エッチ体験談が11,000話を突破しました。

近路したばかりに 潜む少年の敵 えじきにされる少年哀れ

PR

ぼくさんから投稿頂いた「近路したばかりに 潜む少年の敵 えじきにされる少年哀れ」。

男の子も狙われる、性の被害に男の子も女の子もない。以外にも男の子の場合C学生○3歳が一番狙われる。

大阪万博のあった昭和45年春休み、桜咲く4月早々,もうすぐC一、二になる希望に満ちた仲良し男子C学生二人を待ってたのは、スケートリンクに行こうと、そんなことは夢にも思わず、いつものように近道をようと公園の植木の隙間から人気のない公園に入ったのだ。

そこに待ち構えていたのが男の子の敵・変質男。・・二人はナイフで脅され、公園の野球スタンドの階段下の空間に連れ込まれてしまった。

そこは、後からわかったのだが、これまで通学などの男子C学生が何人も襲われていた。女子ならぬS学生ならぬ男子C学生が性の被害を受けるなんて誰も想像もできない事。でも男子の場合はC学生○3歳が一番多い。

公園の裏には細い道を隔てて大きな都営団地があり、二人は団地に住む、公園の向こう側には中学校があって、公園には植込みの柵があって普段通れないのだが中学生男子の中には、朝そこを潜りぬけて近道して学校に通うものがあった。

二人はそんなことは夢にも思わず、男子C学生が狙われていたそこを通り抜けようとしたのだ。

そこに獲物を狙って待ち構えていたのは男子C学生ばかりを狙う狼だった。
公園は一段高いところにあり、植え込みは土手の上にある。

ちょっと来い!,そう言われると野球スタンドの下に連れ込まれてしまった。
そこで二人はナイフを突きつけられ「素っ裸になれ!」と・・・。
股を合わせ腰をくの字にして両手で覆って必死で隠そうとする二人。
容赦なく、嫌がるのをお前からだと引き寄せると、隠す両手を外して、そこに手を伸ばす・・。

そんなやっと萌芽の兆しもあるか無きか程度の瑞々しい少年の羞恥を踏み躙り、味をしめ、その固くなったところから初めて吹きだすものを容赦なく飲み込む淫らな欲望、それがこれから・・

都会に潜む死角、これからC学入学式を迎える6年生と、これから二年生になる一年生。

桜の花の咲く中、希望に満ちたはずの仲良しの二人、二人で公園の向こうのスケートセンタ―に遊びに行こうと、近道したばかりに・・・・。
小雨が降る誰一人いない公園の野球場の階段下。

そんなエッチなこと勘弁してください!、まだ声変わりしない少年の喘ぎ声、容赦しないぴちゃぴちゃと淫らな音・・、男の脅す声。無防備に剥きだしの姿にされて、友達の正視出来ない姿を前に、順番を待つもうひとりの少年。次は自分もあんなことをと思うとたまらないだろう。

淫らな欲望を遂げすべてが終わり、ぐったりして、しくしく泣く少年。次はお前だ!、・・勘弁してください・・必死の哀願もかなわず、誰もいない階段下で容赦なく手を引き寄せ辱めを加える・・。

耐えられず、もう勘弁して!・・そう悲鳴を上げて赦しを乞うたばかりにナイフで刺された少年、それを見た最初の少年は素っ裸のまま、広い野球場を横切り裸のまま民家に駆け込み助けを求め発覚・・

僕は、街でみかける少年、トイレで便器にくっつけるようにしてオシッコしてる可愛いC学生の美童達と重ね合わせ、その子が知らないところで恥ずかしい目に遭ってる場面を思い浮かべながら、自分がそうされてるように、自分のC学生みたいな敏感なところを、そんなことやめてと一人いじめるのです。自分のものは少年の、それをいじめる自分の指は男の・・

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR