エッチ体験談が11,000話を突破しました。

浮かぶ少年狩りと少年の性 ・・孤独なぼくの慰みとトキメキ

PR

ぼくさんから投稿頂いた「浮かぶ少年狩りと少年の性 ・・孤独なぼくの慰みとトキメキ」。

恥ずかしいところが少しばかり大きくなったころ、恥ずかしいところに萌芽の兆しがあるかなきかの、12,3の男子中学生、まだ腰も細い、は女の子よりデリケートで羞恥心が強い!。

越境通学や有名中学校の多い駅のトイレでまだ細い腰をした学生服の美童の中学生が、両脇を気にしながら、さも恥ずかしそうに、両手でしっかりガードして、便器にく付けるようにしておしっこしている羞恥の姿を見かける。

そんな東京山の手の中学の修学旅行の入浴で、男子がブリーフのまま入って、後にブリーフがいっぱい残って困った旅館が、ブリーフを洗濯してたたんで学校へ送り返したという新聞記事が以前あった。男子のほうが恥ずかしがっているという。
恥ずかしがれば恥ずかしがるほど、隠せば隠すほど、そんなのをちょっと覗いてみたいもの!。

そんな女の子より羞恥心の強い男子中学生の羞恥の美学、勉強のできる子でも、そこがひとまわりおおきく、青年より一回り小さく発育し萌芽の兆しを秘めた秘密の器官を、ひとり孤独の慰めにイケナイことに耽り、ひとりこっそり苛め抜き・・おおきいのちいさいのって・・少年を愛するのは男色といって大昔からあるごく普通のこと。

そうした少年ばかりを狙った少年狩りが知らないところで今日も人知れず。男色とは少年愛のことで、その二大秘儀が鶏姦(肛交)と「一節切」(ひとよぎり)といって、尺八(間に二節)に対し間に一節の一回り小さい竹の笛、つまりまだ一回り小さい笛、少年のを吹く、それでも口の中で竹のように精一杯固くなった様。フェラのことで、便器にくっつくようにしておしっこしている中学生にとっては、その恥ずかしい処をよりによって口にされてしまうわけだからそれは気の遠くなるようなことにちがいない。

でも人知れず、そんなエッチな事勘弁してと必死に哀願し悶えるだろう少年もいるだろう。その考えることもできない淫らな行為によって恥ずかしいところが笛のようになり、ぴちゃぴちゃしゃぶられるしかない。女の子より恥ずかしいことになる少年の性・・それによってはじめての精通を迎えることになった少年も沢山いたことだろうと思うと・・。

ノンちゃん事件(加藤治成)は、昭和45年、大阪万博の最中、都内近郊で少年狩り、男子小中学生約30人にわいせつ行為をしていたことが分かった・・・あの昔のJr.と同じで最初にされるのはフェラという・・これは昔からある男色の秘儀「一節切」(ひとよぎり)という。

男の子の場合「乱暴」とかはないが、男の子も女の子も同じ、むしろ少年のほうが残酷ものがtリ。加藤の場合小型トラックを使って方々を動き回っていたが、まだ郊外に住宅が建ち始めて広大なあちこちに広大な雑木林や叢があって街灯もあまりなかったころ、男子中学生でも広大な叢に連れ込まれイタズラされ少年の羞恥をしたという事件も少なくなかった。

そんな郊外のバス停とかで待っているいい子を見つけると、送ってやろうと声をかける。当時は東京郊外も広大な畑や雑木林があってバスも少なかった。そんな郊外のバス停でバスを待ってるかわいい少年、いい子がいたとみると、車を止めて送ってあげるよと声を掛ける。男の子も、男の子だからと何の心配も無く、いい人だと応じる・。

ドアを開け運転席から手を差し出して引っ張り上げる時、馨しい少年の薫り漂う少年、中学一年生を引き上げるとき、いつものようにこれからすることを思って激しく興奮したそうだ。
そんなこととは露知らず、いいおじさんだと思って車の座席に乗った少年。しばらく話したりして車を止めると、いよいよ本性を表す・・。
狭い座席の上で、これからすることを予告するかのように、男の子を確認するかのように、少年の触れてはならないところに手を伸ばし、感触を楽しみ、無理やりチャックに手をかけ・・、そして顔を埋める・・。

あ!、やめてください!、そんなエッチなこと・・・必至で哀願し逃れようとする少年・・
海軍軍学学校、少年軍楽学校で上官から男色を教え込まれた加藤、切手のおじさんと言われ、公園で切手を配ったり車に乗せたりしていた。
やめてください!、かんべんしてください!、そんなエッチなこと!・・あまりなことに、必死でその行為から逃れようとするのを、いつものようにダッシュボードからナイフを取り出して突きつけ、おれはエッチといったために殺したガキもあるんだ!とすごんだ。

13歳の少年の羞恥を踏みにじり、しゃぶりつくし,犯しつくし凌辱しつくした。都内の公園で全裸にされ写真を撮られた中学二年生もいる。
人里離れた村山貯水池の雑木林まで連れていかれそこでいいよういされたものもいる。

最初に口を使い、お尻も侵す。「男色」の秘儀でもあり、「郷中」や「陸軍幼年学校」では普通に行われた「義兄弟の契り」の秘儀である。
 腿開き 薫り貪る 一節切
 細い腰 白腿開いて 踊り喰い

無毛の綺麗なわずかに膨らんだ13歳の少年の下腹の平原に付くように淫らな姿で聳え立つその笛を自分がかって上官にされたように容赦なく吹く・。
僕はいつもオナニ―するとき、そんな場面を、そんな淫らな、僕が中学生の時された羞恥の場面と重ねて思い浮かぶ、そしてそんなエッチな事勘弁してと・まだ13歳の中学生と変わらぬ、敏感な包皮に固く包まれた僕のものに・・・いつものように三本の指を添え、ひとり小刻みに、ときに荒々しく・・・。

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR