エッチ体験談が11,000話を突破しました。

高校時代のブス子と…

PR

小迫さんから投稿頂いた「高校時代のブス子と…」。

高校時代、中々のブス子がいた。選択科目とかが一緒だったので、課題のこと等で話すことはあったが、友達と呼べるかは微妙なレベルだった。

大学は互いに違う県外に行き、4年間会う事は無かった。
オレは地元の銀行に就職をし、多忙な日々を送っていた。

3年目の春、ブス子がオレと同じ支店に新入社員として配属された。
お互い滅多にいない名前だったので、すぐに気づいた。ブス子は面影こそ残っているが、眼鏡をコンタクトに変えていたり、メイクで昔よりはまともに見えるレベルに成長していた。
何より、高校時代は太めだったのだが、ダイエットしたのか、出るとこは出てる様な良いスタイルに変貌していた。
オレの支店は女性社員のレベルが高いらしく(他支店が羨ましがる程)、オレ以外の男性社員はブス子は眼中に無かった。

歓迎会の時、ブス子と久しぶりに話した。聞くと法律系の大学に行ったが、自分に合わないと感じたらしく、卒業後、専門学校に入り直して金融系にシフトチェンジ。運良く地元の銀行に入社出来たとの事。
同期とは年齢差があるので同い年のオレがいて内心ホッとしたらしい。便宜上、流れで連絡先を交換。しばらくはブス子が忙しく、業務的な話しかしていなかった。

1年くらいし、お互いに余裕が出て来て(ブス子は要領がいいので、仕事に慣れるのが早かった)
軽くご飯に行く間柄になった。共に地元の友達とは小まめに連絡を取っていなかったので、休日は予定が無かったからだ。仕事の愚痴、高校時代の話など話題はいくらでもあった。カレカノがいない事もお互いに周知となった。

その年の夏、職場での飲み会があり、2次会が0時近くで終了。タクシー代がもったいないので、会場から近いブス子の家に泊めてもらう事になった。ブス子は実家ではなく、一人暮らしをしていた。割りと新しめのマンションだ。
この時点でオレに下心は一切無かった。しかし、1週間程抜いてなかったのがネックだった。
ブス子が先にシャワーから出てきた。なぜかバスタオル姿で。わざと谷間を出していた。
オレもシャワーを浴びた。念の為、股間は入念に洗った。風呂から出ると、ブス子が全裸でベッドに待っていた。ムチっとした肉つきの脚、Fカップはありそうな胸、何よりM字開脚でマンコが丸見えだった。

「来て。」ブス子のこの言葉でオレは火がついた。腰に巻いていたバスタオルを外し、猛然とブス子に襲い掛かった。
全身愛撫、特にクンニはしつこく責めた。クリを甘噛みすると、いい声で喘ぐブス子。
攻守交代でブス子の責め。舌先で鈴口を責めるフェラが堪らない。玉舐めも絶品。

お互い我慢出来なくなり、挿入へ。
しかし、コンドームの持ち合わせが無い。
「生でいいよ。」とブス子。
オレは大の生ハメ好き。躊躇なくインサート。
根元まで挿入すると、ブス子の膣がオレのペニスを締め上げる。
まさかの名器!巾着!
(ヤバい、めっちゃ気持ちいい!)
オレは夢中で突きまくった。しばらくすると、陰毛と根元に白い粘液がまとわりつき始めた。
ブス子の本気汁だ。ネバネバして、突く度にヌチャヌチャとイヤラしい音がたつ。

ディープキスをし、オレはブス子に唾液を垂らす。目をトロンとさせ、ブス子がそれをゴックンする。下からブス子がオレの乳首を刺激する。絶妙な抓り加減で思わず吐息が漏れそうだ。

やがて、フィニッシュに入る。ピストンを早め、射精感を高める。
オレのフィニッシュを感じたのか、ブス子がオレの背中に手を回し、腰に足を絡める。だいしゅきホールドというヤツだ。

俺「ヤバい、出そう…」
ブ「いいよ、出して…」
いっこうに離す気配がないブス子。
俺「ブス子、出るから!」
その瞬間、耳元で囁かれた。

ブ「中に出して…」

その言葉に一瞬、気が緩み、オレは溜めていた精液をブス子の中に放出した。中出しだ。
大量に射精した。

射精後、開放感と気持ち良さを少しだけ感じた。その後、襲ってくる賢者タイム。
俺(あれ?オレ、ブス子に中出ししちまった…)
密着正常位の体勢から上半身を起こすと、
満足気な表情のブス子。
ブ「気持ち良かった?中出ししたから、これでカレカノだよね?」

何とか言い訳しようとしたが、ブス子が手に取ったのはカメラ。オレがシャワーの時にセットしていたらしく、さっきまでのラブラブHがガッツリ撮影されていた…
ブ「これでも言い訳出来る?笑」
まさか男のオレがビデオで脅されるとは…

それからなし崩し的にブス子と交際が始まった。職場にバレるとどちらかが他支店へ異動(この場合、おそらくオレ)になるので、職場では同僚、その他ではカレカノという関係になった。
まあ後から聞くと、職場の殆どの人間がオレとブス子が交際している事に気づいていたらしいが…

いざ付き合ってみると、ブス子は家事全般をそつなくこなし、料理も美味く、オレの弁当も時々作ってくれた。勿論、Hの相性もいい。
ブス子のマンションのが職場に近いので、度々お泊まりさせて貰った。半年も経つと、ほぼほぼ半同棲の様な状態になっていた。

交際から1年して、ブス子が妊娠。
結婚が決まった。

15+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR