エッチ体験談が11,000話を突破しました。

同級生のマキの親友ゆき

PR

島田くんさんから投稿頂いた「同級生のマキの親友ゆき」。

マキとの二回目が終わり家に帰った次の日の仕事中にゆきとLINEで友達設定になりました。
私の方からメールはせず、ゆきからメールが来るのを待ちましたが一週間経ってもメールなかったので「ないんかな」と思ってました。

しかし次の週に入るとゆきからメールあり
「マキから話しは聞いてると思いますが私とはいかがですか?」という他人行儀な文面でした。
まぁ、元々仲良しだった訳でもなかったので他人行儀は仕方ないかと思ってましたが…
ゆきからのメール内容で他人行儀な訳が解りました。

「マキから聞いてると思いますが私は自分で言うのも何ですがドMなんです」「私もバツイチなんですが前の旦那にドMを仕込まれました」「肉便器となった私の体を試してみませんか?」「中出しは勿論、精子も小便も飲みます、アナルも調教済み、露出も抵抗なくできます」「マキは島田くんとはセフレだと言ってましたがセックスパートナーとしてはマキとは違う自信はあります」「島田くんとプレイをしてみてになりますし、島田くんが私の肉便器を気に入ってくれたらになりますが、私のご主人様になりませんか?」「興味あったらお返事ください」
という内容でした。

そのメールを読んだ時、正直なところすごく悩みました。
ゆきにはすごく興味は湧いてきましたが、マキの体やマキとのエッチは自分と相性抜群だと思ってたので…悩みました。

ゆきへの返事もマキへのメールもしないで一週間が経つ頃、マキからメールが来て「ゆきが島田くんにメールしたって言ってたけど返事してないんだって?無視は良くないよ!」と怒られました。
マキには正直に悩んでる事を伝えてマキの事がすごく気に入ってる事も伝えると「私の事を気に入ってくれてるのは嬉しいけど、私たちもういいオバサンといいオジサンなんだから付き合うとかじゃなくセックスパートナーとしてそれぞれがやりたい時にやりたい人と楽しめばいいんじゃないの?」「島田くんとゆきが関係持っても何とも思わないし私が島田くんとやりたいと思ったらゆきに気兼ねなく島田くんを誘うから」とも言われました。

マキのそのメールで吹っ切れた私はゆきに返事しました。

「返事遅くなってごめん…色々悩んでたから」「ゆきのドMはすごく興味あるから是非やりたいと思う」「ゆきが理想としてる主従の関係になれるか解らんけどゆきを虐めたいと思う」とメールすると、すぐに既読になりしばらくすると返事が来ました。
「返事ありがとうございます、私に興味を持っていただいたみたいでとても嬉しいです」「島田様の指示には絶対にNOとはいいませんので私の肉便器を好きにお使いください」「これからはメールや二人きりの時は詰るような言葉をお使いください」との返事でした。
私からは「ゆきは本当にエロい女なんやな」「自分の事を肉便器だなんてドMで淫乱なんやな」とメールすると「はい…ゆきは淫乱メス豚です」「島田様の肉棒でお仕置きしてください」とソッコーで返事ありました。

そして二週間後の土曜夜に会う約束をしました。
「島田様からお会いできる日を決めていただきとても嬉しいです」「私の方から島田様にお願いするなんて大変申し訳ありませんが、もしよろしければお会いする日までザーメンを溜めていただけませんか?」「ホテルでのプレイでしたら入室したらすぐに口でご奉仕させていただきザーメンを全ていただきたいと思います」とのメールに「解ったぞ!ゆきの喉奥にたっぷりザーメン吐き出してやるからな!」「はい、ありがとうございます、それを想像しただけでゾクゾクいたします」「俺から指示な!出来るだけ小便を我慢して来るのと俺が興奮してその気になるような格好で来るんやぞ!」「はい、島田様に気に入っていただけるようにいたします」

そういうメールをやり取りしていると、ゆきに会いたい気持ちが高ぶり約束の日を心待ちにするようになりました。

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR