エッチ体験談が11,000話を突破しました。

ネカフェでチャット

PR

めぐみさんから投稿頂いた「ネカフェでチャット」。

「ネットカフェでパンツとブラウスかYシャツ(股下ギリギリの)だけになり、 店内を徘徊、本を選びふりして、屈んだり、背伸びしたり、股開いたり、 個室で全裸オナニー。
その際、身体に淫語の落書き か、紙に「変態です。見て下さい」と書いて口に咥える。
フィニッシュの前に ドアを少し開き、ドアに向かって股を開き、激しくオナって絶頂を迎える。 」

この命令をしてきたので報告です。

次の日が休みで、仕事終わりに友達とご飯行ったその帰りに、本当は帰れたんだけど、お酒入ってエッチな気分だったし、ネットカフェの命令あったの思い出して、最終に乗らずにネットカフェに泊まりました。
お客さんはそんなにいなかったけど、個室の扉はいくつか閉まってたので、それなりに泊まってる人はいそうです。
なるべく奥まった場所のフラットタイプの個室を借りると、両となりの扉は閉まってて入り口に男性の靴が置いてありました。

ここでオナニーしちゃうのかって思うと、怖いのもあったけど、やっぱり身体はジンジンと反応しちゃいます。
個室は、そんなに壁も高くないし、背が高い男性とかなら立ったら中が覗けそうで、入り口もちょっと隙間があったりして、廊下からも簡単に覗けそうでした。

格好は、急に思いついてネカフェにきたからブラウスとかは着てなくて、普通にミニスカートにセーターとコートでした。
セーターだけだと、完全に下が出ちゃってギリギリにならないし、コートだけだと室内だし不自然なので、ミニは履いたまま、ブラは個室に入ってすぐにとって、まずは店内を少しうろうろして、露出を続けても大丈夫そうか確認しました。

店内では何人か男性客とすれ違って、太ももあたりにエッチな視線を感じるし、膝を曲げずに屈んだりしたら、スカートが上がってパンツがTバックだったので、お尻の下が露出して見られてる気もしました。
飲み物を取っていったん個室に戻り、股下ギリギリまでスカートを上げて本を選びに本棚に向かいました。
スカートがギリギリだと、下半身はパンツだけで店内をうろうろしてるような錯覚がします。
乳首も立ってきちゃってて、セーターでこすれてチクチクして、もう感じてしまってました。

本棚に着くと、他に2人男性客がいて、私が近づくと、こっちを気にしてるようで、本を選ぶふりをしながら屈んだりしてると、やっぱりチラチラ視線を感じます。
そうやって見られてるの意識し出すと、お腹の下がジンジンと疼きだしてきて、すぐに我慢できなくなってきたので、部屋に戻ろうと思ったけど、男性に見えないように背を向けてちょっとだけスカートに手を入れておまんこを触ってしまいました。

指で刺激するとおまんこがジュンって濡れてきて、感じるところを刺激すると、身体がビクって反応してしまいます。
ちょっとだけなら大丈夫かなって、パンツをずらして指をヌチュって入れたら、「あん」って少し声が漏れて、腰がモゾモゾとエッチに動いちゃいました。
触ってるのが後ろからでもバレてたかもです。

どんどん感じちゃうと、見つかっちゃうって恐怖よりも、もっとしたい・・・気持ちよくなりたい・・・ってのが大きくなってきます。
命令とかも忘れちゃってました・・・
近くに脚立が置いてあったので、おまんこ擦りつけたら気持ちいいかもって想像しちゃうともうダメで、かなり不自然だけど、脚立越しに本を取るふりをしながら、パイプの部分におまんこを当てるとひやっとして気持ちよかったです。

更に気持ちよくなるように、角や少し出っ張ってるフックみたいな部分にも敏感なところを擦りつけるようにモゾモゾ動いてました。
ダメ・・・止まらなくなっちゃう・・・って、どんどん気持ちよくなりかけてたけど、一瞬男性が気になって、チラって横を見たら、距離が近づいてて、目が合ってニヤってされた気がして、ゾワってなって我に返ってしまいました。

