴れて一体になって硬く抱き締め合い結び合いして結果花嫁の中に精を漏らす。夫婦になったことを確認し合えればいいとある。

新婚旅行から夜具もま新しい新居に帰ってくると、新婚の性生活という桃源郷が待っている・・。

初夜の床で初めての行為に喘いだ花嫁も、新婚旅行で一とおり経験し、旅行からから帰って、恥じらいも薄れ、サイズも互いにあうようになったころ、これから本格的な「性生活」を営むとある。

「初夜新婚の性生活」には、性運動にもいろいろあり,[退避運動](男が進むと女が引く,男が引くと女が進む、そのタイミングや動きの角度を微妙に少しずつずらす。),[回転運動]([の]の字を書くように互いに動かす。)
[圧迫運動](強く圧迫しあう。),[斜交運動](互いに微妙に角度をずらす。)などがあり,慣れたらいろいろ組み合わせてやるといいとある。

また、性行為を楽しむため、「三浅一深」といって、代表的な性戯の基本がある。

一深で深く押し込むとき、男と女の剥き出しの素肌は、強く密着し隙間がなく圧迫される。

実際には、“の”の字を書いたり、互いに斜めに斜交したり、互いに引っ込めるのをずらしたりと三浅一深と組み合わせて、動きをセーブしたり動かしたり何度も何度も・・もうそれは二人だけのヒミツの桃源郷となる。

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR