エッチ体験談が11,000話を突破しました。

亀頭バイブ「激震オナリズム」で妻にお仕置きをされた正月の夜

PR

射精夫さんから投稿頂いた「亀頭バイブ「激震オナリズム」で妻にお仕置きをされた正月の夜」。

一昨年結婚した30歳の会社員です。
27歳の妻は現在妊娠8か月です。
お正月、飲んでしまって身重の妻に後片付けをさせてしまったお仕置きに、亀頭バイブでお仕置きされてしまいました。

いつものようにお仕置き用の椅子に縛られてペニスを苛められると思ったら、
「ふふふ・・・コレ、買ったのよ。試してあげる・・・」
と言いながら「激震オナリズム」なるものを私のペニスの亀頭が包まれるように巻きつけました。
結構重くて、勃起していたペニスが横に傾きました。

妻は不敵な笑みを浮かべてスイッチを入れました。
ブーッ、ブーッ、と重い音が響き、バイブ本体が震えると強烈な快感が走りました。
ペニスが勝手にビクッ、ビクッ、と震え、私は女の子のように、
「ああっ・・・あああーーっ!」
と喘ぎ声を上げてしまいました。
妻は、両手でバイブ本体を包み込んで、
「うわー、結構強烈ね・・・」
とにやけていました。

約2分くらいは亀頭責めに耐えていましたが、妻がスイッチを切替て振動の仕方を変えると、振動は亀頭だけでなくペニス全体に広がり、
「あああーーーーっ!、ああーーーーーーっ!」
と悶絶させられ、あっけなく精液を噴出させられてしまいました。
ところが、妻は亀頭バイブを外してはくれず、射精中も射精直後も振動が与えられ、萎える間もなく勃起が継続させられました。
その快感は地獄のように全身を痺れさせ、身体がビクビク痙攣してしまいました。

亀頭へ与えられる強い振動とペニス全体に伝わる刺激に、
「ああ~~もうだめ~~~」
と叫んでしまいました。
それでも容赦なく与え続けられる振動に、私の腰はビクッビクッと勝手に反応していました。
そして再びペニスから精液がピュピュっと噴き出ますが、振動は止められません。

射精して萎えかけても、射精直後の敏感亀頭を振動されれば悶絶しながら再び勃起して、ビクビクさせられてしまいます。
その様子を妻に観察される屈辱、そして勃起したペニスをビクつかせる私に、
「またイッちやうの?ビクビクさせて、キモチイイの?」
と言葉責めまでされて、恥辱の射精を観察されるのです。
射精も4回が限界で、もう、勃起も頼りなくなったところで許してもらいました。

あの正月の夜以来、妻が妊娠出産の間の射精管理は「激震オナリズム」で一滴残らず搾り取られています。
「出産が終わってエッチ解禁になっても、私が生理の時はコレで抜いてあげるね。」
と可愛い顔で微笑みますが、可愛いだけにゾッとします・・・

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR