エッチ体験談が10000話を突破しました。

私は可愛い妻のマゾペットです

ペット夫さんから投稿頂いた「私は可愛い妻のマゾペットです」。

結婚して10年、44歳になる私は、一回り年下のサド妻のペットです。
普段は、「おチンポ緊縛」と言うチンポの根元を紐で縛られて強制勃起させられ、騎乗位で妻が満足するまで腰を振られます。
途中で射精は許されません。

万が一途中で漏らそうものなら、恐怖のエネマグラ挿入でアナルに栓をされて、再び強制勃起で腰を振らされます。

妻が生理の時は、ベッドの上に仰向けで大の字に縛られ、腰下に枕を入れて腰をつきだすようされます。
小型の電気マッサージ器でブブブブ~~と亀頭マッサージで悶えさせられ、ガマン汁がダラダラ出るほど感じさせられたあと、皮を剥かれてカリから上の亀頭を指でネチネチと責め立てられます。
ローションまみれにされた亀頭は、ガーゼみたいな布で擦られます。
気持ち良いけれど、射精までには至らない地獄の時間です。
亀頭責めは20分ほど続きますから切ないのです。

その後、肉棒扱きが始まりますが、ローションだらけの手で、雑巾絞りのように扱かれると気が狂います。
亀頭だけじゃなく竿を扱かれるので、射精したくなりますが、夫婦なので妻は夫の射精の兆候を完璧に察知します。
射精寸前で止められて、再び亀頭責めされて悶え、暫くするとまた扱きながら射精寸前まで追い込まれて止められます。
これを5回くらい繰り返されると発狂寸前になります。
8回目くらいには意識が遠のくので、反応も悪くなるのでしょう。
最後は強烈な快感と共に、悲鳴とも嗚咽ともつかない声をあげながら精液を噴き出します。

これが、教え子に手を出した男の末路なのです・・・
いくら可愛くても、
「先生、好きです。」
の言葉に、セーラー服少女を押し倒してはいけません・・・

10+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!