エッチ体験談が11,000話を突破しました。

私の知らない妻の性体験

PR

夫さんから投稿頂いた「私の知らない妻の性体験」。

眩しそうな目をした綺麗なお嬢さん、それが妻でした。
公民館での催しで知り合い、何となく気が合っていい雰囲気になり、私から交際を申し込んで付き合いました。
当時24歳だった妻を初めて抱いた時、妻が開いた股間には、過去に誰かの使用歴を感じる陰唇が割れていました。

陰核を舐めると、あっという間に勃起させて身悶えし、膣口を濡らし、吐息を漏らしました。
そして、私の陰茎を口に咥える時、亀頭に添えた指をゆっくりと陰茎の根元に向けて扱くようにしながら、もう片方の手で睾丸を軽く揉み、亀頭を中心に舐め回しました。
私の元カノの中には例がない、特殊な舐め方に、知らない男の仕込みを感じました。
私の陰茎を抵抗なく生で受け入れ、私の腰の動きにシンクロさせて、感じる場所を示すように腰を動かし、喘ぎ乱れました。
私の陰茎で喘ぐ綺麗なお嬢さんの嬌態は嬉しくもあり、そこまで仕込んだ男に嫉妬心を感じたり、複雑な思いが交錯しました。

その日の夜、色々な思いが頭を巡りました。
24歳の綺麗なお嬢さんは、過去に他の男にヤラれまくっていたのです。
私が知らない男に陰唇を割られて陰核を舐められ、その男の陰茎を何度もおしゃぶりしてその独特な舌使いや指使いを仕込まれ、生の陰茎で膣内を掻き回されて感じる場所を開発され、精液を掛けられたり、或は中出しされたかもしれないのです。
若い頃の妻と元カレは、いや、元彼達かもしれませんが、何回も妻とヤリまくって、妻の陰核付近の陰唇を赤みがかった色にしてしまったのです。

そして、私が大学生の頃に付き合っていた彼女とのセックスを思い出していました。
それは、貪り合うように交わっていました。
テクニックなどまったく考えず、繰り返し腰を振り、繰り返しグラインドさせ、彼女が感じて喘ぐ姿を楽しんでいました。
普段、キャンパスではしゃぐ朗らかな彼女が見せる淫らな姿に、不思議な感情を持ってそれを見て、その優越感に浸っていました。
休みの日には、一昼夜裸でベッドの中で乳繰り合っていました。
きっと、妻も若い頃は、そんな行為に耽っていたんだろうなと思うと、とても切なくなりました。
でも妻は、誰かの手垢が付いた身体でも、諦めきれないほど私の心奪う綺麗なお嬢さんで、私29歳、妻25歳、交際1年で結婚しました。

私の大学生時代の元カノも結婚しているでしょう。
元カノの旦那さんは、私が元カノの19歳の処女膜を破った時の事や、元カノと私がどんな性行為をしたか、元カノがセックスを覚えていった過程とか、気になっているのでしょうね。

10+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR