エッチ体験談が10000話を突破しました。

小○2年生の頃、隣の席のT君と、、、

すみかさんから投稿頂いた「小○2年生の頃、隣の席のT君と、、、」。

わたしが小○生だった頃のお話です。
当時仲良しな男の子(T君)がいました。
T君とは入学した時、出席番号が前後だったのでなにをするのにも近くにいることが多く、そのまま2年生も同じクラスでした。

学校からの帰り道も途中まで同じで、よく公園や図書館、T君のお家で遊んでいました。
当時T君は、カードゲーム?にはまっていて、その中でも女の子が書かれているカードを自慢げに見せ、カードの中の女の子のスカートをめくろうとしたり、カードを傾けてのぞいたり、どうにか見えないかと頑張っていました。

もちろんカードにプリントされた女の子なのでそんなことはできません笑
そんなT君をみて、幼いながらに、
「あ~T君はえっちなんだなぁ」
と思っていたことを覚えています。

わたしとT君は、席替えで1番後ろの隣の席になり、授業中まで一緒に過ごすことになります。
相変わらずT君はえっちな男の子でした。

ある日わたしがスカートを履いて学校へ行くと、その日はずっと下半身へ視線を感じていました。でもその時は、
「本当に女の子が好きなんだから~~」
とは思いつつもとくに、嫌な気持ちはしませんでした。
何時間目かの授業中、T君がスカートの話題をふってきました。
どうやら彼はスカートをめくりたいようです。

わたしは
「何言ってんの」
とはじめのうちは相手にしてなかったのですが、何度も
「お願いお願い」
と頼んでくるので次第に、
「仕方ないなぁ」
と思うようになってしまいました。

結局T君の押しに負け、授業中にT君だけが見えるようにスカートをぴらっとめくりました。
するとT君は落ち着きがなくとても喜んでいる様子でした。
1度めくると授業なんて関係なくずっとスカートを凝視するT君。
「また見たい?」
と聞くと、
「うん」
といい、手を伸ばしてきました。
今度はT君がわたしのスカートをめくり熱い視線を送ってきました。
授業中にこんなことしてはいけない、先生に見つかったらどうしようと思いたつつも、2人だけでコソコソしてるのが楽しくなっていました。

先生の目を盗みつつスカートめくりを繰り返すT君とわたし。
T君は見るだけでは物足りなくなったのか、
「触らせて」
とお願いしてきました。
まだその当時は触られると気持ち良くなることも分からなかったわたしですが、さすがに触られるのは抵抗があり、戸惑っていました。
しかしまたT君が何度もお願いしてくるので、仕方なくT君の手を握り、自分の太ももの間に挟んであげました。

授業中にまたいけないことをしていることがすこし楽しくなりました。
初めは太ももだったT君の手が、スカートをめくり、次はパンツを直に触ってきました。
なぜかわたしは抵抗せず、されるがままの状態で、ドキドキしていました。
その後何もなかったかのように、1日を終えた2人でしたが、それからスカートを履いてくる日には
「触りたい?」
とT君を誘惑し、自分の股でぎゅーっとT君の手を挟むのがクセになっていました。

それ以上に発展することもなく、ただパンツを触られるという行為だけでしたが、今思い返すと、授業中にすごいことをしてたなぁと濡れてしまいます。

12+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!