急いでその場を立ち去ろうと思ったけど、フックのところにパンツの生地が引っかかってしまって、脚立がガシャンって倒れてしまいました。
おっきな音たてちゃったことにびっくりして、慌てて脚立を立ててその場から逃げようとしたけど、足がもつれて転んじゃいました。
スカートは完全にめくれて、パンツも伸びて膝くらいまで下がってて、お尻が丸見えで、角度によってはおまんこも見えてたと思います。

それに周りの部屋の人も音に気づいて顔を覗かせた人もいて、何人かの人に見られてしまい急いで立ち上がって、部屋に逃げ帰りました。
見られちゃって恥ずかしいのと、感じてる途中だったので、部屋に入ると、心臓がバクバクしてたけどすぐにおまんこを触ってます。

おまんこを触りながら、そのままオナニーしてもよかったけど、もう少し何かしたくなって、時々利用する2ショットチャットのサイトを開きました。
その中に「外やネカフェからきてる女いるか?露出命令で無茶苦茶に壊してやるよ」って部屋があったので、ドキドキしながらそこに入りました。
「こんばんは」って打って暫く待ってると、「こんばんは。よろしく」って返ってきて、さっきまでの事は言わなかったけど、今の状況や服装を聞かれて、すぐにエッチな命令が始まりました。

まずは、「足をM字に大きく開いてパンツの上からおまんこをさすりながらチャット続けろ」て命令されました。
命令を実行しながらチャットを続けると、「いつもこんなことしてるのか?」とか「過去に見つかったこととかあるのか?」とか聞かれて、今まで公園とかで露出したこととか、見つかってホームレスとしちゃったこととか答えたら「変態女だな」って返ってきました。
「今日も見つかって犯されたいか?」って聞かれて、答えなくても良かったんだけど正直に「ゴムとかないし、ダメな日だから怖いけど・・・想像しちゃうと感じてしまいます」って答えました。
「ダメな日?危険日なのか?いいね。ほんとうは犯されたいんだろ?」って返ってきて、犯されるのを想像してしまって、おまんこがジュンって反応してしまい、「はい」って答えました。
「まんこどうなってる?」って聞かれて、パンツにシミができるくらい濡れてきちゃってたのでそう答えると、パンツを脱いで直に触るように命令されました。
一応個室にはなってるけど、ここでパンツを脱ぐのはかなりドキドキします。
ノーパンになって、指を少し入れて動かすと声が出ちゃいそうなくらい感じちゃいました。
画面には「脱いだか?脱いだらネカフェの場所を詳しくおしえろ。」って出てて、「近くで誰かこのチャット見てたら犯してもらえるぞ」って書いてありました。
もう完全にエッチなスイッチ入っちゃってたし、書いてもどうせ分からないだろうなって思ってたので、本当に今いるネカフェの名前と個室の番号まで書いちゃいました。
そうすると、本当にたくさんの人が来て犯されちゃうこととか妄想がどんどん膨らんでしまいます。
指を動かしながら「感じちゃいます・・・早くイキたいです」って打ち込むと、「まだイクなよ。触るの止めろ」って返ってきました。
「はい」って答えて、触るのを止めると、スカートをギリギリまで短くした状態で飲み物を取ってきて、途中で膝を曲げずに屈んだりしながら露出狂の変態女がいることをアピールしてくるように命令されました。

さっきも同じようなことしたんだけど、「がんばってみます」って返事をして、スカートをまたギリギリまで上げて、身なりを整えて個室を出ました。
脚立の事件もあったので、まだ起きてて私のことを発見した人は、チラチラこっちを見てました。
見られてるって思うと、やっぱりお腹の下がジンジン感じてしまいます。
こっそりおまんこを触ると、すぐにビクって腰から崩れ落ちそうになっちゃうくらい身体が反応してしまいました。
崩れ落ちそうになるのを本棚に手をついてなんとか耐えて、ダメって思いながらも徐々にそのまま膝を曲げずに前屈みになっていきました。
スカートがずり上がってお尻が完全に露出する感触がします。

