エッチ体験談が11,000話を突破しました。

友達の家の応接間で

PR

みゆ希さんから投稿頂いた「友達の家の応接間で」。

私、みゆ希はs学六年生でした。

1学期、大型連休がすんだころ同級生のマキ斗クンが、
「昔の詩集の初版本の復刻版を見せてあげる」なんて言うので 本好きの私は興味をひかれ、土曜日の午前中から、彼の家に行きました。

すごく大きな一戸建てでした。
「マキ斗クン『いい家のお坊ちゃん』だったんだ……」勉強ができる男子だとは思ってましたが、家のどこを見ても壁が書棚で、本が詰まっているのです。

広いリビングで彼が持ってくる『若菜集』や『海潮音』といった詩集の復刻版を見ていると、
「マキ斗~」と、彼のママが入って来ました。「パパのお店に偉いお客様が来るそうだから、ママもあいさつに行ってくるわ。」

彼のママが出てゆくと、
「じゃあ、応接間へ行って本を見ようよ。」と彼は私を連れて行きました。

    ━━━

(うっひゃあー、すごい!)
応接間にも、ガラス戸のついた書棚がいくつもありました。
私がそこに並ぶ本の背文字を読んでいると、マキ斗クンがテーブルの上にあるケースを開けて何かを取り出しました。

(えっ……?)

彼は葉巻……シガーをくわえたのです。
彼は慣れた手つきで、マッチを擦り 葉巻に火をともして煙を吹き出しました。

(マキ斗クン……s学生なのにシガーなんか吸ってるよ~)私が呆然と彼を見つめていると、彼はシガーをくわえて私の前に立ちました。

「みゆ希、ヌードになってくれよ。」

唇からシガーの煙をこぼしながらそんなことを言うマキ斗クンが怖くなって、私は黙って言う通りにしました。

ハダカになった私に近づいたマキ斗クンは、私のおっぱいをつかんで、乳首を指先でいじりました。
「ママが出てってくれてよかったよ…… みゆ希のおっぱい、まるでグラビアのモデルみたいだな……ずっと触りたかったんだ。」

彼の手はだんだん下に向かいました。お尻の谷間を撫でていた手が、何のためらいもなく私のワレメに触れて来ました。
(ああっ!)
私は、年中さんのころにはワレメをいじることを覚えていましたが、彼は私のワレメの一番感じる所をダイレクトに触れて来たのです。

(く、くすぐったい…… き、気持ちいい…… 他のひとに、こんなところ……触られたの初めてだけど…… こんなに…… 深く指を入れちゃうんだ……)

時々私の顔をなでる、マキ斗クンのシガーの煙。はじめは臭いだけだったその煙が、彼にワレメをいじられてるうちに、しだいに私の身体をフラつかせる香りになってきたのです。

「すげえな。ワレメぐちゃぐちゃだ。」
マキ斗クンはそう言って、私を床の上に寝かせました。そしてズボンとパンツを脱ぎました。
彼の股から勢いよくおチンチンが飛び出して、ななめ上を向いてそそり立ちました。

マキ斗クンは私の身体の上にかぶさって来て、そのおチンチンをワレメに当てて押しこもうとするのです。

「いっ…… 痛い、痛い。」

私が思わず声に出すと、マキ斗クンは、
「痛いのか。じゃあ、これをくわえてろ。」
とシガーを私の口に入れて来たのです。
私の口に、シガーが真上を向いて煙をたちのぼらせています。

(やだ…… こんなの何で入れるのよ……)

口の中がシガーの煙で苦くなって来ました。その苦さの中で、マキ斗クンは私のワレメにおチンチンを強く当てて来たのです。

(あれ、なんでだろう…… さっきほど……痛くない…… と言うか、気持ち……いい……)

私はちょっと顔を上げました。私のワレメに、マキ斗クンのおチンチンが入りこんでいるのが見えます。彼がちょっと身体を動かして、おチンチンが出たり入ったりすると、私の腰から下が勝手に動くほどくすぐったくなるんです。

マキ斗クンは黙って私の口からシガーを抜くと、自分でくわえました。そして床に手をつくと、腕立て伏せをするように身体を動かしました。

(あっ、ああっ、ワレメをおチンチンが擦ってる。ダメ、そんなに…… そんなに早く擦ったら、わ 私……)

「マ、マキ斗クン……」私の口から声が漏れました。「お願い…… ち、ちょっとゆっくり動かして……」

すると彼はシガーを口から離して、私の顔にフ──ッと煙を吹きかけたのです。
私は身体が浮かびあがるのを感じました。

(やだ…… 怖い。わ、私……このままどこかに行ってしまう……)

そんな私の手に、暖かいものがありました。
(マ、マキ斗クンの手だ…… マキ斗クンがそばにいてくれるんだ……)

  ━━━━━

「みゆ希さん、だいじょうぶ?」
マキ斗クンの声で、私は気がつきました。
目の前に、心配そうな彼の顔がありました。

私はハダカで、応接間の革のソファーに寝かされていました。
「うん…… だいじょうぶ……」
私はそう言うと、テーブルの上を指さしました。

「マキ斗クン…… シガー、火をつけてちょうだい。」
「え……?」
「吸いたい気分なの。」
「うん、わかった……」

マキ斗クンはテーブルの上のケースからシガーを出すと、口元をカッターで切り マッチを擦って火をつけました。

「はい。」そう言ってマキ斗クンが手渡してくれたシガーを軽く吸うと、私の心の中にある場面が浮かびました。

それは小さいころ、お留守番をしててこっそりパパのDVDで見た場面でした。
男の人と女の人が、ベッドの中で抱き合ったあと、二人ベッドでタバコを吸ってたのです。

私、なんでタバコを吸うんだろうと思ってたけど、わかりました。
エッチなことしたあとには、煙の味が欲しくなるんだ、ってことが。

4+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR