エッチ体験談が10000話を突破しました。

13歳歳上の熟女との5年間

魔羅幾三さんから投稿頂いた「13歳歳上の熟女との5年間」。

私が大学生の頃の話しですから今から30年位前です、アルバイトでスーパーに夕方4時から 農産物の部門に入りました、ただただ野菜と果物の袋詰めの単純作業、廻りは責任者の男性社員とオバさんばかりの味気無い部署、でも5時になるとレジのシフトで夕方からのパートさんが出勤して来るんです、

暇な時に毎日農産物に応援に来てくれる30代後半の小柄だけど制服の上からでもわかる位の大きなバストの栄子さん、明るくて可愛い系の人妻さん、私の横に来て手伝ってくれる、たまたまその日は責任者は会議、他のオバさん達は5時までなので二人っきりで袋詰めでした、ふいに栄子さんが私のズボンの上から触って来たんです、「えっ」って栄子さんの方を見たら、ニコニコしながら何も言わずに触るのを続けてました、勿論、勃起しますよ、「立派だね」って言いながらファスナーを開けて直に触ってきます、

それからと言うもの毎日応援に来て責任者の隙をみては私のを触ってくるようになりました、ある日、店長さんからお客さんの家に配達の以来がありました、そのお客さんの家が栄子さんの帰り道の途中らしく、栄子さんは店長に「私が道案内しましょうか」って、その頃は、カーナビも無いし地図だけでしたし、なによりわかりづらい場所でしたから店長さんもOKを出しました、外は暗く、栄子さんの案内で直ぐに配達は終わりました、帰りは栄子さんにお礼を言いました、栄子さんは、私の顔を見ながらニコニコして、また私のズボンの上から触って来ました、「わ~大きくなってきたね~」と言いながらファスナーを開けて引っ張り出しました、

今までは直に触っても引っ張り出した事は無かったのでビックリしました、引っ張り出した物を栄子さんは優しく上下に擦り始め、ますます硬くなってきましたし我慢汁まで出てきてしまい、私の理性も限界、「栄子さん責任とってよ、出したくなったよ」と言いながら車を人気の無い場所に止めると何も言わず私のズボンとパンツを引き下げ咥えて音をたてながら上下に動いて舌を絡ませ手でキンタマを揉みながら、「気持ちいい」言葉が出てしまいました、栄子さんは、「ひもひいい?」どいいながら上下運動を早めます、

私は我慢の限界を迎え「栄子さん出る出る」と悲鳴に似た様な声で訴えました、栄子さんは更にスピードを上げ亀頭を唇で強く咥えてシゴク様に、「うっ」と声を出し、そのまま栄子さんの口の中に大量に射精、栄子さんはユックリと動かしながら私の精液を飲み干し、「スッキリした?」って私は堪らず栄子さんにキスしてしまいました、「栄子さんのマンコに入れたい」って言うと、「あんまり遅いと怪しまれるから次ね機会にね」と、少しモヤモヤしながら店に帰り、栄子さんのシフトをコッソリ確認し休みが重なる日をチェックしました、

なんと同じ日に休みが全部重なってました、栄子さんに次の休みに会う約束をして、ボロアパートに帰りました、なにせ5年間付き合ったので、休みの日の話は後日投稿します、フェラが兎に角上手な女性でした、

10+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!