エッチ体験談が10000話を突破しました。

寝取られているはずはない

としおさんから投稿頂いた「寝取られているはずはない」。

アンケートで、寝取られているはずはない、という夫(男性)は、どの位いるのかというと、40%。ということは、60%の夫は、妻を誰かに、寝取られているか、寝取らせていることになるのだ!しかも、寝取られているはずはない、という夫の中には、妻がすでに、不心得をしている、寝取られているケースが(かなり)あるというのです。

私の妻は、28歳の時、ボクと結婚しました。小学校の音楽教師です。結婚するという段階になって先輩教師から、妻の男性遍歴を聞かされ、考えた方がいいなどと言ってきました。今時、処女を求めるなんていうことは考えていませんですし。男性と恋愛経験があるのは当然と思っていました。

妻は、結婚する時、浮気はしません、同じ石には躓きません、と誓ってくれました。
音楽教師だけあって、声は澄んでいて、小柄ですが、可愛いげがあり、バストが大きく、いわゆる男好きガする顔立ち です。そう誓ってくれましたが、それだけが心配でした。

ボクは、営業の仕事で勤務時間がマチマチ、時には、朝帰りということもあります。妻の方は、公務員で定時の五時に終わって、遅くも六時には自宅に帰ります。
お互いの心に少しずつ隙間ができてきていたのだと思います。妻は常々、紙に二つの円を描いて、夫婦は、この円が少しでも重なっていなければ意味がないわね、と言っていました。その重なりを埋める一番の方法は、妻を愛するほかないと、週に二三回は、夫婦生活を心掛けました。

夫婦の会話の中に、一人の男性の名前が出るようになりました。よく、男の名前が出るようになると、浮気を疑えと言います。
それでも、夫婦生活は続けているし、満足をさせている積もりです。新任の教師と妻が間違いを起こすことは、ないと確信していました。
ボクは、仕事で、日曜も祝日もないという生活をしていました。
周りで、主婦の不倫が当たり前のようになっています。一番多いケースは、夫が仕事で留守の昼間デートして、夫が帰宅する前までに、妻が家に帰っているのだといいます。

妻は、ある日、こんなことを言ったことがあります。
最初の子供を身ごもったころでした。
「……生徒の父親がね、付き合ってくれないかっていうのよ。それで、私、妊娠しているのよって言ったら、じゃぁ丁度いいじゃないかって云うの、そういうが早いか、私のお腹をさすったりしたの」
妊娠中の妻に求めてきたというのです。
こういう時は、何事もないケースです。
世の中に、妻の不倫を防ぐ方法は、あるでしょうか?
無防備の妻に鍵を掛けたり、綱で縛ったりできるでしょうか。
昔、正月になると、亭主がお伊勢参りに出かける前に、
「……留守の間に浮気したら、抜けなくなるぞ」と言いおいて出掛けたという。
亭主がお伊勢参りに出かけると、案の定、間男がやってくる仕儀になるわけ。すぐ男女のことになるのだが、始めは恐る恐る取りかかるのだが……。こんな川柳が残っている。

ぬっと入れ まず抜いてみる 伊勢の留守

一気に入れたりして、ホントに抜けなくなると困るから、少し入れて、抜けるかどうか試してみてから、大丈夫だとわかれば、後は、根元まで挿入して楽しむというわけです。

妻を誰かに盗られているかも知れない、いやそんなことはないはす、と考えるほど不安なことはありません。
世の夫の多くに、妻が寝取られているはずはない、と思っている中に、すでに、奥さんは、他の男のチンチンを入れている、と分かったら、どう思うだろうか。

妻の不届きを書く前に、ボクの知人の奥さんのことを聞いて下さい。
その奥さんが、ご主人に夜のオネダリをするのに、素気なく二階へ逃げてしまうけど、どうしたらいいかしら、と言うのです。
思いあまって、他の人としちゃうから、と言っても、勝手にすればいいじゃないか、と取り合わないと言うのです。
それで、ボクは、何かで聞き知っていた言葉を奥さんに話しました。それが効果があったのです。何かですって、
「あなた、やってきちゃったから」
ご主人は、奥さんを犯すようにやりながら、
「この頃どうもオカシイと感じていたんだ、絶対怒ったりしないから話してくれ」と、奥さんから嬉しい報告が聞けました。
奥さんは、敬虔なクリスチャンですが、勤務先の上司と肌を交えていたのです。
奥さんは、ホントにやってきちゃったのです。

さて、ボクの妻の不届きなことを話さなければなりせん。
数年前の二月十日、明日は、建国記念日という夜のこと。朝帰りしたのです。夫の直感、妻はセックスしてきたなと思いました。その時は、寝たふりをしました。建国記念日の夜、妻を抱きました。妻は、嫌がることもなく夫婦生活に応じました。
「夕べ、誰とやったんだ」と、極力優しく聞きました。
「やりたくないから、しないしない」
こういう時、しました、というバカはいません。
でも、この受け答えは、やりました、と言っているようなものです。もしホントにしなかったなら、何人かでいたからそんなこと出来ない、と言うはずだから。
妻たちは、二カ月後、新築して屋移りしたわが家へ来るようになりました。
妻が寝取られているはずはない。それが、そんなはずがあったのです。二カ月後には彼の子を身ごもったのです。

一番辛かったのは、ボクの勤務先の社長に呼ばれて、
「君の奥さんには、若い男がいるという評判だぞ」
つらいを通り越していました。
妻の若い教師がよくわが家へ遊びに来るので、今夜は、遅いから、帰りなと言った夜のことは、いつまで経っても忘れることはありません。
彼が突然、妻を引き寄せて、あっという間に結合してしまったのです。
彼は、妻のことを、もうオレの物だと言うのです。余りのショックでボクは、その場にへたり込んでしまいました。
二人ともガウンでした。ボクが顔わを出す前から性交していたのかもしれません。

ある朝、隣のご主人が、
「……ご主人、奥さんは、いいのかね、毎日のように男が出入りして、トイレから、あの声が筒抜けだよ」
つらいったらありませんでした。

彼の子を身ごもった時、流産してしまいました。それが元で、泡状奇胎という病気で1ヶ月ほど入院しました。彼がしょっちゅう見舞いにきていました。
明日退院という夕方、担当医が病室(二人部屋)に見えて、退院後の心得という書面を見ながら説明がありました。
それには、性交は平常通りおこなってよいに丸印が付いていました。
説明が終わって医師が退出したときを見計らったように、妻の若い彼が入室してきました。
その時、妻は、ニコニコして、彼に、退院後の心得を見せて、性交のくだりの個所に指を指していたのです。
ボクは、妻の洗濯物などを持って家に帰りました。八月の夏休みの終わり頃でした。
翌朝、妻を迎えに行きました。丁度、妻と同室のおばあちゃんと廊下の途中でいきあいました。
「あんた、ゆんべは、すごかったよ、あんた、いいのかね、奥さんと若いの、夜中ぢゅう、ベッチョばしてたばい」

4+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!