エッチ体験談が11,000話を突破しました。

男とラブホに入ったのは好きだった女の子

PR

傷心男さんから投稿頂いた「男とラブホに入ったのは好きだった女の子」。

大学3年の夏、ラブホ街で夜間工事のバイトをしていました。
いろんなカップルが目の前を通り過ぎ、ラブホへ入っていきました。
工事している俺達の視線など全く気にせず、女の乳を揉みながら、ニヤニヤして男が歩いていきました。

その乳を揉まれてる女の顔をチラッと見て、慄きました。
同じゼミの同級生の架純ちゃんでした。
清純そうで可愛くて、とても真面目な女の子なので、恋心を抱いていました。
その架純ちゃんが、サラリーマン風の男に乳を揉まれながらラブホに入っていったのです。

2時間後、架純ちゃんがラブホから男と出てきました。
男は満ち足りた表情で、架純ちゃんは気怠そうな表情で、目の前を通り過ぎました。
夏の蒸し暑い夜、薄着の架純ちゃんの胸元にキスマークが2つ見えました。

朝方工事が終わり、アパートに帰りましたがなかなか寝れませんでした。
あの架純ちゃんが、サラリーマン風の男にベッドの上で裸を見られ、乳首を摘ままれ、陰唇を開かれ、陰核を舐められ、陰茎を咥えさせられたのです。
裸で抱き合い、舌を絡めて唾液を混ぜ合い、男の陰茎を架純ちゃんは膣内に何度も出し入れされて、架純ちゃんの膣口から愛液が大量に溢れ出したのです。
ラブホの部屋に架純ちゃんの膣にめり込む陰茎が奏でるヌチャヌチャという音が響き、架純ちゃんが快感に耐え切れず、あの可愛い声で、
「ああん・・・」
と喘いだのでしょう。
最後、あのサラリーマン風の男の陰茎からほとばしった精液が、架純ちゃんの膣内に注入されたのでしょう。

あれ以来、架純ちゃんを見る目が変わってしまいました。
可愛いその唇はあの男の陰茎を咥えた唇、まだ処女のような架純ちゃんの膣にその陰茎が差し込まれ、清純そうな顔を歪めて喘いだと思うと・・・

15+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR