エッチ体験談が11,000話を突破しました。

遅漏、、妊娠

PR

リョウさんから投稿頂いた「遅漏、、妊娠」。

自分の最低な過去の事実をここに書こうと思います。

自分は結構な遅漏という悩みがあります。
エッチしてもイカないという。

長い時間前戯して、挿入して、体力が尽きたら、休憩して、また挿入しての繰り返しをして

それでもイかずにフェラで最終的にイカせてもらうという感じになります。

自分の12年ほど前の話をします。

自分が23歳の時の話です。

その当時、7個したの彼女がいました。

高校生ですね、16歳

世の中で言えば犯罪ともいえる年齢でした。

その子と付き合い始めて、その子の処女をもらい、少しずつですが、えっちの回数も増えてきました。

その子もえっちする事の気持ちよさに目覚めたようで

会う度に求めてくるようになりました。

しかもエッチしてもイかずに最終的にフェラでイかせてくれるようになり

フェラのテクももう上達し、毎回フェラでイかせてくれるようになりました。

付き合い始めて1年位たった時、自分は一人暮らしをしていた為

その彼女がもう頻繁に家にくる、泊まる頻度も高くなりました。

年齢は犯罪ともいえる年齢ですが、相手の親にも了承を得ての、付き合いではあったので

自分も彼女の家にお邪魔してご飯をご馳走になったり、お泊まりしたりもしてました。

彼女の親は結構オープンな人でした。なので、彼女との営みの話題で話したりもたまにありました。?w

彼女がラブホ行ってみたいというので、彼女の親に行ってきなよと言われ、彼女の家から見送られて
行ってらっしゃいと言われた事もあるくらいでした。

その中で、彼女は最近子供ほしいほしい言い始めてました。

俺や彼女の親はそれはちゃんと結婚してからにしなさいといってました。

その彼女の想いが行動に出るとはこの時には思いもしていませんでした。

もうほぼ、半同棲というか同棲というとこまで言える位になり

俺の家から学校に通い、俺の家に帰ってくるようになっていました。

とある日、俺が仕事休みで

彼女が学校から帰ってきたら、すぐに求めてきた日がありました。

なので夕方からもうエッチがはじまりました。

この日は何かが違う。

いつもよりも前戯の中でやるフェラがいつも以上に長い。

んで、いつもはもう入れたいと俺が言うと挿入するんですが、

この日が、違いました。

入れたいといっても、

「ダメ、まだフェラするの」

と言われて、ずっとフェラされていました。

もうこの子のフェラテクはもう俺好みの抜群なので、吸い方や俺がイきやすくなるようなフェラで
途中顎が痛いとなった時に休憩として俺が前戯を行う。

でも入れちゃだめとは言われていました。

すでに、はじまってから1時間はとうに超えていました。

とうとうこの時が、

遅漏の俺も、もうすぐイきそうだと言いました。

するとスパートをかけるように速度を上げて、咥えていましたが、

「あっ もう出る」

と言った瞬間

究極の寸止めをされました。

「まだイカせなーい」

と言われ、俺は

「えっイカせてくれないの?」

といい、まじギリギリでした。
もう1往復か2往復動いたら出てたくらい。

もうちんこはドクンと脈うってるくらいでした。

すこし休んだら、またフェラが、はじまりました。

1度イきそうになってるので、

ある程度すると

またイきそうになったので

「あっもう出る」

というと、また寸止め

この繰り返しを幾度とされて、

イきたいイきたい

となってました。

すると

「そろそろいいかな」

と言い始めて

急に俺に跨り、騎乗位で挿入してきました。

「あっあっ」

彼女もやっと入れられたからか、

きもちいいといいながら、かなりのスピードで腰振って騎乗位してました。

すると、幾度と寸止めされていた俺のちんこが

もうイきそうになってました。

この時、その彼女の、前にも何人もえっちしましたが、まんこでイクことのなかった俺が、

その彼女の、まんこでイきそうになってきました。

普段、自分の手や、彼女の口でしかイッたことのない俺が

その、彼女のまんこでイきそうになってきて

これまた感覚が違う。

それに俺のちんこが遅漏すぎるので、ゴムはつけていない。

初めての感覚にすごく気持ちくて

いつもならもうすぐイクと声に出すのに、この時はこの初めての快感に

声に出せずに

ああああっと言ってしまいました。

心の中では

【?やばいこのままだと中に出ちゃう】

と思いながらも、この快感をもっと味わいたい気持ちが勝ってしまいました。

もうこの時点で自分が、最低なことになってしまいました。

すると

もう我慢出来なくなってしまい

「あっあっあああ」

と出そうな事を手を使って相手には伝えていたつもりでしたが、

相手は騎乗位で必死に感じながら腰振ってました。

もう撃沈しました。

そのまま中だししてしまいました。

ああああっと言いながら

俺は彼女の膣の中に

人生初のまんまんで

人生初の生中だしをしてしまいました。

幾度と寸止めされていた俺のちんこから

なんども彼女の中に

脈うって発射してしまい、また、初の中だしを、もう堪能してしまった

彼女は、しっかり出終わるまで腰振ってました。

俺が出たあとに、抜いたら

中から俺の精子があふれていました。

彼女は中だしされて怒る所か
喜んでました。

やっと中だししてもらえたとか

その1発がヒットしてしまい

妊娠してしまいました。

後々の、話

危険日を把握して

俺がイクように寸止めして

中だしできるように騎乗位でやると決めていたそうです。

検査薬に反応し、

病院に行くと、妊娠しています。
との事

俺はさらに最低な事を

子供を、養っていく自信がない。

まだ収入も多くもないからと

俺の親と相手の親とも話し合い

おろす形をとりおろさせてしまったのです。

自分の、過去の最低な事実でした。

これを機に、

その後の彼女たちにも何人か中だししてもいいよ

大丈夫な日だからと言われても

絶対に中には出さないと思い、

まんこでイきそうになったらちゃんと抜く事をしています。

14+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR