エッチ体験談が11,000話を突破しました。

[砲身磨き] ああ少年志願兵哀れ!。

PR

ぼくさんから投稿頂いた「[砲身磨き] ああ少年志願兵哀れ!。」。

15,6といえばいつの時代も同じオナニ―盛り,10代の少年志願兵でなりたつ海軍には伝統的罰直があったという。その名を[砲身磨き]という。少年兵は14歳から15,6で志願してはいる。14歳で志願する「海軍特別年少兵」という映画もあった。

昔日本が農村主体の貧しかった時代。小作で頭が良くても中学校に進めない優秀な子は、くいっぷちを稼ぐため早く志願したのだ。

昔鉄砲は天皇陛下からの授かり物、陸軍でも海軍でも毎日きれいに手入れしておく。それは夜突然行われる…皆が寝静まる頃 古兵が銃の点検を行う.そして手入れの良くないのを発見するや、総員起床となる。

そして、その班全員が前に出され往復ビンタを食らって、「連帯責任」で班全員砲身磨きというのを命じられることに。むしろ、砲身磨きを見るために行なう。砲身なら別にどうってことはないと想うかもしれないが、「砲身」とは銃のことではないというのが、この罰直の罰直たるところというか、いやらしいところ。

砲身とは、全ての男子が股の間に付けているモノといったらわかるだろう。それを磨くつまりセンズリ(自涜)のこと。

つまり銃の手入れにかこつけ、センズリを掻かせること。一番多いのが15、6、オナニー盛りの今で言えば高校生位か。一番恥ずかしい年頃、同じ年頃の他の者や古兵が取り囲む中、たとえ自分は落ち度はなくても班の「連帯責任」で、班の全員がフンソシも許されないスッ裸になり直ちに実行しなければならないのだ。

まず自分の物を砲身にしてから、たっぷり磨きを掛ける。 でも、なかなか砲身にならないのだ。周囲で、嫌らしい囃子の中、一番恥ずかしい年頃の少年達が繰り広げる羞恥の世界。 これは班で競わせる意味もある。恥ずかしがっていたら、いつまでも柔らかいまま。。

発射テストも有り、射精してひとりふたりと許され減っていって、恥ずかしいことを一気に出きる者は早く開放される。

この罰直の残酷さは、恥ずかしがれば恥ずかしがるほど、いつまでも恥ずかしい想いをするということ。

そしてそれはいつも原因を作った当事者ということ。頭も良くエッチなこともいえないような子ほど、手を指を淫らに動かすのも恥ずかしくて砲身にもならず、いつまでも続けることに・・.そしてだんだんすくなくなって来ると気持ちもますます落ち着かない。一人二人になり、ますます勃たない。

そうして最後になるのは、決まって当の本人、みんなをこんなことに遭わせた罪の意識や、受けた厳しい罰直もあって・・考えてみてください、エッチなこともいえないような子が一人になっても許されず、15、6~7のオナニー盛りとはいえデリケートな男の子が真っ赤になって、自らの体を使っての正視できない淫らなことをさせられるのだ…それをまわりで・・。

また,要領の悪い者が班にいる班はいつもしなければならないのだ。 

15,6と言えば、いつの時代もすることは同じ、しなければ夢精してしまう。しかも厳しい訓練で一人に成る機会もない。そういう年頃の少年たちに親心とうわけもないだろうが、徹底的に自らを否定し、自ら自らをいじめ尽くさねば解放されない恥ずかしい罰直。

本人は勿論、連帯責任で毎度突き合わされる者もたまらなかっただろう。(自涜はできるが)。今でいえば児童虐待だ。

これは、それを知ったうえで、ショーとして新人の、肌もまだ女の子より綺麗ですべすべ、男の器官もまだ15,6の少年、ふてぶてしい節くれだった兵隊のもではない一回り小さい皮を被った羞恥の器官、それを人前で自分でいじめさせられ、恥じらう姿、自分も新人の時させられたであろうそれを囃しながら、その一部始終を回りで見物する。それは古兵の特権。

いじめが猛威を奮った昭和59年、大阪のマンモス男子高校で起こったいじめ報復殺人事件、二人の一年生は同級生からいじめをうけていた。それも教室で自慰行為という思春期の少年なら誰でもするとは言え、人前でできない恥ずかしい行為を強要されてさせられていたのだ。

最初は授業中の教室の机の下で、でも射精しないと言って今度は昼休みの教室でさせられたが射精できなかったので、今度は放課後の教室で時間制限もなくたっぷりさせられた。。二人はクラスメートの見ている前で人に見せられない淫らな行為を何度も何度もさせられた。

今、中学、高校などでいじめにこうした衆目の中での「自慰行為」という一度そんな行為を見られたらいきていけないようなことをさせるいじめが密かに確実におこなわれているようだ。自殺の背景にこうした性的いじめがある。

いじめられるのは、勉強はできるがスポーツは苦手、エッチなこともいわないいい子だったり、なかなか勃たないようだ。自殺の原因にもなっているようだ。二人は少年院送りとなったが1年で解放となった。

それは思春期にある少年にとってあまりにも残酷な事だとだれもが認めるようなことだからだからだが、同じ思春期真っ盛りの年頃の無垢な海軍少年志願兵では、同じことが日常的伝統的に行なわれていたのだ。

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR