エッチ体験談が10000話を突破しました。

副担任

熟女好きさんから投稿頂いた「副担任」。

その先生は、大学を卒業してすぐ赴任してきました。
とても綺麗な体育の先生で、男子に人気でした。
ある時、先生が1か月ほど学校に来ませんでした。

他の先生が言うには、病気で入院していて何時出てくるかはわからないと聞きました。
当時、グレていた私は何時かやってやろうと思っていたので残念でした。

ある時先輩に良い事があるから家に来いと言われて、良いことなら断る理由も無く遊びに行きました。
そのマンションは、グループのリーダーの親の持ち物で、メンバーの溜まり場でいつも何人かが屯していました。
早速そのマンションに行くと、玄関で素っ裸のその先生が正座で出迎えてくれました。
先輩たちは、「こいつ毎日みんなで廻したらSEX中毒になってさ」と笑っていました。
「処女だったんだけど今や何でもできるようになった糞女さ」と言って尻をけりました。

先生は「ありがとうございます。と言ってひれ伏しました。
先輩が「奴は童貞だから食べな」と言うと玄関先で私のズボンをズラシいきなり咥えられました。
先輩に「お前の生徒だぜ。おいしいか?」と言われ、先生は「おいしいです、先生のマンコでご奉仕させてください。」と言い尻を突き出しました。
先輩が「教え子の童貞をもらう気持ちはどうなの?」と聞くと「初めての女になれて嬉しいです。」と答えました。
先生は、私の勃起したチンポを握りしめ部屋に連れて行きました。
先生は、私の服を脱がすと、ソファーに座り股を拡げて股間を露わにしました。

それでヒダヒダを指で開き人差し指で「これがクリトリス」と言って転がし始めました。
暫くして「アッツ、ダメダメ」と言って体を硬直させました。
私は我慢できず、先生に抱き着き挿入しようとしましたが入りません。先生が私のチンポを握り導いてくれました。
初めてなので、すぐに射精しました。先生は「出そうになったら抜いて」と言いましたが出来るわけはありません。先生の中に思い切り放出しました。

先生は、次の月から復帰したのですが学校でやりまくりました。
パンツを履かずに学校に来させたりもしました。
卒業後は音信不通だったのですが、10年程して同窓会に先生がきました。
まだ若々しく体型も崩れていません。歳をとっても魅力は変わりませんでした。
先生はまだ独身で、婚活をしているそうです。
早速、トイレに呼び出し後ろから挿入しました。
先生は、「久しぶりのチンポだわ」と言ってよがり続けました。

今は、先生と一緒に暮らしています。
熟女ペットと言う所でしょうか。
当時から、お尻の穴も開発されていて、今でもよく使わせてもらっています。

9+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!