今度はパンツもはいてないから、こっちを見てた人からはヌルヌルに濡れてるおまんこが丸見えになってるはずです。
そんな状況になっちゃうと、恥ずかしくって逃げたいのに、思いっきり触りながらオナニーしてイキたくて我慢できなくなってきました。
その場で触るのをなんとか我慢して、飲み物も取らずにすぐに個室に戻りました。
個室に戻って、屈んでおまんこ見られてしまったことを報告すると、「見たやつは確実に着いてきてるぞ。望み通りに犯してもらえるな。」って返ってきて、今度は後ろの入り口の扉を少し開けて、その隙間に向かってオナニーするように命令されました。

そんなの絶対見つかっちゃうって思ったけど、もっと恥ずかしくなりたい・・・無茶苦茶にしてほしいって我慢できなくて、そっと5センチくらい扉を開けました。
そこからは四つん這いになって、隙間の方におしりを向けておまんこを触りながら、チャットを続けました。
後ろの通路を誰か通って部屋の中を覗かれたら、確実に見られちゃう状況で、「見られちゃいます・・・」って打ち込むと、「いいじゃん。犯されたいんだろ?危険日のまんこに中だしされて妊娠したいんだろ?変態女が」って書かれて、「激しくかき回せ!!」って命令されました。

指を少し入れて動かすと、ヌチュヌチュって音がして、「音が響いちゃいます・・・」って打ち込むと、「もっと音が響くくらいかき回せ」って返ってきました。
ほんとうにしなくてもチャット相手にはバレないのに、なんだか逆らえないのと気持ちいいので、徐々に指の動きが激しくなっていきます。
指を2本にして動かすと、グチュグチュとエッチな音がして、静かな店内に響いてそうで恥ずかしかったけど、すごく感じてしまいました。
実際にどの位まで聞こえてたかは分からないけど、となりの部屋くらいなら確実に聞こえてたと思います。
どんどん気持ち良くなって「イっちゃいそうです」って打ち込むと「いけ!声出していけ!」って返ってきました。

さすがに声出すのは怖かったのでなんとか我慢しながらオナニーを続けて、身体がビクビクってなってイっちゃいました。
全身の力が抜けてしばらくチャットに反応できないでいると、画面に「いったか?おまんこ開いて見せてみろ」って見えたので、頭を床につけてお尻を高く上げ、両手でお尻を左右に開きながらおまんこがちゃんと見えるようにしました。
隙間から本当に見られてるかもしれないので確認したかったけど、恥ずかしいのと怖いので後ろは見れませんでした。
でも奥まで見られてるかもって思うだけで、イったばかりでもまた身体はエッチに感じてきてしまいます。
確認は出来ないけど、目を閉じ、見られてることを想像しながら、隙間の方に足を向けた状態で仰向けに寝転びました。

ゆっくり足をM字に大きく開いて、またおまんこを触ると、クチュクチュとエッチな音が聞こえ出します。
危険って分かってても、もう自分を抑えることが出来なくなってました。
セーターをめくり上げて、胸も露出させて、片手でおまんこに指を入れながら、同時に胸を揉んで乳首を責めると、我慢してても喘ぎ声が少し出ちゃってたました。
隙間からはエッチに感じてる全身や表情まで丸見えになってるはずです。

目をつむったまま、「見て・・・いっちゃう・・・」って小さな声で言って、そのまま身体がビクビクって痙攣してイってしまいました。
全身の力が抜けて、余韻に浸りながらうっすら目を開けていくと、隙間に人影が何個か見えて、サッと逃げていきました。
慌てて起き上がって隙間を閉めたけど、私が開けた分よりももっと扉は開いてて、確実に覗かれてたみたいです。
心臓がバクバクして、チャットを思い出して相手にどうしたらいいか聞こうと思ったけど、長い時間ほっとらかしてしまってたので、部屋は閉鎖されて相手はいなくなってました。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR