エッチ体験談が10000話を突破しました。

美人のスゴ技で亀頭責めと寸止めで発狂

シコシコママさんから投稿頂いた「美人のスゴ技で亀頭責めと寸止めで発狂」。

バツイチになった32歳の時から行きつけになったスナック。
当時ママは40歳、チーママは26歳だったが、その26歳のチーママの手コキテクが強烈だった。

客が退けた店内でふざけていて、ズボンの上からチンポを揉まれて勃起させられ、
「離婚してから溜まってるんじゃない?抜いてあげようか?」
と言われて、チーママの住むワンルームマンションへ行った。

茶髪のカールヘアがいかにもお水っぽいスレンダー美人のチーママとセックスできると思ったら、裸になって椅子に座らせられ、手枷足枷でM字開脚で椅子に縛られた。
そして、いきなり亀頭にローションを塗られて絶妙のタッチで撫でられた。
「ウオッ!・・・クゥゥゥゥゥ・・・」
10分も亀頭責めをされると、もうたまらない。
「扱いてイカせてくれぇぇぇぇ」
「ふふふ・・・どうしようかなー」
と言いながらサオをシコシコ、出るっ!と思った瞬間、絶妙なタイミングで寸止めされた。

ハアハアしながらチンポをビクビクさせた。
「反っててなかなか素敵なチンチンね。気持ち良さそう。離婚するなんて、元妻さん、勿体ない事するなあ。」
と言いながら、再び亀頭責めから竿をシコシコしての寸止め責めを繰り返されて、悶絶。
チンポを弄ぶ美人チーママの卓越した亀頭責めと手コキで、射精寸前まで追い込まれての寸止めを繰り返されて、
「ヒィィィィィィィィィィ」
とついに発狂してしまった。

ここまでイク瞬間を見極められるチーママって、いったい・・・風俗嬢だったのかと思った。
発狂させられる程のタイミングで寸止めを繰り返されると、射精する前に精も根も尽き果てた。
発狂した私を見て、チーママは高速シコシコ、寸止めを続けられたチンポは、ものすごい勢いと量の射精をした。
と思ったら、亀頭責めと寸止め地獄で憔悴しきったところで、射精直後の亀頭責めをされた。
これは強烈な刺激で、仰け反ってしまった。
大量射精で終わりだと思った私は、射精直後の敏感亀頭を高速撫で撫でされ、精液ではない液体をチンポの先から噴いてしまった。
「男の潮噴き~~」
とチーママは大はしゃぎで、再び勃起させられたチンポは、再び亀頭責めと寸止め地獄を味わったのだ。
二度目の射精を焦らされて、
「ねえ、私と付き合わない?私、このチンチン好きよ。できたら、私の専属チンチンになってくれたらもっと嬉しい・・・」
「ハアハア・・・なる。専属チンチンになるから、イカせてくれ・・・」
シコシコシコ・・・ドッピュピュピュ~~~
2度目の射精とは思えぬほど、大量射精した。

後日、チーママに婚姻届けを出された。
「専属チンチンの契約書。サインしてね。因みにあの時の動画、田yんと約束した証拠に撮影してたからね。」
こうして今は、チーママの夫となって、チンポを甚振られる毎日・・・
因みにあのスナック、チーママと結婚した1年後に、道路拡幅で立ち退きになった。
チーママはそれを知って、卓越した手コキテクで俺の妻の座を射止めたのだろう。
今はヘアスタイルもストレートの黒髪にして、清楚な雰囲気の美人お母さんになってる。

14+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!